【生成AI×マーケティング】CVR爆上がり、マーケター特化の活用術

生成AI マーケティング 活用術

トレンドに敏感なマーケターのみなさんなら、もちろん今流行りの「生成AI」は仕事に取り入れていますよね?

アジアと欧米のCMO(最高マーケティング責任者)を対象とした調査によると、「すでに70%の企業が生成AIを活用している」とのこと。

もしも現時点でAIを使っていないなら、ライバルに大きく後れをとってしまうことに…!!

しかも生成AI活用中のCMOの9割以上が、「生成AIは業務の体系化・効率化に有益である」と回答済み。生成AIを導入しない手はありますか?(ないですよね!!)

そこで当記事では、マーケティングにおける生成AIの活用事例を10個紹介。さらに活用にあたっての注意点と対策もお伝えしていきます。

当記事を読破したマーケターは、業務効率化にとどまらない「AI時代の仕事術」が体得できます。

ぜひ最後まで、お読みください。

目次

生成AIがマーケティングでできること

はじめにマーケティングの業務で「生成AIにできること」を3つピックアップ。「業務の自動化&効率化」だけでない、生成AIの強みをお伝えします。

まずは多くの方が思い浮かべる「コンテンツや広告の生成」から掘り下げていきましょう。

コンテンツや広告の生成&分析

生成AIを使えばWebマーケティングに欠かせない、コンテンツやバナー広告が一瞬で自動生成できます。クオリティを問わないのであれば、ライターやデザイナーなしでWeb上での広報業務が進められるでしょう。

そのうえ生成AIは追加学習次第で、SEO(検索エンジン最適化)やクリック率まで踏まえた、コンテンツやバナー広告が出力可能。学習データさえ用意できれば、「人間には言語化できない法則性」まで捉えてくれます。

ECサイトやSNSの運用自動化

従来、ECサイトやSNSは定期的に人力で内容を更新する必要がありました。一方これからは、生成AIにその運用が任せられます。

まず生成AIは最新情報をキャッチアップして文章化、SNSに投稿する作業まで全工程を代行。人力でSNSを運用した場合よりもこまめに、顧客の求める情報が発信できます。

さらにECサイトの運用についても生成AIなら、自動で在庫切れを予測して追加発注のプランを考案するところまでが代行可能。マーケティング担当者に代わって、24時間体制で顧客のニーズを満たしてくれるでしょう。

問い合わせ対応や情報発信など、コミュニケーションの自動化

生成AIを使えば、より効果的に顧客を囲い込めます。

問い合わせに答えたり、メルマガを送ったりといった「顧客とのコミュニケーション」もマーケティング部門の重要な業務。とはいえ質疑応答にせよメルマガの執筆にせよ、その業務内容はあまり変化しません。

そこで生成AIの出番です。生成AIを搭載したチャットボットなら、傾向の変わらない問い合わせに対して自動で回答が可能。さらに生成AIは、顧客に応じて内容・文体を一部変更したメルマガを瞬時に生成できるのです。

生成AIのマーケティングでの活用事例

ここからは先ほど大まかに紹介した「生成AIの活用法」についてより詳しく解説。その具体例を10個、紹介していきます。

まずはコンテンツの自動生成から、「業務効率化にとどまらないメリット」をみていきましょう!

Webコンテンツの自動生成

まずマーケティングでの生成AI活用事例として、文章・画像など「コンテンツの自動生成」は外せません。生成AIはただ自動でコンテンツを出力してくれるだけでなく、「SEOを意識した見出し」や「文章の内容に沿った画像」が出力できるのです。

たとえば株式会社PLAN-BがリリースするSEOツール「SEARCH WRITE」は、GPT-3.5を使った「見出し生成」の機能を搭載。対策キーワードで上位表示されるページを参考に、SEO効果のある見出しを自動生成してくれます。

参考記事:Search Write

リサーチ業務の効率化

Webマーケティングの分野で生成AIを導入すれば、リサーチ業務にかかる労力が減らせます。E-A-T(専門性-権威性-信頼性)が求められる案件でも、迅速なリサーチが実現するでしょう。

