Amazon BedrockでClaude 2のAPIを使う方法!使い方から実践まで

AmazonBedrock Claude2 API 使い方

9月29日、ついにAWSにAmazon Bedrockが導入され、様々な企業のAIモデルを手軽に使えるようになりました。

AmazonやStability AIなど、5つもの企業のAIモデルを、AWS上で自由に使えるのです。その中には、GPT-3.5よりも精度の高いと言われるClaude 2 や、画像生成で有名なStable Diffusionも利用可能です。

この記事では、Amazon Bedrockの概要や、AIモデルの利用方法などをご紹介します。最後まで読んだ方は、AWS上で簡単に、有名なAIモデルを動かしたり、自社データを使ってカスタマイズしたりできるようになります。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Amazon Bedrockがついに一般利用可能に!

9月29日の早朝に、Amazonから「Amazon Bedrock」がリリースされました。これにより、一般ユーザーでも簡単に生成AIを利用できるようになります。

Amazon公式からの情報も、完全に開示されているわけではないので、今後の動きにも目が離せません。

以下では、今回のAmazon Bedrockのアップデートにより何ができるようになったのか、実例を交えてご紹介します。

Amazon Bedrockとは

Amazon Bedrockは、AWSの生成AIサービスです。このサービスを利用することで、「様々な企業のAI基盤モデル」を、APIを通じて利用できます。

そのため、さまざまなAI基盤モデルから好きなものを選び、自分のタスクに好きなAIを活用できるようになったのです。AmazonのAIはもちろん、あの「Stable Diffusion」で有名なStability AIのAIモデルも、AWSを通して利用できます。

ちなみに、ここで言う基盤モデルとは、事前学習済みの大規模なAIモデルのことです。自社データを用いたファインチューニングやエンベディングによって、様々なカスタマイズも可能になります。

Amazon Bedrockは何ができる?

Amazon Bedrockを使えば、以下のようなことが実現できます。

  • 主要なAIスタートアップ企業のAI基盤モデルを利用できる
  • 各企業のAI基盤モデルを使って生成系AIを拡張する
  • 各企業のAIを自社のデータで学習できる
  • AWSの機能を使用して、自社のアプリケーションに統合する

例えば、テキスト生成のAIを、自社のデータで学習させて、自社アプリに組み込むことだって可能になります。しかも自社サーバ無しで。

Amazon Bedrockでは、以下の5つの企業のAIモデルが利用可能です。

  • AI21 Labs
  • Amazon
  • Anthropic
  • Cohere
  • Stabilability AI

GPT-3.5よりも優れているClaude 2や、画像生成で有名なStable Diffusionも、当然ですがサーバー無しで利用可能です。

Open AIのGPT-4は使えなさそうですね。

なお、Claude 2について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
Claude 2の日本での使い方解説!ChatGPT超えの最強LLMをご紹介

Amazon Bedrockの使い方

まずは、以下の手順に従って、モデルを選ぶ画面まで進みましょう。

  1. AWSマネジメントコンソールにサインイン
  2. 「Amazon Bedrock」で検索
  3. 米国東部(バージニア北部: us-east-1)のリージョンを選択
  4. 「Get started」をクリック
  5. 左カラムから「Base models」にアクセス
  1. AWSマネジメントコンソールにサインイン
Amazon Web Services, Inc.
AWS マネジメントコンソール | AWS AWS マネジメントコンソールを使用すると、シンプルで直感的なウェブベースのユーザーインターフェイスから AWS にアクセスして管理できます。モバイルアプリを使用すれば...

2. Amazon Bedrockで検索

3. 米国東部(バージニア北部: us-east-1)のリージョンを選択

4. 「Get started」をクリック

5. 左カラムから「Base models」にアクセス

ここまで行けば、好きな基盤モデルを利用できます。特定の基盤モデル、例えば「Claude」にアクセスするためには、用途を申請する必要があります。現在までで、使えるAIモデルは以下の通りです。

Claude v1.3
Claude v2
Claude Instant v1.2
Command v14.6
Jurassic-2 Mid v1
Jurassic-2 Ultra v1
Stable Diffusion XL v0.8-preview
Titan Embeddings G1 – text v1.2
Titan Text G1 – Express v1-preview

また、左カラムの「Playground」では、Chat・Text・ImageのそれぞれのAIモデルを、実際に使って試すことが可能です。例えば、Claude v2を選択して、Chat画面で質問を投げかけることができます。

なお、CohereのサービスCoralについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Coral】最強企業用AIチャットボット!OpenAIを超えるCohereとは?

