【生成AI×不動産】生成AI時代の不動産業界のリスク・注意点

生成ai 不動産業界 リスク 注意点

他の業界と同様に不動産業界でもAI技術を積極的に活用する動きがあります。一方で、法律や規制などに注意してAI技術を活用しなければ大きなリスクがあることも事実です。

そのため、不動産業界のそれぞれの業務においてAIを利用する際のリスクや注意点を知る必要があります。

本記事では、不動産業界の中でも以下の4つの業者が業務をAIで行う際のリスクや注意点を解説します。

・不動産デベロッパー

・不動産販売業者

・不動産賃貸業者

・不動産管理業者

業務の内容によってはAIで行わない方が良いと考えられることも有るため、一つずつ確認してください。

目次

不動産業界における業務を人が行うリスク・AIが行うリスク

不動産業界の業務は、人とAIのどちらが行うとしても、それぞれ異なるリスクが存在します。とくに、情報漏洩や人為的ミスの内容によっては、取り返しがつかない事態にもなりかねません。

したがって、それぞれのリスクを事前に把握し、取捨選択して適切な判断を下すことが大切です。以下で、不動産業界の業務別に人がやるリスクとAIでやるリスクの双方をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
不動産会社の種類仕事内容人でやるリスクAIでやるリスク
不動産ディベロッパー用地取得ミスが生まれる可能性がある情報漏洩のリスクがある
企画・開発ミスが生まれる可能性がある情報漏洩のリスクがある
販売顧客満足度が低い可能性がある雇用が減少する可能性がある
管理人件費が嵩むセキュリティリスクがある
不動産販売業者不動産営業顧客満足度が低くなる可能性がある雇用が減少する可能性がある
不動産査定ミスが生まれる可能性がある情報漏洩のリスクがある
不動産売買労働力が不足する雇用が減少する可能性がある
不動産賃貸業者賃貸物件の掲載ミスが生まれる可能性がある雇用が減少する可能性がある
問い合わせ対応人件費が嵩む雇用が減少する可能性がある
カウンターセールス労働力が不足する雇用が減少する可能性がある
内覧労働力が不足する
入居審査ミスが生まれる可能性がある情報漏洩のリスクがある
契約書の作成ミスが生まれる可能性がある情報漏洩のリスクがある
賃貸借契約締結労働力が不足する
鍵の受け渡し労働力が不足する
不動産管理業者客付け労働力が不足する雇用が減少する可能性がある
入居者対応人件費が嵩む雇用が減少する可能性がある
建物管理安全性の問題がある雇用が減少する可能性がある

不動産業界における業務を人が行うリスク

不動産業界の業務を人が行うリスクとして考えられるのが、労働力の不足やミスの可能性です。とくに、営業や問い合わせ対応など、顧客と密接に関わる業務をすべて人が対応していては、いずれ人手が足りなくなります。

すべての問い合わせをAIに丸投げすることは難しいものの、物件の提案や簡単な問い合わせ程度であれば、AIが代わりに行っても問題ありません。また、情報の管理や資料作成などを人が行うと、どうしても人為的ミスが発生します。

不動産業界における業務をAIが行うリスク

不動産業界の業務をAIが行うリスクとして多く予想されるのが、情報漏洩のリスクや雇用の減少です。まず、AIを活用する際は、情報漏洩のリスクに気をつけなければなりません。ツールによっては、入力した情報をAIの学習に活用することがあるため、誤って個人や企業の情報を入力すると情報が漏洩してしまうことがあります。

また、これまで人が行ってきた仕事をAIが代わりに行うことで、雇用が減少することもあるでしょう。企業としては人件費を削減できるメリットがありますが、実際に職を失う人にとっては、生活に関わる重大なリスクです。

AI利用・自動化による不動産業界の事件

AI利用・自動化による不動産業界の事件を5つ紹介します。AIを利用することのリスクを具体例を参考に理解していきましょう。

Zillow社:AI精度の崩壊

不動産販売仲介会社であるZillow社は、不動産を安く購入し、リノベーションして高く売る「ホームフリッピング」の事業を立ち上げ、アメリカの不動産業界の中で大きな影響力を持っていました。

Zillow社のホームフリッピング事業を支えていたのが、AIシステムである「Zesrimate」です。「Zesrimate」は、アメリカに存在する多くの住宅査定額をデータとして学習し、不動産変動額を予測するのに役立ちます。

しかし、2020年に起きたパンデミックの影響で不動産価格が急騰し、「Zesrimate」の精度が狂います。このまま「Zesrimate」を使用してホームフリッピング事業を拡大し続けると、いずれ自社に大きな損害が出ると予想し、Zillow社はホームフリッピング事業から手を引くこととなりました。

今回紹介したZillow社の事件のように、AIはパンデミックなどによる社会情勢の急激な変化に対応することが難しいということを理解し、AIを過信しすぎないことが大切です。

参考記事:https://www.businessinsider.jp/post-248629

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

AIを不動産業界に利用するリスク・注意点を理解して正しく使いこなそう

本記事では、

・不動産デベロッパー

・不動産販売業者

・不動産賃貸業者

・不動産管理業者

以上4つの業者がAIを導入するリスクや注意点についてまとめました。

顧客満足度向上のためにAIで情報の分析を行うと情報の漏洩などのリスクが生じてしまうように、「顧客の満足度を上げること」と「顧客が安心してサービスや商品を購入できること」をAI力だけで実現することは困難です。

しかし、これらのリスクを実際の事例を参考にすることで、これから不動産業界でAIを利用する際に同じ過ちを犯さないよう心掛けられるでしょう。

AI×不動産のリスク・注意点について考えている方は参考にしてください。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次