【ChatGPT×自動車】トヨタにやってほしいAI活用事例10選

この記事では、ChatGPT×自動車 の活用方法について紹介します。
また、自動車だけでなく、幅広い活用事例の紹介記事も書いているので、こちらも合わせてお楽しみいただけると!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

ChatGPTが自動車業界でできること

自動車業界でChatGPTを使うと、次のようなことが実現できます。

  • 車内システムの開発
  • マーケティングの効率化
  • 製造ラインの改善

以下でそれぞれの内容を具体的に説明するので、ぜひ参考にしてみてください!

車内システムの開発

ChtaGPTを自動車業界に活用する動きとして、特に活発なのが車内システムの開発です。すでに中国の吉利銀河(Geely Galaxy)がスマートカー向け対話型AIを開発し、スマートコックピッドに採用すると発表しています。これにより、車内システムの音声操作が可能になるので、ドライバーの利便性や安全性が向上するでしょう。

マーケティングの効率化

ChatGPTは情報の収集や整理が得意で、マーケティング業務の効率化にも活用されています。例えば、「オウンドメディアに掲載するバナーのキャッチコピーを考えてください」など、特定の指示をChatGPTに与えることで業務を効率化できます。

顧客の問い合わせに素早く回答したり、新車紹介用のウェブページを素早く作ることができます。マーケティングを効率化できれば、顧客満足度を向上できるだけでなく、従業員の作業負担を減らせるのが魅力です。

製造ラインの改善

企業によっては、ChatGPTを搭載したAIアシスタントを車の製造ラインに導入しています。主に、AIアシスタントが車の組み立て指示を行ったり、欠陥箇所を指摘して品質を高めたりすることが可能です。また、作業場のレイアウト変更や作業員の教育にも活用できるので、製造ラインの生産性が高まるのは間違いありません

ChatGPTの自動車業界における活用事例10選

ここでは、自動車業界の研究開発・企画・販促・生産のジャンルごとに、活用事例をご紹介します。

一部、ChatGPTへの入力文(プロンプト)も紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

研究開発

車内システムやデータの取得を中心に、研究開発に関する活用事例をご紹介します。

ChatGPTが顧客体験を変える!?DriveCentric社が開発した顧客管理システムを活用した事例!

DriveCentric社は、ChatGPTを搭載したエンゲージメントツールを顧客管理システム(CRM)として1つのプラットフォームにまとめ、自動車業界に提供しています。DriveCentric社のシステムを導入した自動車ディーラーは、主に顧客の問い合わせ対応に活用し、正確かつ迅速な返答を行うことで顧客満足度の向上を実現させました。また、顧客対応をAIが代わりに行うことにより、作業員の時間とコストを節約することにも成功しています

スマートカー開発

中国のインターネットサービス会社バイドゥは、2023年3月16日にスマートカー向け対話型AI「文心一言」を発表しました。それを見た多くの中国自動車メーカーは文心一言と提携する動きをみせています。

なかでも、自動車メーカーの吉利汽車は最新ブランド「吉利銀河(Geely Galaxy)」のスマートコックピッドに「文心一言」を採用するとのことです。これにより、車内システムの音声操作が可能になるので、車のスマート化が進んでいくことでしょう。

参考記事:ChatGPTに続け。自動車分野に特化したDriveGPT3つの能力とは?

運転の自動化

近年自動車業界では、自動ブレーキや衝突警告機能など、AIを使ったさまざまな機能を車に導入しています。そして車のスマート化を促進するものとして、最近特に注目を受けているのが、中国で自動運転技術の開発を進める毫末智行(HAOMO)が開発した「DriveGPT(雪湖・海若)」です。

このDriveGPT(雪湖・海若)は、50万以上のドライブシミュレーションを記録しており、記録しているデータのなかから未来に発生するあらゆるシチュエーションを想定しながら、安全かつ効率的な運転操作を取捨選択する性質があります。よって、DriveGPT(雪湖・海若)を備えた自動車が普及すれば、運転の自動化が加速することでしょう。

参考記事:ChatGPTに続け。自動車分野に特化したDriveGPT3つの能力とは?

