【生成AI×営業】トップ営業マンになれる!?成績爆上がりする活用事例

生成AI 営業 活用事例

生成AIはデザインやシステム開発の分野だけでなく営業にも活用できるってご存知ですか?

膨大なデータの中から分析し最適な回答をフィードバックしてくれる従来のAIとは違い、生成AIは学んだデータを元に人間のように自分で考え新たな答えを返してくれます。

生成AIをうまく使えば営業活動がより円滑でスムーズに進み、より少ない労力で成果を出せるようになるでしょう。

代表的な生成AIといえばやはり「ChatGPT」ですが、この記事ではChatGPTに限らず生成AIを様々な業種の営業で活用している事例の紹介と、生成AIを営業で使う際の注意点とその対策を解説します。

この記事を読み終えるころには、あなたの営業パートナーとして生成AIを使いたくなっているはずですのでぜひ最後までご覧ください。

目次

生成AIが営業でできること

まず、生成AIを使って営業ができることを3つほどピックアップしました。

生成AIは自然な文脈でコンテンツを生成してくれるので、資料作成や顧客対応など幅広い営業シーンで活用することができます。

単なるツールではなく、あなたの営業パートナーとして生成AIを使ってみたくなるはずです!

各種資料の生成

生成AIは従来のAIと違い、自然な文脈でコンテンツを生成することができます。

そのため、生成AIは各種資料の作成にピッタリです。例えば、ChatGPTで提案資料の見出しや文章を作成し、その資料に合った画像を画像生成AIで作るといった使い方ができます。

言語化に時間がかかっていた資料作成のスピードが格段に上がることにより、営業チームはより生産的な業務に時間を多く使うことができるようになります。

カスタマーサポート

担当顧客のサポートも営業の大事な仕事ですよね。
でも、多くの顧客を抱えていると「同じような質問に同じような回答をする」という単純作業にも似た業務にうんざりすることはありませんか?

生成AIに顧客対応のファーストタッチを任せてしまえば、営業マンはより密度の濃いカスタマーサポートに時間を割くことができます。

最近ではChatGPTのようなテキストベースのものだけでなく、電話応対ができる生成AIも登場しています。

顧客分析

顧客のデータは溜まっていても分析まで手が回っていないことが多いのではないでしょうか?

必要だとは分かっていても手間と時間がかかる分析業務は生成AIに任せてみましょう!生成AIを使って顧客分析を行えば今まで考えていなかった新しい視点でのアプローチを見つけることができるかもしれません。

また、自社製品に対して成約率の高いターゲット選定なども行えるため販売戦略を立てるのにも役立ちます。

生成AIの営業での活用事例

では、具体的にどのように生成AIを使えばいいのか、営業で考えられる業務別に活用事例をまとめました。

生成AIだけで完結するものやSFAと連携することでより高度な分析が可能になるものなど具体例を10個ほどご紹介します。

実際どのように使えるのか、プロンプト例と出力結果も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

各種資料作成の自動化

生成AIは過去の購買履歴やプロファイルに基づいて、顧客ごとにパーソナライズされた販売提案や企画書を作成するのに役立ちます。従来では大幅に時間がかかっていた資料作成を生成AIに任せることにより、構想やデザイン案まで効率的に資料を作ることができ、営業担当はより魅力的なプレゼンの準備を進めることが可能です。

参考記事:スライド生成AIで98%業務削減!CalqWorks x イルシル連携で圧倒的な業務効率化を

例えば、プレゼン資料のアウトライン作成をChatGPTに任せてみましょう。

プロンプト例:

あなたは畳屋の営業マンです。

アパートのオーナーにフローリングの部屋を畳にリフォームする提案をします。

部屋をフローリングから畳にリフォームすることによる利点など含めたプレゼンテーションのアウトラインを作成してください。

どうでしょうか?

