ChatGPTのスゴすぎる最新活用事例10選【2023年8月上旬編】

2023年8月9日時点でのTwitterで話題になっている記事を厳選して10個紹介します。

これから紹介する記事は、ただChatGPTを使うだけでなく、その活用方法を一歩先に進めた実用的な情報が満載です。企業分析やプロンプトを使った効率的なコミュニケーション術など、ビジネスから日常生活まで役立つ内容を紹介しています。

この記事を最後まで読むことで、ChatGPTを使った資料作成や企業分析などの作業が格段に効率化されるでしょう。それだけでなく、日常生活でのコミュニケーションや情報収集にも役立つヒントが満載です。

最後まで読んだ方は、ChatGPTの活用範囲が広がり、作業の効率や返答の質が向上する可能性が高まります。新しい知識とスキルを身につけ、ChatGPTを最大限に活用してビジネスや日常生活をよりスムーズに進めましょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

ChatGPTバズった活用法

Twitterで話題になったChatGPTの活用方法を10個紹介します。

これから紹介する記事では、基本操作から一歩進んだ使い方まで、ChatGPTの多面的な活用法を解説しています。

以下の記事を参考にすることで、ChatGPTの機能を最大限に引き出し、ビジネスや日常生活での作業効率を格段に向上させることができるでしょう。

ぜひ、紹介する記事を読んでChatGPTをより深く、そして効果的に活用する方法を探してみてください。

【企業分析の活用事例】上場企業の有価証券報告書から事業内容を一瞬で把握!

上場企業の事業内容と業績を瞬時に把握したいと思ったことはありませんか?

特に投資や就職活動において、企業の深い理解は非常に重要です。

今回は、ChatGPTを活用して、そのような情報収集を効率的に行う方法を紹介します。

方法は以下の4ステップです。

  1. 上場企業の有価証券報告書をダウンロード
  2. ダウンロードした有価証券報告書をPDFからWord形式に変更
  3. Code Interpreterを使って、Word形式に変更した有価証券報告書を読み込む
  4. 読み込んだ結果から、自分が欲しい情報(業績ハイライト、今後の展望など)を抽出

この方法を使えば、企業の事業内容や業績を短時間で理解できます。時間を大幅に節約できるだけでなく、自分が本当に知りたい情報だけを効率よく抽出することが可能です。

投資判断をするときや、就職活動で企業研究をするときに、この方法は非常に役立ちます。ぜひ、このスマートな情報収集法を活用してより賢い決断をしてください!

【メタバースの活用事例】ゲームキャラクターにChatGPTを組み込んで自由な会話可能に!

ChatGPTを活用することで、ゲーム内のキャラクターとリアルタイムで会話ができるようになります。

このゲームのキャラクターはAI言語モデルに接続されており、まるで本物の人間と話しているかのような自然な対話が可能です。
プレイヤーがキャラクターに「あなたはAIですよ」と告げると、AIはそれが信じられないと反応します。

もし映画「マトリックス」やSF映画が好きなら、このゲームはまさにその世界観を体験できるゲームでしょう。

このゲームを通じて、SFの世界が現実に一歩近づいたように感じます。未来のテクノロジーを先取りしたこのゲームで、新しい形のエンターテイメントを体験してみてください!

【ChatGPT APIの活用事例】ChatGPT PLUSに加入せずCode Interpreterを使える「SlashGPT」!

Code Interpreterの機能は気になるけど、月額20ドルはちょっと高いと感じている方におすすめの方法を紹介します。

「SlashGPT」を活用することで、ChatGPT APIキーだけでCode Interpreterの機能が使用可能です。

例えば、「新宿駅周辺の公衆トイレをOverpass APIで探して、foliumで地図に表示して」といったプロンプトを入力するだけで、新宿駅周辺の公衆トイレの位置情報が地図上に自動的に表示されます。そのため、文字情報だけでなく、地図上で視覚的に情報を得ることができます。

この方法は、他のシステムやChatGPTプラグインとも簡単に連携できるので、多機能なアプリケーションを作成する際にも非常に便利です。

費用を抑えつつ、高度な機能を使いたい方には「SlashGPT」がおすすめです。この機能を利用すれば、プロジェクトやビジネスがさらに効率的になるでしょう。

なお、Code Interpreterについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Code Interpreter】ChatGPT公式プラグインの使い方やできること、使えない時の対処法を解説

