生成AI時代のテクニカルライターとは?今最もおすすめの職業を紹介!

生成AI テクニカルライター

「テクニカルライターとはどういった職種だろうか」

あなたは今、そのような疑問を抱えていませんか?

テクニカルライターとは、専門的な情報や技術的な内容を分かりやすく伝えるための文章を執筆するライターのことです。

生成AIの登場により、テクニカルライターが執筆するテーマが生成AI関連のものになることも増えています。

具体的には、新しく開発された生成AIツールのレビュー記事の作成や、GithubやHuggingFaceで発表されたオープンソースプロジェクトのハンズオン記事の作成などがあります。

この記事では、これからニーズが高まってくる生成AI専門のテクニカルライターの概要、仕事内容、必要なスキルを紹介します。最後まで読めば、テクニカルライターとして働くための一歩が踏み出せるようになります。

ぜひ、最後までご覧ください!

目次

生成AI専門のテクニカルライターとは?

生成AI専門のテクニカルライターは、生成AIに関する高い専門知識を持ち、技術的な情報や複雑なコンセプトをわかりやすく解説するライターのことです。

GithubやHuggingFaceなどのプラットフォーム上にアップロードされたオープンソースプロジェクトや新しい生成AIツールなどをハンズオンし、その使い方や感想を記事にします。

テクニカルライターは技術の翻訳者、情報の橋渡し役、難解な内容をわかりやすく伝えるコミュニケーターといった役割があると言えるでしょう。

生成AI専門のテクニカルライターの仕事内容

生成AI専門のテクニカルライターの仕事は、主にマニュアルライティングと技術翻訳の2種類があります。

マニュアルライティングでは、一般ユーザーや専門の技術者向けのマニュアルを作成する業務です。この際、情報はできるだけ分かりやすく伝え、自身の主観的な表現を排除し、客観的かつ正確な情報を提供しなければなりません。また、文章を書くだけでなく、図の配置や文字の大きさなども考慮し、視覚的な要素も重要です。

一方、技術翻訳は、海外で作成された技術的な文書を翻訳する業務です。技術翻訳には高い語学力が必要ですが、専門的な分野で使われる専門用語や概念も熟知していなければなりません。技術的な文書の正確な翻訳と同時に、内容や意図も理解し、最終的に読者に適切に伝えることが求められます。

生成AI専門のテクニカルライターに必要なスキル

ここから生成AI専門のテクニカルライターに必要なスキルを紹介します。

テクニカルライターを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

正確でわかりやすい文章が書ける

テクニカルライターが扱う内容は技術的で複雑です。そのため、複雑な言い回しや独創的な文章は必要とされず、正確でわかりやすい文章が求められます。ユーザーマニュアルや操作ガイドなどの文書が理解しやすいことは、ユーザーが製品やシステムを安全に使用できるために不可欠です。

一方、間違った文章やあいまいな表現が使用されると、ユーザーが誤った操作を行い、事故を起こす可能性が高まります。これは危険を伴う場合もあり、深刻な結果につながりかねません。したがって、正確な情報を提供し、誤解を招かないようにすることがユーザーの安全や会社の信頼性、イメージを守るためにも不可欠です。

テクニカルライターを目指す場合は、正確かつわかりやすい文章を意識するようにしましょう。

対象商品に対して高度な専門知識を持っている

対象商品の取扱説明書を書くためには、製品やシステムの内部構造、動作原理を正確に理解する必要があります。高度な技術的な情報を分かりやすく伝えるためには、対象商品に対する深い知識が欠かせません。例えば、エンジニアリング用語や業界固有の専門用語を理解し、正確に使用できることが求められます。

また、テクニカルライターは常に新しい技術や製品に対する知識をアップデートし、最新情報を提供する役割を担っています。したがって、つねに学び続ける姿勢が不可欠です。

未経験の人でも入社後に専門知識を身につけることができる場合もありますが、学習意欲や熱意を持ち、必要な知識を積極的に習得しようとする姿勢がなくては長続きしません。テクニカルライターとしてのキャリアを築くために、専門知識の習得は欠かせないスキルと言えるでしょう。

徹底的に読者目線で執筆できる

テクニカルライターが書く文書は、幅広い読者層に向けて提供されることが一般的です。その中にはリテラシーが低い読者も含まれており、すべての読者が理解できるように文章を書かなければなりません。専門用語や複雑な技術的な情報を含む文書でも、読者が迷わずに内容を理解できるように工夫が求められます。

また、専門用語を解説したり、わかりやすい図を挿入したりすることは、読者の理解を助けるために不可欠です。読者がストレスなく情報を吸収できるよう、できる限り理解しやすい執筆が求められます。