たとえばマーケティング支援を行う「株式会社ネオマーケティング」では、雑多なリサーチ業務を生成AIで効率化。ChatGPTを活用して「マインドマップ形式での情報整理」や「薬機法に則ったコンテンツの確認」などを行っています。

参考記事:「ChatGPT」マーケティングリサーチ業務への活用を開始

SNSの運用自動化

顧客とのつながりを維持するためには、SNSでの情報発信が欠かせません。このSNSについても生成AIを導入すれば、運用の自動化が実現します。

実例を挙げるとマーケティング支援に携わる「株式会社100」は、ChatGPTを搭載したチャットボットを自社のX(Twitter)アカウントに導入。「自社が扱うサービスの障害情報」や「海外マーケティング界隈の動向」などを、自動で発信しています。

参考記事:OpenAI社の「Chat GPT」を活用したTwitterアカウント運用の実験開始 | HubSpot認定パートナー 株式会社100(ハンドレッド)

顧客参加型キャンペーンの実施

生成AIをうまく活用すれば、これまでにない形式のキャンペーンも実施できます。その最たる例が、コカ・コーラの「Create Real Magic」キャンペーンです。

コカ・コーラは大規模言語モデル「GPT-4」と画像生成モデル「DALL-E」を使って、顧客を巻き込んだキャンペーンを実施しました。おなじみのボトルやロゴを取り入れて作品が生成できるAIプラットフォームを公開。その中から最優秀を決めるアートコンペを開催して、自社製品の認知度を一段と高めました。

参考記事:生成AIは企業でどのように活用されているのか

ECサイトの運用自動化

ECサイトの運用も生成AIにお任せを。株式会社SENSYのパーソナルAI「SENSY」にはレコメンド機能や接客機能のほか、在庫切れを予測して「追加発注のプラン」を自動生成する機能が備わっています。

事例を挙げるとアパレル企業の「株式会社TSIホールディングス」にて、このSENSYが活躍中。顧客一人一人に合わせたきめ細かな対応を実現しています。

参考記事:SENSY

チャットボットによる顧客対応の自動化

生成AIを搭載したチャットボットは、マーケティング部門の心強い味方です。

チャットボットなら顧客からの問い合わせに対して、24時間自動で回答可能。過去に対応したものと変わらない問い合わせに対して、人間が何度も答える必要はありません。

例を挙げると日本最大級のサンプリングサービス「サンプル百貨店」は、顧客対応に生成AIを搭載した「サポートチャットボット」を導入済み。メールでの問い合わせ件数を半減させて、その返信にかかる時間をなんと「従来の1/6」にまで短縮させています。

参考記事:導入わずか2ヶ月でサンプリングサイトの問い合わせ数が半減!有人チャットで顧客の声をダイレクトに把握し、サービス品質も向上。(株式会社オールアバウトライフマーケティング)

広告バナーの自動生成

生成AIを活用すれば、効果的な「広告バナー」が自動生成できます。大手広告代理店の電通は、この分野のパイオニアです。

電通はバナー自動生成システム「ADVANCED CREATIVE MAKER」を開発。バナーの表現とクリック実績を学習させたAIを使って、広告の改善案を自動生成させています。

このADVANCED CREATIVE MAKERはなんと、言葉を介した提案まで可能。たとえば美容サプリのバナーの場合、「女性の画像を入れる」や「暖色を使う」などの案を出してくれるのです。

参考記事:Dentsu AIプロジェクト AI MIRAI

広告運用の振り返り

生成AIなら広告の作成のみならず、運用の振り返りまで可能。広告の効果が伸び悩む原因を洗い出して、具体的な言葉で説明してくれます。

たとえばデジタルマーケティングに携わる株式会社オプトは、広告運用の振り返りを自動化するAIツール「Literalporter」を自社開発。運用施策と実績の因果関係を瞬時に特定することに成功しています。

参考記事:AIを活用した「広告レビューの考察自動生成ツール」を独自開発 | オプト

データベースの自動生成

「サードパーティーCookieの廃止」や「AIの普及」に伴って、マーケティング部門でもデータベースの運用が必須となってきます。

とはいえイチからデータベース言語を学ぶのは非効率。それよりもノーコードでデータベースが構築できる、生成AIを使うべきでしょう。

たとえば株式会社ワンエイティの生成AIツール「DEGITALEYES」なら、顧客情報・アンケート結果・メールをまとめたデータベースが生成可能。さらにタグを駆使して、視覚的にデータの管理まで行えます。