日本独自の文化である畳へのリフォーム案件に使えそうなプレゼンのアウトラインも一瞬で作ることができました。

「快適な足触りと体感」といった畳の良さもしっかりと入っていますね。

もちろん、このまま使うには間違っている箇所などもあるので注意が必要ですが、ゼロからプレゼン資料を作るより遥かに時間を短縮することができます。

カスタマーサポート

生成AIを使ったAIチャットボットを使えば、顧客からの問い合わせに迅速かつ正確に、しかも24時間対応することができます。相手の欲しいタイミングで適切な情報を提供することができるので,

よくある質問などに返答するには生成AIがピッタリです。営業マンは生成AIが対応できない、より顧客に寄り添ったカスタマーサポートに注力できるため、顧客満足度の向上も見込めます。

参考記事:【前編】GPT等生成AIを使ったコールセンターでの具体的な活用事例大集合!

売上予測と予算管理の改善

生成AIを使って売上予測を行えば最新の営業活動からリアルタイムに売上分析を行いシミュレーションすることも可能です。

適切に売上予測をたてることができれば、在庫管理や営業計画など広い範囲でリソースの削減に役立ちます。

また、業務の属人化がなくなるので担当者不在の際に陥る業務フローの停滞を防ぐこともできます。

参考記事:売上予測にAIを活用する7つのメリット|主な活用法と成功のポイントを解説

顧客プロファイリング

生成AIを使って大量のデータから顧客プロファイルを自動生成すれば、営業担当者は効果的なアプローチを行うための情報を簡単に入手することができます。

潜在的な顧客のデモグラフィック、購買傾向、関心事などを把握し、最適化した提案をするためのヒントを得ることができます。

リサーチの時間を大きく短縮できると、より具体的な提案作成にリソースを割り当てることが可能になります。

参考記事:生成AI活用は「信頼できるデータソース」が必須 ― セールスフォース小出会長

顧客データの分析

営業活動を支援する生成AIは、大量の顧客データを分析し最適なターゲットリストを生成するのに役立ちます。

また、生成AIを使えば今まで時間がかかっていた分析を短時間かつ一定の精度で行えることが可能です。営業チームは時間を無駄にすることなく売りたい商品を売りたいターゲットにピンポイントアプローチすることができます。

参考記事:営業部門でのAI活用事例8選!KPI分析・トーク分析・自動セールス解説【2023最新版】

今回は洋菓子店が新規顧客を開拓するときの提案をChatGPTに相談してみました。

プロンプト例:

あなたは街の洋菓子屋さんの営業マンです。

最近はコンビニスイーツが勢力を伸ばし、洋菓子店でケーキを買う人が少なくなってきました。

そこで、新規顧客の開拓を行いたいのですがどのようなターゲットにどのようにアプローチすればいいでしょうか?

ざっくりしたプロンプトでしたが、かなり的確にアピールの方法などを紹介してくれました。

店舗の営業時間や既存の顧客層、人口分布や地域特性など詳しく情報を入力すればさらに精度の高い提案を提供してくれることでしょう。

販売プロセスの自動化

見込み客との連絡やタスクのスケジュール設定などの販売プロセスなど、生成AIを使えば、単純な事務作業を自動化することができます。

また、顧客データの分析、商談の開始時期や戦略の組み立て、提案書の作成など一連の業務フローも生成AIを活用すると短時間で行うことができるため、担当者はより多くの時間を生産性のある業務に費やせます。

参考記事:AIを活用した 新しい営業スタイル

競合分析

他社との差別化を図るために必要な競合分析ですが、情報収集と分析業務は多くの時間と労力を必要とします。

生成AIを使えば、競合企業のウェブサイトやプレスリリースの分析、競合製品の分析だけでなく展開しているキャンペーンの分析なども行うことが可能です。

ChatGPTなどを使えば対話形式で進めることができるため、非常に短時間で情報収集ができるので、戦略立案まで効率的に進めることができます。

参考記事:AI活用の新時代:ChatGPTを使った市場分析と競合調査

今回は競合比較の例としてAndroidOSとiOSの比較をChatGPTに投げかけてみました。

自社製品と競合製品のより詳細な情報を入力するともっと詳しく競合分析ができると思います。

プロンプト例:

