西郷隆盛は本当はこんな顔だった!?素顔が気になる歴史上の偉人を画像生成AIで再現してみた【男性編】

画像生成AI 歴史上の男性偉人 AIの限界を試すシリーズ

WEELメディア事業部AIライターのたけしです。

皆さんは画像生成AIをご存じでしょうか?

画像生成AIとは、テキストを入力するだけで、誰でも手軽に高品質な画像を作成できるAIです。

今回は画像生成AIの力を借りて、顔がわからない歴史上の男性偉人を再現を再現できるか、実際に検証した結果を紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、興味があればご自身でも一度画像生成AIを触ってみてください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

画像生成AIの概要

画像生成AIとは、テキスト情報から画像を生成できるAIです。

画像生成AIを使えば、テキストでプロンプト(指示)を入力するだけで、AIが高品質な画像を自動で作ってくれます。

例えば、「”鬼と闘う桃太郎”の画像を作ってください」とプロンプトで入力すれば、以下のような画像が数秒で完成します。

画像生成AIがあれば、イラストの知識・スキルが全くない方でも、このような高品質画像が簡単に作れるんです!

2023年12月現在、画像生成AIを利用できるツール・サービスは数多く存在し、それぞれ特徴や利用料金が異なります。

その中でもおすすめのツール・サービスは、以下の6つです。

スクロールできます
ツール・サービス名ChatGPTBing Image CreatorMidjourneyStable DiffusionCanva (Text to Image)Adobe Firefly
概要OpenAI社のAIツール。最新画像生成AI「DALL-E 3」が利用可能。Microsoft社の画像生成サービス。最新画像生成AI「DALL-E 3」が利用可能。Midjourney社の画像生成AI。Discordから利用可能。Stability AI社がオープンソース化したAIモデル。mage.spaceなどのWebサービスでも利用可能。Canva社のデザイン作成ツールに搭載された、AIによる画像生成機能。Adobe社の画像生成AI。他のAdobeソフトとの連携も可能。
利用料金月額20ドル無料月額10~120ドル無料月額0~3,000円月額0~680円
回数制限40回/3時間なし※速度制限ありなし※速度制限ありなし50~500回/月25~100回/月
商用利用可能不可可能可能可能可能
URLhttps://chat.openai.com/https://www.bing.com/createhttps://www.midjourney.com/https://ja.stability.ai/stable-diffusionhttps://www.canva.com/ja_jp/ai-image-generator/https://www.adobe.com/jp/sensei/generative-ai/firefly.html

ちなみに、上記の中でも特におすすめなのは、最新型画像生成AI「DALL-E 3」が利用できるChatGPTBing Image Creatorです。

興味のある方はぜひ一度、お試しで触ってみてください!

なお、ChatGPTの企業導入事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTの日本企業導入事例をまとめて紹介!業務に導入するメリットや注意点も解説

歴史上の男性偉人を画像生成AIで再現する方法

すでに述べたとおり、画像生成AIを活用すれば、テキストを入力するだけで誰でも簡単に高品質な画像を作成できます。

となれば、顔写真が残っていない過去の人物を、画像生成AIを使ってテキスト情報から再現できたら面白いと思いませんか?

というわけで今回、画像生成AIによって歴史上の男性偉人を再現できるか、実際に検証してみました!

具体的な検証方法は下記のとおりです。(今回は画像生成AIとしてChatGPTを使用)

検証手順
  1. Webサイトなどで、男性偉人について調べる
  2. 調査した情報を基に、男性偉人の特徴をまとめる
  3. 男性偉人の特徴をプロンプトとして入力する
  4. AIで生成された画像と肖像画を比較する

なお、AIの再現力をより忠実に測定するために、【プロンプトには人名を含めない】というルールを定めました。

例えば、西郷隆盛を再現したい場合は、下記プロンプトのように「西郷隆盛」というワードが登場しないようにします。

以下の人物の画像を作ってください。
“この人物は幕末から明治初期の日本の政治家、軍人です。彼は薩摩国の下級藩士で、薩摩藩主の島津斉彬に見出され、倒幕運動の先頭に立ちました。薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導したことから、維新の三傑の一人と称されています。1877年に西南戦争が起こり、敗れて城山で自刃しました。”

歴史上の男性偉人を画像生成AIで再現した検証結果

それでは早速、歴史上の男性偉人を画像生成AIで再現した検証結果を紹介します!