参考記事:DIGITALEYES – デジタライズ

顧客向けメッセージの自動生成

一度掴んだ顧客を囲い込んでいくうえで、LINEやメールを介したコミュニケーションは欠かせません。その際に添える顧客向けのメッセージについても、生成AIなら自動生成が可能です。

商品化されているものだと、マーケティングオートメーションシステム「Boken」がLINEやメルマガを自動生成する機能をもっています。Bokenならテーマに合わせて、顧客向けのメッセージを生成することが可能。さらに顧客の購買行動に応じてメッセージを送付するところまで、自動で遂行してくれるのです。

参考記事:Boken

以下の記事も必読!マーケティングにとどまらない、生成AIの活用事例をご覧ください。

生成AIをマーケティングで使う際の注意点とその対策

ここからはマーケティングで生成AIを活用するにあたって、付きまとう「注意点とその対策」を紹介。まずは気軽さゆえに忘れてしまいがちな、「対話型生成AIのセキュリティ」についてそのリスクをご覧ください。

情報漏えいのリスクがある

ChatGPTやGoogle Bardなど対話型の生成AIは、過去に入力された情報を学習します。したがってそれらに社外秘の情報や個人情報を入力してしまった場合、生成物から情報がリークしてしまうかもしれません。

とくに各生成AIを「社外向けのシステム」に組み込む際には、入力できる情報を制限する必要があります。生成AIは「プロンプトインジェクション」といって、悪意のある入力だけでたやすく秘匿情報が抜き出せてしまうのです。

参考記事:ChatGPTの安易なビジネス利用は禁物、「プロンプトインジェクション攻撃」の脅威 | 日経クロステック(xTECH)

学習を無効化orAPIを活用

多くの生成AIは、入力内容を学習しないモードを完備。ChatGPTなら設定のData controlsから「training」を無効にするだけで、情報漏えいの阻止が可能です。またChatGPT限定ですが、学習を永続的に停止させる「オプトアウト」の申請にも対応しています。

さらにChatGPTの本体・GPT-4の仕様として、API経由で動作した場合に学習を行わないということが定められています。このAPIを使ってChatGPTに近い環境を用意している「シゴラクAI」なら、社外秘の情報でも安心して入力できるでしょう。

参考記事:シゴラクAI

文章や画像に嘘が混じってしまう

生成AIが出力する文章や画像はあくまで、確率に基づいて生成された「一見、自然に見えるコンテンツ」に過ぎません。

そのため嘘の情報を出力してしまう「ハルシネーション」がしばしば発生。E-A-Tが求められるWebコンテンツの作成に生成AIを利用する際には、致命的な欠点となりえます。

とくに文章生成の例だと、生成AIのついた嘘が訴訟問題に発展することも。過去にはChatGPTが実在の人物の名誉を傷つける嘘情報を公開してしまったために、「OpenAIが訴訟を受けた実例」があるのです。

参考記事:OpenAI Hit With First Defamation Suit Over ChatGPT Hallucination

チェックの工程

生成AIにコンテンツを出力させる場合、人間による真偽の確認作業が欠かせません。とくにE-A-Tを要する記事の生成にあたっては、出典をすべて明らかにすることが肝要です。

また広告バナー用の画像を生成させる際にも、目視による確認が必須。人物の画像であれば「指の形状」や「鼻の位置」など、作画ミスが頻発する箇所をチェックしましょう。

参考記事:生成AIがあなたの代わりになることはありません!AIをマーケティング強化に活用する2つの方法 | …

生成物が著作権を侵害するかもしれない

生成AIが出力したコンテンツ、とくに画像は他者の著作権を侵害するかもしれません。AIの生成物は人間の制作物同様、著作権法の制約を受けているのです。ちなみに著作権侵害は、以下の判断基準2つを満たす場合に認められます。