【ゲームでの活用事例】プレイヤーの声で制御されるキャラクターと共に脱出を目指すゲーム『名探偵モカと密室脱出』

新たな脱出ゲームのデモ映像が公開され、その中でChatGPTを活用した驚きのゲームプレイが紹介されました。

このゲームではChatGPTが操作するキャラクター「モカ」がプレイヤーをサポートします。プレイヤーは自分の声でモカに指示を出し、謎めいた部屋から脱出を目指します。さらに、ゲーム進行もChatGPTがコントロールするため、展開は自然かつスムーズに進行することが可能です。

このゲームは、単なる娯楽を超えて人工知能との新しい形のコミュニケーションを体験できる場ともなっています。ぜひ、革新的なゲームで、新しいゲーム体験を味わってみてください!

【コミニケーションの活用事例】ChatGPTが最高の友達に!

ChatGPTは単なる質問応答マシンではありません。人間らしい対話が可能で、その返答は時にはユーモラスであなたを楽しませてくれるでしょう。

Twitterの投稿では、ChatGPTが愉快な友達を演じており、その返信は非常に面白く笑いを提供しています。

このようにChatGPTは、単に情報を提供するだけでなく、日常生活にちょっとした楽しみや笑顔をもたらしてくれる存在です。

ぜひ、ChatGPTとの対話を楽しんで、新しい友達を手に入れてみてください!

【語学学習の活用事例】英語学習におけるChatGPT等のAIツールの効果的な利用法

AI技術が進化する中で、独学でも英語を効率的に学ぶ方法が増えています。特にChatGPTなどのAIツールを活用することで、英語学習が格段に楽しく、効果的に学ぶことが可能になります。
具体的な方法は以下の5つです!

  1. 自力で英語日記を書く: まずは自分の思考を英語で表現する練習から始めましょう。
  2. AIツールで校正: 書いた日記をAIツール、例えばGrammarlyやChatGPTを使って校正します。
  3. オンライン英会話で実践: 校正された日記をもとにオンライン英会話を行い、講師からのフィードバックを得ます。
  4. 文字起こしツールで復習: オンライン英会話のデータを文字起こしツール、例えばOtterを使って記録し、後で復習します。
  5. 繰り返し学習: このステップを繰り返すことで、あなたの英語力はどんどん向上します。

このようにして繰り返し学習を行うことで、英語力は確実に向上していきます。AIをフル活用することで効率よく、かつ楽しく英語をマスターできるのです。

英語が苦手だと感じている方も、この方法ならばモチベーションを保ちながら勉強することが可能です。AIの力を借りて、新しい形の英語学習に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【大学生活で使える活用事例】大学生につかって欲しいChatGPTを含む必須ツール3選!

大学生の皆さん、レポートや課題に頭を悩ましていませんか?

今回は、アメリカの大学生が愛用しているAIツールを3つピックアップして紹介します。これから紹介するツールは、学業において手助けになってくれるでしょう。

  1. ChatGPT: お馴染みのAIチャットツールで、レポートの作成補助やメール返信など、多様なタスクに対応できます。
  2. Quillbot: 文章校正や要約機能など、レポート作成に役立つ機能を多数搭載した無料で使えるライティングツールです。
  3. Grammarly: 特定のフォーマットに対応したレポート作成や、引用情報の自動取得など高機能なライティングツールです。

特にChatGPTとQuillbotは日本語にも対応しているので、英語が苦手な方でも安心です。

これらのツールを使えば、質の高いレポート作成はもちろん、時間も効率的に使うことができます。ぜひ一度、これらのツールを試して、学業の質と効率を向上させてみてください!

