【生成AI×不動産】生成AI時代の不動産業界でできること、できないこと、課題を解説

不動産業界 ai できること できないこと

近年、ビジネスや日常のあらゆるところに導入されているAIですが、不動産業界においてもAIを導入する動きが活発化してきています。

不動産業界で働いている人のなかには、AIをどのような業務で活かせるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、不動産会社が行うそれぞれの仕事に、AIを活かすとどのよう変化が起きるのかをまとめました。

ぜひ最後までご覧ください!

目次

AI×不動産の活用領域

以下に、AIで不動産業がどう変わるか?をまとめました。

不動産会社の種類仕事内容AIでどう変わる?人がやらないといけないこと
不動産ディベロッパー用地取得オフィスエリアに関する情報の自動化物件を取得するための交渉は人が行う必要がある
企画・開発土地情報の転記の自動化×
販売顧客情報の管理の自動化×
管理×
不動産販売業者不動産営業物件の提案や交渉は人が行う必要がある
不動産査定AIを使って、物件情報を入力するだけで査定額が自動自動査定できる。
不動産売買物件の情報を入力するだけで、最適な売買価格や適切な賃料、利回りなどをAIが査定
不動産賃貸業者賃貸物件の掲載ChatGPTを使って物件情報の文章を自動生成×
問い合わせ対応アンケート入力のみで、希望の物件をAIが提示してくれる×
カウンターセールス×対面のコミュニケーションは人間でしかできない
内覧×内覧には人間が足を運ぶ必要があるため、AIで代替することができない
入居審査入居希望者が家賃滞納をする確率を計算するAI×
契約書の作成AIを使って契約書のレビューを自動化できる最終的には、人間が自身の目で確認をする必要がある
賃貸借契約締結×宅建所持者による対面説明が必要
鍵の受け渡し×鍵の受け渡しは対面で行う必要がある。
不動産管理業者客付けアンケート入力のみで、希望の物件をAIが提示してくれる×
入居者対応入居者対応専用AIチャットボットで、24時間対応できる入居者のトラブルが発生した際の電話対応・修理業者の手配などは人が行う必要がある
建物管理点検・検針・清掃報告などをアプリに入力する事で、AIが自動で報告書作成をしてくれる。×

以上になります。

次に、表の内容を元に具体的にAIを導入することで何が変わるのかを解説していきます。

不動産ディベロッパーについて

不動産ディベロッパーとは、不動産開発の企画を行っている会社のことです。具体的には、土地や建物の調査・土地の購入・行政の認可取得など、さまざまな業務を行っています。ここでは、不動産ディベロッパーでAIが活用できる業務と、AIの活用ができない業務をそれぞれ解説します。

AIの活用ができる業務

不動産ディベロッパーには、用地取得・企画・開発・販売・管理などの業務がありますが、そのすべてでAIを活用できます。

まず用地取得は、周辺人口や世帯数などのエリアに関する情報取得を人力で行っているので、時間をかけすぎていることが課題です。しかし、用地取得に必要な情報を直感操作でレポート化できるシステムが開発されているので、これを活用すればリサーチや社内会議用のレポート作成を効率化できること間違いありません。

企画・開発・販売・管理の分野においても、土地情報の転記や顧客情報の管理を自動化できるので、ぜひAIを活用してみてください。

参考記事:用地取得に関わるエリアの情報収集・レポートを自動化 不動産ビッグデータ分析を支援する『DATAFLUCT real-estate.』提供開始

AIの活用ができない業務

用地取得を行うためには、土地の持ち主である地権者や仲介業者と交渉する必要がありますが、これは人でなければできません。とくに、売値の交渉においては、粘り強い交渉が必要になることもあるでしょう。また、開発計画の内容を伝え、開発の許可をもらう必要もあります。

参考記事:【不動産ディベロッパーの業界研究】仕事内容と主要企業の売上高ランキング

不動産販売業者について

不動産販売業者とは、個人や法人に対して不動産の販売を行う会社のことです。区分けした土地を販売することで利益を得ています。ここでは、不動産販売業者でAIが活用できる業務と、AIの活用ができない業務をそれぞれ解説します。