Amazon Bedrockの料金体系

Amazon Bedrockでは、以下の実行において、料金がかかります。

  • モデルの推論
  • カスタマイズ

さらに、それぞれのプラン概要について、以下の表にまとめました。

利用方法プラン概要
モデルの推論On-demand・使用した分だけ支払う・テキスト生成モデルの場合、入力トークンと出力トークンごとに課金される・埋め込みモデルの場合、入力トークンごとに課金される・画像生成モデルの場合、生成された画像ごとに課金される
Provisioned Throughput・特定のベースモデルまたはカスタムモデルのモデルユニットを購入できる・時間単位で課金される・1ヶ月または6ヶ月の期間を柔軟に選択できる
カスタマイズModel customization (fine-tuning)自社データを使用して基盤モデルをカスタマイズできる・テキスト生成モデルの場合、モデルの学習に基づいて課金される

具体的な価格は、利用するAIモデルやプロバイダーによって異なります。以下の表を参考にしてください。

プロバイダーAIモデル価格
AI21 Labs(On-Demand)Jurassic-2 Mid入力/出力トークン1000個あたり$0.0125
Jurassic-2 Ultra入力/出力トークン1000個あたり$0.0188
Amazon(On-Demand)Titan Text – Lite・入力トークン1000個あたり$0.0003・出力トークン1000個あたり$0.0004
Titan Text – Express・入力トークン1000個あたり$0.0013・出力トークン1000個あたり$0.0017
Titan Embeddings入力トークン1000個あたり$0.0001
Amazon(fine-tuning)Titan Text – Lite・学習のトークン1000個あたり$0.0004・カスタムモデルの月額ストレージ料金は$1.95・カスタムモデルの推論は1モデルユニットあたりの時間料金$7.10
Titan Text – Express・学習のトークン1000個あたり$0.0008・カスタムモデルの月額ストレージ料金は$1.95・カスタムモデルの推論は1モデルユニットあたりの時間料金$20.50
Amazon(Provisioned Throughput)Titan Text– Lite・コミットメントなしの1モデルユニットあたりの時間料金$7.10・1ヶ月のコミットメントでの1モデルユニットあたりの時間料金$6.40・6ヶ月のコミットメントでの時間料金が$5.10
Titan Text – Express・コミットメントなしの1モデルユニットあたりの時間料金$20.50・1ヶ月のコミットメントでの1モデルユニットあたりの時間料金$18.40・6ヶ月のコミットメントでの時間料金が$14.80
Titan Embeddings・1ヶ月のコミットメントでの1モデルユニットあたりの時間料金$6.40・6ヶ月のコミットメントでの時間料金が$5.10
Anthropic(On-demand)Claude Instant・入力トークン1000個あたり$0.00163・出力トークン1000個あたり$0.00551
Claude・入力トークン1000個あたり$0.01102・出力トークン1000個あたり$0.03268
Anthropic(Provisioned Throughput)Claude Instant・1ヶ月のコミットメントでの1モデルユニットあたりの時間料金$39.60・6ヶ月のコミットメントでの時間料金が$22.00
Claude・1ヶ月のコミットメントでの1モデルユニットあたりの時間料金$63.00・6ヶ月のコミットメントでの時間料金$35.00
Cohere(On-Demand)Command・入力トークン1000個あたり$0.0015・出力トークン1000個あたり$0.0020
Stability AI(On-demand)SDXL0.8・512×512以下の画像はステップ数により$0.018または$0.036・512×512より大きい画像は$0.036または$0.072
Stability AI(Provisioned Throughput)SDXL1.0・1ヶ月の場合、モデルユニット1台につき1時間あたり$49.86・6ヶ月の場合、モデルユニット1台につき1時間あたり$46.18

参考記事:Amazon Bedrock Pricing

Amazon BedrockのLLMモデルを実際に使ってみた

Claudeに関しては、利用申請をしないといけないそうです。

まずは、Base modelsに移動して、右上の「Request model access」をクリックしてください。

この画面に移動したら、右上の「Edit」をクリックしてください。

そして、「Anthropic」の右にある「Request」をクリックしてください。

この画面にくるので、申請理由等の情報を入力し、申請しましょう。

申請が通ったら、再びEdit model accessの画面に移動し、以下の3つを選択し、「Save Changes」をクリックしてください。

  • Anthropic
  • Claude
  • Claude Instant

上記の「Access status」の項目が「In progress」→「Access granted」になっていればOKです。

次に、左カラムから「Playgrounds」→「Chat」をクリックし、プルダウンメニューの「Select model company」→「Anthropic」を選択し、「select model」→「Claude V2」を選択します。

すると、ClaudeとChatができるようになります。試しに「Human: Hello world」と打ってみましょう。すると「Hello!」と返ってきました。

まとめ

Amazon BedrockはAWSのAIサービスで、様々な企業のAI基盤モデルをAPI経由で利用できます。これを利用することで、多岐にわたるAIモデルを選択し、タスクに合わせて活用できます。ここでの「基盤モデル」は、事前に学習された大規模AIモデルを指し、カスタマイズも可能です。Amazon Bedrockの主な特徴は、以下の通りです。

  • 主要AIスタートアップのAI基盤モデルへのアクセス
  • 各企業のAI基盤モデルで生成AIの拡張が可能
  • 自社データでの学習が可能
  • AWSの機能で自社アプリに統合できる

利用可能なAIモデルには、AI21 Labs、Amazon、Anthropic、Cohere、Stabilability AIが含まれ、特定のモデルを使用するための申請が必要です。料金体系は、モデルの推論とカスタマイズの2つの部分で構成され、具体的な料金はモデルやプロバイダーによって異なります。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次