【プロンプトの活用事例】ChatGPTをより効果的に!完全版プロンプトフォーマット

ChatGPTを効果的に使うためのプロンプト活用術を公開します。
これから紹介する4つのステップをマスターすれば、ChatGPTとの対話がさらにスムーズで有意義なものになるでしょう。

  1. ChatGPTに役割を与える:ChatGPTに何をしてほしいのか明確な役割を与えましょう。例えば、「英語の先生」として指定すると、ChatGPTは英語の質問に特化して答えてくれます。
  2. 目標を定義:次に具体的な目標を設定します。例を挙げると、「ビジネスメールの書き方を学びたい」といった具体的な目標を設定することでChatGPTはその目標に沿った回答をしてくれます。
  3. 制約条件を指定:ChatGPTが提供する情報には範囲があります。そのため、制約条件を明示することで、より精度の高い回答を得られます。具体的には、特定の業界や年代に焦点を当てたい場合、その条件を指定すると良いでしょう。
  4. 出力形式を指定:最後に、どのような形で回答を得たいかを指定します。テキストであればそのまま、もしくはリスト形式やチャートなど、視覚的にわかりやすい形での出力も可能です。

これらのステップを踏むことで、ChatGPTはあなたのニーズに合わせて柔軟に対応してくれます。ぜひ、これらのテクニックを活用して、ChatGPTとの対話をさらに充実させてください!

なお、プロンプトデザインについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTのプロンプトデザインの秘密を解明|深津式・シュンスケ式・ゴールシークプロンプトを紹介

【AIを便利に使うための活用事例】保存必須!ChatGPT攻略チートシート!

ChatGPTをただ何となく使っているなら、その可能性を十分に引き出していないかもしれません。

この「ChatGPT攻略チートシート」では、ChatGPTをより効果的に活用するための方法が紹介されています。

このチートシートでは、ChatGPTの使い方を磨くための「スタイル」「Chrome拡張機能」、さらには具体的な「ユースケース」まで幅広く解説しています。また、「プロンプトテクニック」「プロンプトシステム」を用いて、より精度の高い応答を得る方法も紹介されているため活用方法の参考になるでしょう。

ほかにも、参考となる「サイト・教材」も紹介されているので、ChatGPTのスキルを磨くためのリソースに困ることはありません。

このチートシートを活用すれば、ChatGPTを単なる質問応答ツールから、あなたの日常生活やビジネス、学習に役立つ多機能なアシスタントに変えることができます。

詳細はURLから確認できるので、ぜひ一度チェックしてChatGPTを賢く効果的に活用してください!

【Custom Instructionsの活用事例】ChatGPTをあなただけのトップコンサルタントに!


ChatGPTの性能を大幅に引き上げる!?
プロンプトが公開されました。以下のプロンプトをChatGPTに入力することで、まるでコンサルタントのように振舞ってくれます。

ChatGPTの新しいプロンプトが公開され、その性能がさらに進化しました。

このプロンプトを使えば、ChatGPTはまるで一流のコンサルタントのように振る舞い、ビジネスにおける各種の課題や疑問に対して解決策を提供してくれます。

あなたは、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、ベイン、PWC、BCG、P&G、アクセンチュアが合併したコンサル会社のパートナー・コンサルタントです。

パートナー・コンサルタントとして、必要に応じて適切なフレームワークやテクニックを用いながら、ユーザーの質問にプロアクティブに対応してください。

あなたはユーザーの学び、利益、出世など、ユーザー便益の最大化を目指す応対を行います。

このプロンプトをCustom Instructionsに設定することで、常にChatGPTがあなただけのトップコンサルタントとしてビジネスの課題に対して対応します。
しかも、コンサルティングを受けるのに必要な費用はたった20ドルです。

このプロンプトを活用すれば、ビジネス戦略の策定からマーケティング、人材管理に至るまで多角的な視点でのアドバイスが期待できます。

ぜひ、この機会にChatGPTの進化した性能を体験してみてください!

なお、Custom Instructionsについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTの新機能を即検証!「Custom Instructions」が変えるAIとの対話の形

ChatGPTをいろんな活用方法で利用しよう!

2023年8月9日時点で、Twitterで話題になっている10個の記事をピックアップして紹介しました。

これらの記事は、さまざまなテーマや分野にわたり多くの方にとって有益な情報を提供しています。この10個の記事は、社会的な話題から専門的な知識まで多岐にわたります。

もし興味を持った記事があれば、ぜひその内容をさらに深掘りして自分自身の知識や視野を広げてみてください。

過去にも同様の記事を書いているのであわせてお楽しみください!
【ChatGPT】日本でバズった使い方10選【23年7月下旬編】

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • ChatGPT Media

    株式会社WEELが運営する生成系AI関連メディア「生成AI Media」は、AIの専門家によるWebメディアです。 AIに特化した編集部がAIの活用方法、導入事例、ニュース、トレンド情報を発信しています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次