【AIマネージャー】生成AI時代のマネージャーの業務、必要なスキル、働き方を紹介

AIマネージャー 生成AI 業務 スキル 働き方

AIの普及によって、マネージャー業務が半減するって知っていましたか?

ベガード・コルビョーンスルド氏、リチャード・アミコ氏、ロバート J. トーマス氏の論文によると、マネージャーが担う約50%の業務を自動化できると発表しています。

この事実を知ってしまった方のなかには、マネージャーとしての自身の存在価値がなくなってしまうと考える方もいるでしょう。

しかし、AIマネージャーとして必要なスキルを身につければ、AIに仕事を取られるどころか、今までよりも人材的価値を向上させることが可能です。

そこで今回の記事では、AIマネージャーの役割や必要なスキルを解説します。

最後まで読むことで、生成AI時代をAIマネージャーとして生き抜くために必要な知識が身に付くので、ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

AI時代の管理職の仕事は?

AI時代の管理職がおもに行うのは、人間にしかできない「判断力を必要とする仕事」です。例えば、集計したデータから改善点を見つけたり、改善するための戦略を策定したりする業務が該当します。

従来の管理職は、予定の調整や報告書類の作成に時間を取られていますが、これらの仕事はAIによって自動化することが可能です。空いた時間をクリエイティブな業務に費やせるようになるので、より高いパフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。

なお、AIによって仕事をクビになった人について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【AI失業時代】ChatGPTのせいでクビになった不運な人まとめ

AIでマネージャーの業務は半減する

前述の通り、マネージャー業務の大半は、予定の調整や報告書類の作成などのルーティン業務です。AIが普及すれば、これらのルーティン業務を自動化できるので、マネージャー業務は半減します。

空いた時間を有効活用することで、より戦略的な業務に集中できるようになるでしょう。

しかし、マネージャー業務のすべてをAIで自動化することはできません。人間関係の構築や意思決定、創造的な問題解決など、AIでは代替できない業務も多く存在します。

AIマネージャーとはなにか?

AIマネージャーとは、組織内でAIを管理する立場にある役職者のことです。人間の仕事がAIに移り変わっていく過程で、部下が人からAIに変わっていくので、AIを管理する立場の人材が求められるようになります。

なお、従来のマネージャーと異なるのは、AIに関する知識の必要性です。AIマネージャーには、当然ながらAIやそのツールに関する詳細な知識、および技術が求められます。

これからは、人間の部下ではなく、AIを部下として管理していくのが当たり前になっていくでしょう。

AIマネージャーの役割

AIマネージャーの役割は、おもに2つ存在します。これらの役割をこなせるようになることで、組織にとってより重要な人材になれるはずです。

以下で、AIマネージャーの役割をそれぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

AI技術の導入や運用を統括

AIマネージャーは、組織にAIを導入する際に、「どのようなツールを」「どの部分に導入するのか」といった判断を下す立場にあります。ツールの選択や導入箇所を間違えれば、組織に大きな損失を与えることになりかねないので、とても重要な役割です。

また、業務が円滑に進むよう、AI技術の使用者への指導やルールを策定するといった業務も行います。AI技術の運用を統括し、人間とAIの相互の力を効果的に組み合わせて現場を運営していくことが大切です。

人間にしかできない業務を行う

AIでほとんどの業務を自動化できるからこそ、AIマネージャーは人間にしかできない業務を行うことが重要です。

おもに、以下2つの業務が該当します。

  • 戦略的な思考でAIを運用する
  • 組織内外の人間とコミニュケーションをとる

まず、業務を効率よく運営していくために、戦略的な思考をもてるのは人間だけです。業務全体を見直し、AI技術の活用をもって業務改善を図っていく力が求められます。

また、AIの導入や運用の際には、組織内外の人間が多く関わります。そのため、コミュニケーションを積極的にとることも、AIマネージャーの重要な業務です。

なお、10年後まで生き残るPMの働き方について詳しく知りたい方は、以下の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×プロジェクトマネジメント】10年後まで生き残るPMの働き方を紹介

生成AI時代のマネージャーに必要なスキル

生成AI時代のマネージャーに必要なスキルは、おもに以下の4つです。

  • 創造性
  • 協働
  • 共感
  • 判断

それぞれのスキルについて、以下で詳しく解説していきます。

創造性

AI時代のマネージャーにとって、創造性は非常に重要なスキルです。創造性を持つことで、新しいアイデアやアプローチを生み出し、問題に対する革新的な解決策を見つけることができます。

また、自分だけでなく、業務に関わるメンバー一人ひとりが創造性を発揮できるような職場づくりを行いましょう。そのためには、日頃から業務に対するちょっとした違和感をメンバー間で共有し合うなど、話し合いの場を設けることが大切です。