AndroidOSとiOSのそれぞれのメリット・デメリットを比較してください。

営業活動の分析

営業活動の分析による、より成果の上がる方法の提案も生成AIの強みを活かすことができます。

生成AIを搭載した最新の営業支援システム(SFA)は、顧客への訪問頻度やメール内容などを分析して営業担当者の活動を評価し、より高い実績に繋げるためのアドバイスを提供してくれます。

また、生成AIと壁打ちすれば、営業活動に対しての悩みを解決するヒントを得ることも可能です。

参考記事:人工知能(AI)を搭載したSFAは何ができる?導入時の注意点は?

営業スキルの標準化

営業は担当のスキルによって成果に大きく影響がでてきます。とはいえ、社内教育の時間を取ることはなかなか難しいですよね。

そこで、トップセールスが行っている商談時の会話や資料などを生成AIを使って教材化すれば、今までは難しかった営業マニュアルが短時間で作ることができ、効率的に営業スキルの向上や標準化を図ることができます。

参考記事:営業トークを生成AIが採点、担当者ごとの成績表を示して次回の話題まで助言

営業担当の最適化

営業マンも人間ですから、人によって合う合わないがあるのは当然のことだと思います。営業一人ひとりの成果と顧客行動のデータを生成AIを使って分析すれば相性のいい顧客を探し出すことができます。

例えば、成約見込みの低い顧客対応に多くの時間を使っている担当者に対して別の顧客開拓へのアドバイスをしたり、引き継ぎ時の漏れがないように生成AIにサポートしてもらうといったことも可能です。

参考記事:社内業務の30%削減を目指す!ナイルの生成AI活用をリードする「GAl Lab」って?

生成AIを営業で使う際の注意点とその対策

生成AIを利用するにあたっては「個人情報漏洩のリスクがある」というのはよく聞くことだと思います。

AIに限らず、オンラインサービスを利用する際には不要な個人情報・機密情報を入力しない、オプトアウトを設定するといったことで情報漏洩のリスクを減らすことが可能ですが、ここではそれ以外の生成AIを営業で使用する上での注意点と対策をご紹介します。

情報の裏取りをしっかりする

まるで人が作ったような自然な形で情報をまとめて提供してくれる生成AIですが、誤情報や古い情報が含まれていることがあります。
特に、提案資料など営業先に提示するものに関して不確定な情報を掲載していると企業の信頼度にも影響を与えてしまいます。

そのため、生成AIから出力された情報をそのまま鵜呑みにはせずにあくまでもベースの知識として利用し、最終的にはファクトチェックを行うことが重要です。

権利の侵害に注意する

生成AIは利用ユーザーから入力された文章や画像などの膨大なデータから学習してコンテンツを生成しています。そのため、出力されたものが既存のコンテンツに似ていたり全く同一内容のものである可能性があります。

こちらが意図していなくても生成されたコンテンツが誰かの著作物に酷似していることもあるので、出力後は検索エンジンや関連書籍などで確認しましょう。

生成AIサービスの利用規約を遵守する

世の中には利用が無料の生成AIが多く存在していますが、出力結果を商用利用するには有料プランを契約しないといけないサービスや出力件数や利用範囲が限られているサービスも存在します。

生成AIを営業活動に利用するということは商用利用に当てはまりますので、事前にしっかりと利用する生成AIの利用規約を読んでおくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?これなら今すぐ生成AIを使ってみたい!という活用事例があったでしょうか。

生成AIは無料で使えるものが多いため、まずは試してみるのもいいかもしれませんね。

とはいえ、まだまだ生成AIは発展途中なため、完璧に業務を自動化できるようなものではありません。
重要なことは「業務を生成AIに任せるのではなく、壁打ち相手として生成AIを使う」ということが重要です。

いくら相手のニーズにマッチした営業提案をすることができても、成果に導くには生成AIでは作ることができない「営業マンの熱量」が大切なのですから!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次