AIの活用ができる業務

不動産販売業者には、不動産営業・不動産査定・不動産売買などの業務がありますが、そのすべてでAIを活用することが可能です。

まず、不動産営業では、営業先となる顧客情報の管理をAIで効率化できます。蓄積した顧客情報を分析して資料作成に役立てたり、販促資料を送付したりできるので、従業員の負担を軽減できること間違いありません。

また、不動産査定では、物件情報を入力するだけで自動査定することも可能です。同じように、不動産売買でも、物件情報を入力するだけでAIが適切な賃料や利回りを査定してくれます。

AIの活用ができない業務

不動産営業・不動産査定・不動産売買のいずれにおいても、最終的な顧客対応は人が行う必要があります。

ときには、顧客の感情が物件の成約に大きな影響を与えるので、人の気持ちに寄り添った丁寧な対応が必要です。

不動産賃貸業者について

不動産賃貸業者とは、個人や法人に対して不動産の貸し借りを行っている会社のことです。顧客と関わる機会が多い業種であるため、AIを活用できない業務も多々存在します。ここでは、不動産賃貸業者でAIが活用できる業務と、AIの活用ができない業務をそれぞれ解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

AIの活用ができる業務

不動産賃貸業者は、以下の業務でAIを活用できます。

  • 賃貸物件の掲載
  • 問い合わせ対応
  • 入居審査
  • 契約書の作成

まず、賃貸物件をWebサイトや紙媒体に掲載する際は、画像と一緒に物件の特徴を文章で訴求する必要があります。この文章を考える際に使えるのが、ChatGPTです。ChatGPTに対し、文章に含めたい魅力的なワードと文字数を指定すれば、即興で訴求文を考えてくれます。

しかし、どのようなプロンプト(指示文章)を入力したらよいのかわからない人も多いと思うので、実際にChatGPTを使用して物件の紹介文を考えてもらいました。

プロンプトには、「3LDK・南向き・システムキッチン・ウォークインクローゼット・最寄り駅から徒歩5分圏内という言葉を使って、物件の訴求文を200度文字で考えて」と入力しています。

すると以下の画像のような答えが返ってきました。

一部、文章に違和感はあるものの、おおよその文章は完成しています。あとは、細かい言い回しを変えれば、十分掲載できるレベルに修正できるでしょう。

また、問い合わせ対応では、アンケート入力の回答結果次第でAIが物件を提案してくれる「AIウィルくんの住まい提案サービス」が便利です。

ほかにも、入居希望者が家賃滞納をする確率を計算するAIや、契約書のレビューを参照してリスクを洗い出してくれるAIシステムも存在します。

AIの活用ができない業務

AIが活用できないのは、以下4つの業務です。

  • カウンターセールス
  • 内覧
  • 賃貸借契約締結
  • 鍵の受け渡し

カウンターセールスは、顧客に対し対面で物件の提案を行う業務です。対面で行うサービスである以上、当然人でなければできません。また、内覧についても同様で、顧客が実際の物件を見て回る際は、従業員が1人以上付き添う必要があります。ただし、内覧においては、Webサイト上で物件を動画形式で紹介することで、内覧に近いサービスを提供することは可能です。

一方、賃貸借契約締結は、宅建保持者による対面での説明が法律で義務付けられているので、こればかりは避けられません。鍵の受け渡しもセキュリティの観点から、人が行う必要があります。

不動産管理業者について

不動産管理業者は、不動産所有者に代わって、物件の管理や賃料の回収を行う会社のことです。不動産所有者から管理委託費を受け取ったり、賃借人から仲介手数料を受け取ったりして利益を得ています。ここでは、不動産管理業者でAIが活用できる業務と、AIの活用ができない業務をそれぞれ見ていきましょう。

AIの活用ができる業務

不動産管理業者は、客付け・入居者対応・建物管理の3つの業務がありますが、そのすべてでAIを活用できます。

まず、客付けにおいては、「AIウィルくんの住まい提案サービス」が活用可能です。このシステムは、簡単なアンケートに回答してもらうだけで、おすすめの物件を提案してくれます。