西郷隆盛

まず1人目に再現するのは西郷隆盛です。

西郷隆盛は、幕末に活躍した薩摩藩出身の政治家・軍人であり、西南戦争を起こしたことでも知られています。
また、西郷隆盛は写真嫌いとしても有名で、彼の実際の容姿は謎に包まれたままなのだとか。

▼西郷隆盛の肖像画

肖像画をふまえた上で、抑えるべき西郷隆盛の特徴は下記の3点。

ポイント
  • 彫りの深い顔
  • 短髪
  • がっしりとした体格

そんな西郷隆盛を、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現した西郷隆盛

んー、たしかに彫りが深い顔ではありますが、雰囲気が肖像画とあまりに違う気が…(笑)

むしろこれが本当の顔なのかもしれませんね…!

検証結果
  • 良い点:彫りが深い顔は再現できている
  • 悪い点:肖像画と雰囲気が大きく異なる

釈迦

続いて2人目に再現するのは釈迦(ゴータマ・シッダールタ)です。

釈迦といえば、インド出身で仏教の開祖として有名ですよね。
釈迦は肖像画が残っていないため、今回は以下の釈迦如来像を参考画像とします。

▼釈迦如来像

引用:https://www.butuzo.jp/category/%E5%A6%82%E6%9D%A5%E5%83%8F/%E9%87%88%E8%BF%A6%E5%A6%82%E6%9D%A5%E5%83%8F/

釈迦如来像もふまえた上で、抑えるべき釈迦の特徴は下記の3点。

ポイント
  • インド出身
  • 丸い顔
  • 螺髪・おでこの印

そんな釈迦を、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現した仏陀

インド出身ということで、インド人らしい顔立ちになっていますね!

釈迦如来像をそのまま人間に変換した感じで、再現度はかなり高いのではないでしょうか?

検証結果
  • 良い点:釈迦如来像をそのままインド人に再現できている
  • 悪い点:やや人間らしさに欠ける

土方歳三

3人目は土方歳三です。

土方歳三は新選組の副長として知られ、歴史上の男性偉人の中で最もイケメンだったと言われています。

▼土方歳三の肖像写真

肖像写真もふまえた上で、抑えるべき土方歳三の特徴は、ズバリ下記の1点でしょう。

ポイント
  • 現代風のイケメン

そんな土方歳三を、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現した土方歳三

肖像写真と比べてやや江戸時代の雰囲気が強めですが、顔立ちは文句なしの現代風イケメンですね!

検証結果
  • 良い点:現代風のイケメンが再現できている
  • 悪い点:江戸時代の雰囲気がやや出過ぎている

在原業平

4人目は在原業平です。

在原業平は平安時代初期の貴族・歌人であり、かなりの美男子だったことでも知られています。

▼在原業平の肖像画

肖像画もふまえて、在原業平の抑えるべき特徴は下記の3点。

ポイント
  • 美男子
  • 平安時代の貴族衣装
  • 和歌が得意

そんな在原業平を、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現した在原業平

貴族の雰囲気はあまりないものの、きちんと美男子に仕上がっていますね!

和歌を書いているシーンも再現されており、完成度はかなり高いと言えるでしょう。

検証結果
  • 良い点:美男子・和歌が得意などの特徴を再現できている
  • 悪い点:貴族の雰囲気が再現できていない

光源氏

5人目に再現するのは光源氏です。

光源氏は源氏物語の主人公であり、作中では希代のモテ男として描かれています。
光源氏はあくまで架空の人物であり、実在はしないものの、源融(みなもとのとおる)という人物をモデルとして描いたという説が有力です。

▼源融の肖像画

肖像画もふまえた上で、光源氏の抑えるべき特徴は下記の2点。

ポイント
  • 希代のモテ男
  • 平安時代の貴族出身

そんな光源氏を、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現した光源氏

非常にモテそうな平安貴族が完成しました!