二酸化炭素排出量の軽減

ChatGPTの技術は、自動車業界の永遠の課題とも言える環境保全問題の解決にも役立つとされています。ChatGPTを活用すれば、リアルタイムの二酸化炭素排出量や燃料消費量などのデータを取得できます。

取得したデータを基に燃料消費効率の良い車を生産し、社会全体で使用している車の燃料消費効率が高まれば、二酸化炭素排出量を軽減することに繋がります。

参考記事:ChatGPT’s 6 Potential Use Cases in the Automobile Industry

企画・販促

ここでは、販促用のウェブサイト作成やマーケティングにChatGPTを活かし、顧客体験を向上させた活用事例をご紹介します。

AI車内機能を搭載

高級車の代表メーカーとも言える「メルセデス・ベンツ」は、車内機能にChatGPTを導入する動きを見せています。同社が2023年6月15日に行った発表によると、米国市場向け90万台以上の車両を対象に、MBUXの音声アシスタント機能にChatGPTを試験導入するとのことです。

これにより、冷暖房のオンオフを音声で切り替えられるほか、天気予報や目的地の情報を音声でチェックできるようになるので、運転者がよそ見をする機会が減ると考えられます。

参考記事:「ベンツ」が車内システムに「ChatGPT」を導入予定

自動車業界で話題沸騰!ChatGPTでカスタマーサービスが劇的進化?

ChatGPTは、顧客のエンゲージメントとリード獲得にも活用できます。DriveCentric社はChatGPTを活用した「Genius A.I.」と「Genius Reply」を開発しました。

Genius A.I.は、DriveCentricのCRMに統合されており、予約スケジュールを立てたり、取引データの保存などを自動化してくれます。

一方、Genius Replyは顧客の質問に答えるチャットボットで営業マン顔負けの対応を行うことが可能です。この2つのAIサービスを活用したことで、DriveCentricはプロセスの自動化に成功しています。リード管理やお問い合わせを効率よく処理できるようになり、顧客満足度だけでなく、販売実績も向上しました。

ウェブサイト作成を効率化

ウェブメディアのコンテンツページを作るのが面倒なときありますよね。そんなときは、ChatGPTを活用して文章を自動生成できます。

例えば、新車の紹介ページを作るとき、スペックや特徴、価格帯、比較情報などのデータを入力するだけ。

例として、「走行性能の高さ・スポーティなデザイン・広いラゲッジスペース・200万〜280万円の価格帯という言葉を入れながらトヨタのカローラスポーツの特徴を紹介して」というプロンプト(指示文)を入力してみました。

すると以下のような返答があります。

このように、ChatGPTを活用すれば、ウェブメディアのコンテンツページに使える文章を素早く生成してくれます。ChatGPTの機能をうまく活用しながら、読者が興味を持ってくれる記事作成をなるべく自動化し、重要な仕事に注力するために時間や労力を節約しましょう。

参考記事:HOW AUTO DEALERS CAN USE CHATGPT

広告の文章自動生成

ChatGPTは、SNSやブログをはじめとした、コンテンツ作成に活かすことも可能です。例えば、自動車メーカーであるFiat Chrysler社は、ChatGPTを活用して自社車両の広告を作成しています。

これまでのキャンペーンデータを分析し、顧客の属性に合わせた広告を瞬時に作成しているので、広告制作に時間や費用をあまりかけていません。これはSNSやブログでも同じように活用できるので、ぜひ真似してみてください。

参考記事:How AI Like ChatGPT Could Impact the Way Consumers Buy Cars

カスタマー・エンゲージメントの強化

ChatGPTを活用すれば、顧客がこれまでに購入した車の履歴や好みなどの情報を分析して、より最適な条件を提案することが可能です。顧客は本当に知りたかった情報を知ることができるほか、車を購入するまでにかかる時間も短縮できるので、顧客満足度がさらに高まるでしょう。

また、ChatGPTを活用することにより、提案できる情報やサービスの均一化が図れるので、担当者の経験や勘に頼らない企業運営も可能です。

参考記事:自動車産業とChatGPT、人間の独自性とAI技術の共存はどうあるべきか?

販売体験の向上

ChatGPTを活用すれば、膨大な数のデータを分析して情報を整理できるので、個人に合わせた販売ができるようになります。車種やオプションの選択肢を最初から絞ることができるので、顧客としても選択肢の多さでストレスを感じることがありません。顧客体験を向上させられるため、最終的には会社の利益向上にも繋がります。

参考記事:ChatGPT’s 6 Potential Use Cases in the Automobile Industry

生産

ここでは、車の組み立てラインの効率化や品質向上に関する活用事例をご紹介します。

組み立てラインの生産性向上

ChatGPTは、車を製造する工場の組み立てラインにも活用されています。主に作業員のデジタルアシスタントとして、車を組み立てる際の指示を行っているほか、問題が起きた際はトラブルシューティングもできるので安心です。これにより、人為的ミスの軽減や生産性の向上が期待できます。

製造工程の効率化

ChatGPTを搭載したAI機器を導入することで、生産体制のボトルネックを特定できるため、組み立てレイアウトの改善案を提案することも可能です。製造工程を最適化できるので、生産性の向上が期待できます。また、組み立て作業に慣れていない作業員に対して、AIが的確な指示を与えて組み立てをアシストすることもできるので、組み立て技術を従来よりも早く取得できるようになるでしょう。

