デザインの作成・編集ができるGPTs「Canva GPT」の使い方を解説

デザイン 作成 編集 GPTs Canva-GPT 使い方 解説

みなさんは、GPTs Storeで公開されている「Canva GPT」を知っていますか?

Canva GPTとは、Canvaのテンプレートから指示に合ったデザインを探し出してくれるツールのことです。Canvaは、世界中で人気があり、約1億人以上が利用しています。

この記事では、Canva GPTの概要や利用方法、実際に使ってみた内容をわかりやすく紹介します。最後まで読んでいただくことで、Canva GPTの使い方がわかり、効率よく画像検索から編集まで行えるようになるでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIについての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

GPTs「Canva GPT」とは?

Canva GPTとは、GPTs Storeで公開されているCanvaとChatGPTを組み合わせたAIツールのことです。このGPTsを使用することで、Canvaと同じように、テンプレートからデザインを探せ、しかもデザインの作成や編集まで行えます。

Canva GPTはユーザーが作成したいアイデアに基づき、Canvaの豊富なテンプレートから最適なデザインを選び出し、提案します。例えば、プレゼンテーションのスライド名刺ブログに載せる画像などが作成可能です。

Canva GPTから提案されたデザインのリンクをクリックすると、Canvaの編集画面に移り作業を開始できます。このツールは、作成したいテーマに合ったテンプレートを提案してくれるため、デザインを探す時間が短縮され作業が効率化されます。

参考記事:Canva GPT

なお、GPTsのビジネス活用事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【GPT Store業務活用ランキングTOP12】最強GPTsで業務効率化・自動化する使い方事例

Canva GPTの利用方法

Canva GPTの利用方法について紹介します。まずは、ChaGPTの左上の「GPTsを探索する」をクリック。

次に、「Canva」と入力します。入力すると、下に検索結果が出てくるので、Canvaをクリックします。

Canvaを選択し、このような画面になればCanva GPTを利用可能です。

Canvaは、非常に人気があるGPTsなので、ランキング上位に表示されています。そのため、Canvaと入力せず、下のランキングから選択する方が簡単です。

2024年2月5日時点では、Canvaはランキング1位でした。

Canva GPTの機能

ここでは、Canva GPTの2つの機能について紹介します。Canva GPTに何ができるのか聞いてみました。

このツールは、ポスターやSNSの投稿、ロゴなどのデザイン生成ができるとのことです。それでは、早速使ってみます。

Canvaテンプレートの検索

Canva GPTでテンプレートを検索してもらう場合は、作成したいデザインの内容を具体的に伝えることが重要です。具体的には、「プレゼンテーションのスライド作成」「ライターの名刺を作成」など、詳細に伝えましょう。

「ライターの名刺を作成」をお願いしました。

このように、ライターとわかりやすい名刺のデザインが提案されました。「名刺を作成」のような漠然とした指示だと、自分が作成したいデザインとかけ離れている場合が多いので、具体的に指示を出しましょう。

また、デザインに入れたい文章がある場合は、その内容を入力しましょう。Canvaの編集画面で文字を入力できますが、この時点で伝えておくことで作業を減らせます。

Canvaで編集が可能

Canva GPTで提案されたデザインは、Canvaで編集可能です。画像をクリックすると、自動的にCanvaに移ります。

この画面になったら、編集可能です。Canvaでは、文字の挿入カラーの変更フォント変更ができます。

Canva GPTでは、大まかなデザインを提案してもらい、細かい修正はCanvaで行いましょう。編集が完了したら、右上の共有ボタンからダウンロードを選択すると保存できます。

このように、簡単にCanva GPTを使用することで、名刺やプレゼンテーション、ブログの画像などが簡単に作成できます。

なお、ChatGPT×広告について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【ChatGPT×広告】知らないと損するAI活用事例10選

Canva GPTの評価・類似サービス

Canva GPTの評価はこちらです。

日本語対応対応可能
使う職業デザイナーマーケティング広告イベントプランナー
おすすめ度★★★★★
今後も使いたいか画像をテンプレートから探す手間がなくなり、作業の短縮になる。画像を選択することで、Canvaに自動的に移るので作業を開始しやすい。

Canva GPTを使用することで、テンプレートから画像を探す手間がなくなるため、作業効率が向上します。また、提案された画像はCanvaで編集可能なので、自分のアイデアに合ったデザインを作成できます。

類似サービス​​Logo Creator」の評価はこちらです。

日本語対応対応可能
使う職業デザイナーイベントプランナー広告スタートアップ企業
おすすめ度★★★
今後も使いたいかプロが作成するようなロゴが簡単にできる。文字入力の指示もできるが、スペルミスなどがあるため少し使いづらい。

Logo Creatorは、作成したいデザインを伝えるだけで、プロが作成したようなロゴが作成できます。このツールからの質問に答えることで、ロゴを自動的に生成します。

具体的には、

  1. ロゴの印象について
  2. ロゴのデザインの複雑さについて
  3. カラーの選択
  4. 生成するロゴの数について

この画像は、ロゴの印象についての質問です。

具体的な印象をアルファベットで選択するだけでいいので、簡単です。Logo Creatorは、ロゴに反映される文字はアルファベットのみで、スペルミスがあるため注意が必要です。

なお、最強GPTsの使い方55選について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【ChatGPT「GPTs(GPT Builder)」のおすすめ活用事例一覧】猛者達が開発した最強GPTsの使い方55選

Canva GPTで効率よく画像を作成しよう!

Canva GPTの概要や利用方法、実際に使ってみた内容を紹介しました。このツールは、テンプレートからデザインを探し出し、提案してくれます。そのため、画像を探す手間がなくなり、作業が効率よくなります。

Canva GPTに、指示を出す場合は、内容を具体的にしましょう。例えば、「名刺を作成してください」と指示するよりは、「IT企業の名刺を作成してください」という感じです。

このようにCanva GPTを使用することで、自分のアイデアに合った画像を見つけ出し、編集可能です。ぜひ、GPTsランキング1位のCanva GPTを使用してみてください!

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次