アニメ風のイラストではあるものの、光源氏のイメージにピッタリではないでしょうか?

検証結果
  • 良い点:モテ男・平安貴族などの特徴を再現できている
  • 悪い点:アニメ風のイラストになっている

チンギス・ハン

6人目はチンギス・ハンです。

チンギス・ハンは12世紀末から13世紀初頭にかけてモンゴル高原を統一し、モンゴル帝国を建設した人物として知られています。

▼チンギス・ハンの肖像画

肖像画もふまえた上で、チンギス・ハンの抑えるべき特徴は下記の3点。

ポイント
  • モンゴル出身
  • 高い統率力
  • 長いヒゲ

そんなチンギス・ハンを、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現したチンギス・ハン

肖像画と比べると顔の彫りがやや深いものの、チンギス・ハンらしい統率力の高さや長いヒゲはきちんと再現できていますね!

検証結果
  • 良い点:統率力の高さ・長いヒゲが再現できている
  • 悪い点:顔の彫りが深すぎる

徳川家斉

7人目に再現するのは徳川家斉です。

徳川家斉は江戸幕府の第11代将軍であり、寛政の改革を実施した人物として知られています。
また、徳川家斉は子だくさんとしても有名で、彼の子どもは合計で53人もいたのだとか。

▼徳川家斉の肖像画

肖像画もふまえた上で、徳川家斉の抑えるべき特徴は下記の2点。

ポイント
  • 江戸幕府の第11代将軍
  • 男らしい顔立ち(子だくさんという情報より)

そんな徳川家斉を、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現した徳川家斉

将軍らしい派手な出で立ちで、顔も非常に男らしく、まさに徳川家斉のイメージにピッタリではないでしょうか?

検証結果
  • 良い点:将軍らしい出で立ち・男らしい顔が再現できている
  • 悪い点:特になし

シャーロック・ホームズ

ラスト8人目に再現するのはシャーロック・ホームズです。

シャーロック・ホームズは、イギリスの作家コナン・ドイルが創作した推理小説に登場する、優れた観察眼と推理力を持つ名探偵です。
また、バイオリンの演奏にも長けており、ストラディヴァリ製のバイオリンを自身で所有していました。

▼シャーロック・ホームズの肖像画

肖像画もふまえた上で、シャーロック・ホームズの抑えるべき特徴は下記の3点。

ポイント
  • 名探偵
  • 細身・わし鼻・角ばったアゴ
  • バイオリンを所有

そんなシャーロック・ホームズを、画像生成AIで再現した結果は以下のとおりです。

▼AIで再現したシャーロック・ホームズ

名探偵らしい風貌で、顔立ち・体型も特徴をカンペキにとらえていますね。

また、部屋の奥にバイオリンも立てかけてあり、まさにシャーロック・ホームズそのものを再現できていると思います!

検証結果
  • 良い点:シャーロック・ホームズの主な特徴をカンペキにとらえている
  • 悪い点:特になし

なお、生成AIの法人利用について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの法人利用方法10選!法人向け生成AIツールや実際の事例も解説

まとめ

今回は、画像生成AIを使って歴史上の男性偉人を再現できるか、検証を実施した様子を紹介しました。

実際に検証した結果をまとめると、下表のとおりです。

人名肖像画AIによる再現再現度
西郷隆盛
釈迦
土方歳三
在原業平
光源氏
チンギス・ハン
徳川家斉
シャーロック・ホームズ

ご覧のとおり多少不備はあるものの、各偉人の特徴を忠実にとらえられていますよね。

このように、画像生成AIを活用すれば誰でも簡単に高品質な画像が作成できます。

興味のある方は、ぜひ一度画像生成AIを触ってみてはいかがでしょうか?

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • たけし

    Webライター / メディア運営 フリーランスのWebライターとして活動。 これまでさまざまなAIツールを使ってきた経験を基に、AI技術の最新情報や使用方法に関する記事を執筆。 また、個人でもメディアを運営中。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次