また、入居者対応では、AIチャットボットを活用するとよいでしょう。すでに多くの企業が導入しているサービスで、「お湯がでない」「部屋の鍵が開かない」などの問題に対する解決策を瞬時に提案してくれます。

建物管理では、設備点検や清掃の際に面倒な報告書の作成を自動化させることが可能です。「管理ロイド」というクラウドシステムを導入すれば、写真撮影するだけで画像認識AIが自動で報告書の作成を代行してくれます。

AIの活用ができない業務

入居中の顧客が直面する突発的なトラブルを迅速に解決するためには、やはり人の力が必要です。水が出なければ水道の修理業者を手配し、電気が点かなければ電気工事業者を手配する必要があります。トラブル時の対応を誤れば、顧客を失うことにもなりかねないので注意しましょう。

今後の問題点・課題

不動産業界では、報告書の作成・顧客情報の管理・物件の査定など、自社内で完結する業務においてはAIを活用できます。一方、物件の成約を左右する営業や突発的なトラブルに対しては、まだまだ人が対応しなければなりません。よって、人の気持ちや言葉の微妙なニュアンスを理解することが、今後解決していくべきAIの課題といえるでしょう。

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

不動産業界の業務にもなるべくAIを活用しよう

不動産業界の業務は多岐に渡り、AIを活用できる業務とできない業務がそれぞれ存在します。

そこで、AIが活用できる業務とできない業務をまとめました。

不動産会社の種類仕事内容AIでどう変わる?人がやらないといけないこと
不動産ディベロッパー用地取得オフィスエリアに関する情報の自動化物件を取得するための交渉は人が行う必要がある
企画・開発土地情報の転記の自動化×
販売顧客情報の管理の自動化×
管理×
不動産販売業者不動産営業物件の提案や交渉は人が行う必要がある
不動産査定AIを使って、物件情報を入力するだけで査定額が自動自動査定できる。
不動産売買物件の情報を入力するだけで、最適な売買価格や適切な賃料、利回りなどをAIが査定
不動産賃貸業者賃貸物件の掲載ChatGPTを使って物件情報の文章を自動生成×
問い合わせ対応アンケート入力のみで、希望の物件をAIが提示してくれる×
カウンターセールス×対面のコミュニケーションは人間でしかできない
内覧×内覧には人間が足を運ぶ必要があるため、AIで代替することができない
入居審査入居希望者が家賃滞納をする確率を計算するAI×
契約書の作成AIを使って契約書のレビューを自動化できる最終的には、人間が自身の目で確認をする必要がある
賃貸借契約締結×宅建所持者による対面説明が必要
鍵の受け渡し×鍵の受け渡しは対面で行う必要がある。
不動産管理業者客付けアンケート入力のみで、希望の物件をAIが提示してくれる×
入居者対応入居者対応専用AIチャットボットで、24時間対応できる入居者のトラブルが発生した際の電話対応・修理業者の手配などは人が行う必要がある
建物管理点検・検針・清掃報告などをアプリに入力する事で、AIが自動で報告書作成をしてくれる。×

基本的に、報告書の作成や顧客情報の管理など、自社内で完結する業務はAIを活用して業務を自動化させられます。アンケートに答えてもらうだけでおすすめの物件を提案するシステムや、必要事項を入力するだけで報告書を自動作成してくれるシステムが大変便利です。

一方、用地取得・物件売買・賃貸などで行う対面営業では、すべての業務をAIで自動化することはできません。言葉のニュアンスの違いや寄り添う心など、AIではまだカバーしきれない要素が物件の成約率に大きな影響を与えるからです。

以上のように、AIには得意な業務と不得意な業務が存在するので、それぞれの特性を見極めながら、最適な業務にAIを活用して不動産業務を効率化させましょう。

最後に

AIは万能ではなく、業務に活用できる領域とできない領域があります。

生成系AI特化の事業になるまでは、法人向けシステムの連携・自動化・機能比較や、エンジニア目線によるシステム検討・導入支援を行ってきました。

AIを業務に活用したい方は、ぜひご相談ください。

また、次の記事では、不動産業界におけるAI活用事例を解説しています。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次