参考記事:Manufacturing

クオリティー管理

ChatGPTを搭載したAI機器に、カメラやセンサーのデータを分析させることで、欠陥箇所をスムーズに特定することが可能です。これは、クオリティー管理を高めることで、リコールの可能性を軽減することに繋がります。そうなれば、顧客満足度が向上し、企業の信頼度が上昇するのは間違いありません。

参考記事:Quality Control

ChatGPTを自動車業界に使う際の注意点とその対策

自動車業界でChatGPTを活用する際の注意点とその対策を3点ご紹介します。

情報漏洩のリスクがある

顧客個人の購入履歴や好みなどのデータを分析する際は、個人情報を漏洩してしまう恐れがあります。それは、ChatGPTが入力された情報を学習のために利用する可能性があるためです。最悪の場合は、不特定多数のChatGPTユーザーに個人情報がさらされてしまうことにもなりかねません。

対策

対策としては、ChatGPTに個人情報や企業の機密情報を入力しないことが大切です。しかし、もしもの場合に備えてChatGPTの設定を切り替えておけば、情報が漏洩してしまうことはありません。

以下で、ChatGPTの設定を切り替える手順を解説します。

まずは、画像赤枠部分の自身のアカウント画像が表示されている項目をクリックします。

設定画面が開かれるので、「Data controls」に選択すると、「Chat history & training」の表示があるのでこれをオフにしてください。

ここまでの手順を完了すると、ChatGPTに入力した情報が学習に利用されなくなります。

顧客への提案・訴求を考える際に活用してみてください。

誤った情報を提示される可能性がある

ChatGPTに質問を投げかけると、誤った情報を提示されることがあり、これを「ハルシネーション」と呼んでいます。特に、ウェブサイトに掲載する文章を生成する際には注意が必要です。誤った情報をそのまま載せてしまうと企業の信用を落としかねません。

対策

ハルシネーションの対策として、ChatGPTの特性を理解し、生成される情報が誤っている可能性があることを理解しておくことが重要です。その上で、ChatGPTで文章を作成した後は、必ず情報の整合性を確かめることが大切です。最初から、ファクトチェックの工程を業務フローに組み込んでおけば、情報の確認を怠る心配がありません。

AIの普及により顧客体験が下がる可能性がある

ChatGPTを搭載したAIなどで顧客対応を行う場合、AIは人間の言語の微妙なニュアンスを汲み取りにくいため、顧客満足度が下がってしまう可能性があります。みなさんが企業のカスタマーセンターに連絡した際に、自動音声が流れた時のことを思い出してみるとわかりやすいかもしれません。

対策

複雑な問題を解決したい場合に限り、人間のカスタマー担当者に繋ぐ仕組みを構築することで、顧客体験が下がるのを防げます。その際も、情報をリサーチする際や簡単な疑問を解決する際はChatGPTを活用してもらうなど、ある程度の線引きを行うのが重要です。最初からカスタマー担当者が対応していては、業務の効率化が進まないので注意しましょう。

ChatGPTを自動車業界で活用しよう!

今回は、自動車業界におけるChatGPTの活用方法や注意点をご紹介しました。

ChatGPTは、主に以下の業務を効率化するのに有効です。

  • 車内システムの開発
  • 顧客対応や提案業務
  • 組み立て作業

まず、ChatGPTを搭載した対話型AIの開発を進めている企業が多く、音声操作の実現による車内システムのスマート化が期待されています。

また、ChatGPTは情報の整理整頓に長けているため、正しい指示を与えれば、顧客対応や提案業務を人の頭で考えるよりも効率的に行えるのは間違いありません。

さらに、工場においては、組み立て手順の指示や欠陥箇所の指摘を行えるAIアシスタントの開発も行われているので、作業の生産性や品質の向上にも役立てられるでしょう。

しかし、ChatGPTには以下のような注意点も存在します。

  • 個人情報が漏洩する可能性がある
  • 情報が誤っている可能性がある
  • 顧客体験が下がることも

個人情報の漏洩リスクはChatGPTの設定を変更すれば、特に心配する必要がありません。一方、ChatGPTはAIである以上、どうしても誤った情報を提示してしまうことがあります。これは、ChatGPTの利用者が情報の整合性をチェックすることで解決が可能です。また、顧客対応をAIが代わることによって、顧客体験が下がる恐れもあるので、問い合わせの種類によっては直接人間のカスタマー担当者に繋ぐ仕組みを整えておくとよいでしょう。

このように、適切な対策を行えば、ChatGPTは自動車業界でも十分役立つので、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Leon Kobayashi

    必ずフォローすべきAIエバンジェリスト(自称) => 元東証一部上場ITコンサル (拙者、早口オタク過ぎて性に合わず退社)<-イマココ 【好きなもの】リコリコ・しゃぶ葉 宜しくおねがいします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次