  1. 類似性:他者の著作物の表現と「本質的な共通点」がある場合
  2. 依拠性:他者の著作物を「そのまま流用している」場合

また著作権法に関係なく、既視感がある生成物はすべて「SNSでの炎上」のリスク因子。とくにイラストやマンガなど「クリエイターの個性が出るコンテンツ」は、しばしば批判にさらされます。

参考記事:A I と 著 作 権

ガイドラインを策定する

生成AIが出力したコンテンツを使うにあたって、ガイドラインの策定は必須。「著作権侵害」や「SNSでの炎上」などのリスクは、前もって回避しておきましょう。

とくに画像を生成する場合は、マンガ風のタッチを避けることを推奨。「クリエイター vs. 生成AI」の対立に決着が付くまでは、慎重な態度を維持すべきでしょう。

参考記事:ASCII.jp:AIの著作権問題が複雑化 (1/4)

生成AIをマーケティングに活用するためのコツ

最後に「生成AIをマーケティングに活用するためのコツ」を伝授。「ボストン コンサルティング グループ」のプレスリリースを参考に具体例を交えながら、3つのポイントを紹介していきます。

まずは生成AI活用に欠かせない「下準備」から、詳しくみていきましょう。

生成AIの導入実験を行う

生成AIは仕事の効率化に役立つ反面、先ほど述べたリスクの因子となりえます。

したがって自社のマーケティング部門に生成AIを持ち込む前に、導入実験の期間が必要。生成AIを実際に使ってみて、その有用性やリスクを吟味すべきです。

またCMOを筆頭に経営陣を巻き込んだ導入実験が行えれば、なお理想的。社を挙げて、生成AIの革新的な活用法を探っていきましょう。

参考記事:世界のマーケティング責任者の70%が生成AIをすでに自社のマーケティングに導入~BCG調査

生成AIを活用して他社にない強みを創る

生成AIの活用を「業務効率化」だけで終わらせてはいけません。企業の1割しか達成できていない「他社にない強みの創出」を最終目標とすべきです。

とくにマーケティング部門は、マーケティングパフォーマンスや消費者の動向、市場調査の結果など社内でも「有用な独自データ」を握る立場。そのマーケティング部門が主体となって生成AIを育てていくことが、「他社との差別化」の第一歩となるはずです。

生成AI利用のガイドラインを策定する

生成AIが出力したコンテンツを利用するにあたって、著作権や倫理に配慮したガイドラインは必須。生成AIは先ほど述べた「既視感のある画像」や「誰かの名誉を傷つける文章」を、平然と出力してしまいます。

また学習データの扱いに対しても、ガイドラインを厳しく定めるべきでしょう。学習データそのものに問題がなくとも、そこに含まれるジェンダーや国籍などの情報が生成AIの振る舞いに影響するかもしれないのです。

ちなみに2023年6月時点の調査結果によると、生成AIを活用しているマーケティング部門のうち、その94%はすでに「生成AI利用のガイドラインを策定済み」とのことでした。

参考記事:AI倫理技術 : 富士通

なお「生成AIを企業で利用する際のリスク」については、以下の記事がより詳しく解説しております。

マーケティングに生成AIを導入して「顧客包囲網」を完成させよう

当記事では「マーケティングでの生成AIの活用事例」と銘打って、以下の10例を紹介しました。

  • Webコンテンツの自動生成
  • リサーチ業務の効率化
  • SNSの運用自動化
  • 顧客参加型キャンペーンの実施
  • ECサイトの運用自動化
  • チャットボットによる顧客対応の自動化
  • 広告バナーの自動生成
  • 広告運用の振り返り
  • データベースの自動生成
  • 顧客向けメッセージの自動生成

マーケティングに生成AIを掛け合わせると、単なる「業務自動化」以上の効果が期待できます。

まずコンテンツや広告の作成に生成AIを活用すれば、E-A-Tの確認作業やSEO対策が自動化可能。「人間には見つけられない法則」を抽出して、生成物に反映してくれます。

さらにサイト運用や情報発信、問い合わせ対応でも生成AIは活躍。ルーティン業務を省きつつも、きめ細かな「顧客包囲網」が実現します。

ただ、以上の例を真似するだけで終わってはいけません。生成AI活用の最終目標は、「他社にない強みを創ること」にあるのです。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次