協働

協働は、組織内の連携を高めるために必要なスキルです。業務を効率的に進めるためには、人と人との間で行う連携はもちろん、AIと人による連携も高めなくてはなりません。

ただし、協働スキルの必要性は軽視されているとのこと。アクセンチュアが14カ国1,770人のマネージャーにアンケートを行ったところ、今後5年間の間に成功のために必要なスキルとして選んだマネージャーはたったの20%だったことが判明しています。

参考記事:AIでマネジャーの業務は半減する

共感

共感力は、チームメンバーや顧客との関係性を深めるために重要なスキルです。とくにチームメンバーに対する共感が重要で、メンバーが感じている業務上の問題点を丁寧に聞くことで、そのメンバーがもっている潜在的な問題解決能力に気づけます。

さらに、相談してきたメンバー自身が「自分の意見が求められている」と自己肯定感をもてることも大きなメリットです。共感力は一朝一夕には身につかないので、日頃からメンバーの相談に積極的に乗るなど、共感する機会を意識的に増やしましょう。

判断

AIは自社の現状を分析し、問題や改善案の提案を行えますが、最終的な実行判断を行うのは人間です。AIは意思決定を補助する能力にすぎず、マネージャーの業務を完全に代替することはできません。

よって、AIマネージャーは、AIに関わる最終的な判断を行う重要な役割を担います。

なお、判断力がとくに求められるのは、AI技術を導入する際です。自社の課題を明確に洗い出し、その課題を解決するために、正確かつ素早い判断が求められます。

生成AI時代のAIマネージャーの働き方

生成AI時代のAIマネージャーの働き方は、従来のマネージャーとは異なる部分があります。

以下で、AIマネージャーの働き方で意識すべき点を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

管理業務をAIに任せる

従来のマネージャーは、報告書の作成やシフトの管理など、管理業務に多くの時間を費やしています。その結果、本来行うべき人材育成や戦略の策定などに時間を回せていないのが現状です。

しかし、すでに管理業務の多くはAIで自動化できます。自動化できる単純な管理業務はAIに任せ、AIマネージャーは人間にしかできないコア業務にリソースを集中させましょう。

AIツールを「仕事仲間」として扱う

AIに仕事を取られるかもしれないという危機意識から、AIツールを敵と考える方が一定数存在します。しかし、マネージャーに関するすべての業務や意思決定を自動化できるわけではないので、「仕事仲間」として扱えば競争意識から解放されるはずです。

とくに、AIはデータに基づくシミュレーションやアイデアの提案などを行うことで、意思決定を支援してくれます。アクセンチュアが14ヵ国1770人のマネジャーを対象に行った意識調査では、すでに78%のマネージャーがAIのアドバイスを信頼すると回答しているとのことです。

参考記事:人工知能が再定義するマネジャーの仕事

なお、管理職向けのChatGPTの使い方を詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
管理職こそChatGPTを使え!マネジメントが鬼捗る活用方法5選

AIマネージャーに必要なスキルを身につけて生成AI時代に備えよう

AIが普及していくと、これまでマネージャー業務の大半を占めていた管理業務を自動化できます。その結果、多くの時間的リソースが空くので、人間にしかできない「判断力を必要とする仕事」に注力することが可能です。

なお、AIマネージャーとは、組織内でAIを管理する立場にある役職者のことです。今後は、部下が人間からAIに移り変わっていくので、AIを管理(マネジメント)する力を身につけていかなければなりません。

AIマネージャーの役割は、おもに以下の2つです。

  • AI技術の導入や運用を統括
  • 人間にしかできない業務を行う

AI技術の導入や運用の統括は、AIマネージャーの重要な役割です。業務が円滑に進むよう、人間とAIの相互の力を効果的に組み合わせて現場を運営していく力が求められます。また、コミュニケーションを積極的にとることで、社内外メンバーの連携を深めましょう。

また、生成AI時代のマネージャーに必要なスキルは、以下の4つが該当します。

  • 創造性
  • 協働
  • 共感
  • 判断

上記の4つは、感情を持ち合わせた人間にしかできないスキルなので、これらを身につければAIに仕事を取られる心配がありません。

さらに、AIマネージャーとして以下2つの働き方を意識することも大切です。

  • 管理業務をAIに任せる
  • AIツールを「仕事仲間」として扱う

自動化できる単純な管理業務はAIに任せ、時にはAIを仕事仲間として頼りながら、AIマネージャーとして生成AI時代を駆け抜けましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • いつき

    高卒6年目にして独立開業した、フリーランスのWebライター。 ChatGPTをはじめ、多くのAIツールを使いこなした経験を基に、AIメディアの記事を執筆中。 複数のWebメディアに在籍し、ライター・ディレクター業務をマルチにこなす。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次