テクニカルライターは、徹底的に読者の立場に立ち、すべての読者が問題なく製品やシステムを理解し、利用できるように努めます。この読者目線のスキルは、テクニカルライターの役割を果たす上で不可欠と言えるでしょう。

生成AI専門のテクニカルライターの需要

テクニカルライターに限らず、生成AI関連の求人は急増しています。

求人情報専門の検索エンジンであるIndeedによると、生成AI関連の求人は100倍ほどになっています。

現在、需要と供給のバランスがあっていない状態で、年収も他の業種と比べて桁違いに高いです。

これは極端な例ではありますが、生成AIで最も注目を浴びている企業であるOpenAIのエンジニア求人の年収はなんと1.3億円。

データサイエンティストだと、約5,000万円ほど。

エンジニアやデータサイエンティストと同様に、生成AIに特化したテクニカルライターも間違いなく需要があります。

ただ記事を書くことができるライターはいくらでもいますが、テクニカルライターとなるとその割合は大きく下がります。
さらに、生成AIツールを触れるテクニカルライターは現時点ではほんの一握りでしょう。

ですが、生成AIツールを触るのは難しいことではありません。
プログラミングの知識が多少あればすぐにでもなることは可能です。

需要と供給が釣り合っていない今だからこそチャンスがあります。
もし気になる方はぜひ弊社のテクニカルライターに挑戦してみてください。

弊社では生成AI専門のテクニカルライターを募集しています

弊社では、生成AIに特化したメディアである「WEEL | AIを使う全ての人へ」を運営しており、テクニカルライターを積極的に募集しています。

当メディアは、月間100万PV以上のアクセスを誇り、最新のツールや技術をエンジニア目線で解説するハンズオン記事や、海外の最新AI情報をまとめた記事を最速で公開しています。

弊社は、個々の特長を尊重し、最高のパフォーマンスを引き出せる環境です。全員がフルリモートで働いており、時間や場所に縛られません。

透明性の高い情報発信を重視し、「日本一透明性の高いAIプロフェッショナル集団」を目指して日々努力しています。

弊社でテクニカルライターとして活躍し、生成AIの分野での知識を共有しませんか?一緒に成長し、AI技術の普及に貢献しましょう。

弊社では以下のような記事を執筆しています。

【やってみた】Qwen-7B、アリババ社の中国初オープンソースLLM

WEEL
【やってみた】Qwen-7B、アリババ社の中国初オープンソースLLM | WEEL 本記事では、中国アリババ社のQwen-7Bモデルの概要や導入方法、そして実際に触ってみた感想を紹介します。学習データが高品質で、さまざまなベンチマークでハイスコアを記...

【日本語版LLM】東大松尾研のWeblab-10b、使い方・実践をまとめて解説

WEEL
【日本語版LLM】東大松尾研のWeblab-10b、使い方・実践をまとめて解説 | WEEL この記事では、東京大学松尾研究室が開発した大規模言語モデルWeblab-10bをご紹介します。日本語言語モデルとして最高水準を達成した本モデルの概要、導入方法、所感をまと...

こちらにて詳細に募集要項を記載していますので、ぜひご覧ください。

必要なスキルを身につけて生成AI専門のテクニカルライターを目指そう

この記事では、生成AI専門のテクニカルライターの概要、仕事内容、必要なスキルを紹介しました。

生成AI専門のテクニカルライターの概要

  • テクニカルライターは、高い専門知識を持ち、技術的な情報や複雑なコンセプトをわかりやすく文章に表現するライターのこと

生成AI専門のテクニカルライターの仕事内容

  • マニュアルライティング(一般のユーザーや専門の技術者向けのマニュアルを作成する業務)
  • 技術翻訳(海外で作成された技術的な文書を翻訳する業務)

生成AI専門のテクニカルライターに必要なスキル

  • 正確でわかりやすい文章が書ける
  • 対象商品に対して高度な専門知識を持っている
  • 徹底的に読者目線で執筆できる

テクニカルライターは高度な専門知識を持ちつつ、読者目線で正確かつわかりやすい文章を作成するプロフェッショナルです。テクニカルライターは、技術情報を効果的に伝達し、ユーザーの安全と満足を確保する役割を果たします。

最後に

今回はテクニカルライターを紹介しました。

いかがだったでしょうか?

SaaSisでは、システム提案から検証、導入、連携まで、全体最適の視点でワンストップでサポートいたします。

「ChatGPT × 社内データのAIチャットボットを作りたい方」や、「ChatGPTを使って社内業務を効率化する方法を知りたい」といったご相談も承っております。

お気軽にご連絡ください!

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次