【Clay】ChatGPT内蔵のAIマーケティングツールで売り上げ2倍!?

clay ai マーケティング ツール chatgpt

皆さん、ClayというAIマーケティングツールはご存知ですか?
AIやデータを活用できるということで、Clayの概要、使い方、実際に使ってみた感想をご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Clayの概要

Clay は、AIを活用したデータドリブンな営業を実現するツールです。
そんなClayの特徴は以下の4つ。

  1. 多様なデータソース: Clayは50以上のデータプロバイダーと連携。LinkedInからTwitter、Yelp、Google マップまで多岐にわたるプラットフォームからデータを収集します。
  2. リアルタイムでのデータ分析: テレワークをしている企業であるか、セキュリティやコンプライアンスを重視しているか(SOC 2準拠など)、ウェブサイトで使用している特定のキーワードなど、多角的なデータポイントを提供します。
  3. AIによる高度なパーソナライズ: OpenAIの技術を活用して、非常に精度の高い各企業へ向けメッセージを生成し、効果的なアウトリーチが可能です。
  4. 効率性と多機能性: 200以上のツールとネイティブに統合。それにより、CRMやメールプラットフォーム、スプレッドシートなどを簡単に更新できます。手動での作業やCSVの管理が不要なため、業務効率が大幅に向上します。

特に、B2Bのスタートアップ営業・マーケティングチームの方はぜひ使うと良いのではないでしょうか?

それでは実際に試してみましょう。
ちなみに14日だけ無料トライアルできるみたいです!

なお、セールスライティング用のAIツールについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【Writesonic】ライターの仕事が爆速で終わる文章生成AIの概要から使い方まで

Clayの料金体系

Clayでは、4つの料金プランを提供しています。
クレジットは、データアクセス時などに消費するポイントのようなものです。

無料プランスターターエクスプローラープロ
価格無料月額$149月額$349月額$800
クレジット1002,00010,00050,000
主な機能CSVエクスポートCSVエクスポート
無制限のテーブル作成
独自のAPIキー使用可能
人物検索上限2,500人
左記(スターター)に加えて
メールツール統合
Webhooks
HTTP API送信
左記(エクスプローラー)に加えて
CRM統合
人物検索上限5,000人
トライアル14日間14日間14日間

Clayの使い方

まずは、ページにアクセスします。

あわせて読みたい
Clay - Scale your most creative outbound ideas Combine 50+ data providers, real-time scraping, and AI to send 1-1 personalized campaigns that book more meetings.

で、Sign Up をクリック。

Googleアカウントでサインアップします。

サインアップできたら、以下のページを適宜入力して「Get Started with Clay」をクリック。

以下のような画面になったら準備は完了です!

次は、実際に使ってみましょう。

なお、法人でChatGPTを使う方法について知りたい方はこちらをご覧ください。
ChatGPT Enterpriseとは?法人用ChatGPTの料金体系や利用方法を徹底解説

Clayを実際に使ってみた

いくつかあるチュートリアルのうち、企業ページにある採用情報の自動取得をやってみます。

企業ページにある採用情報の自動取得

以下のページにあるチュートリアル動画を参考に、試してみます。

あわせて読みたい
Scrape Career Pages Use our LinkedIn enrichments to pull hundreds of data points from a profile.

まずは、以下のようなテーブルを用意します。

Name列に、企業のURLを記入しています。

次に、右上の「Enrich Data」をクリックすると、このような画面になります。

検索窓に「Get sitemap……」と入力して、「Get Sitemap URLs for a Company Website」をクリックします。

すると、画面の右側に設定画面が出てきます。詳細を確認しながら色々いじっていきましょう。

以下は画面右側の設定をズームした画像です。
まずは「Company Domain(企業ドメイン)」が入力されているテーブルの列(今回は、Name列)を選択します。

次は、Keywords(キーワード)を入力します。今回は「jobs」、「careers」などをオプションとして入力しますが、採用活動に関係しそうなキーワードならば何でもOKです。

最後に、「Exact Match on Last Part of URL?」にチェックを入れましょう。
これは、指定したキーワードでURLが終わるものを取得したい場合に使います。

そうすると、先程のキーワードで終わるURLが、それぞれのドメインに対して見つかりました。

次に、Scrape Website という機能を使って、ウェブサイトの情報を取得します。

先程の取得したURLをスクレイピングの対象にするため、
「Get Sitemap……」列のlinks の「0」を選択します。

すると、次のようにページURLが列に書き込まれます。
このURLがスクレイピング対象のURLです。

最後に、「Use AI」という機能を使います。

クリックして、今回は以下のプロンプトを入力します。

I need your help researching companies and seeing whether they offer remote jobs. 
I'm going to give you a body of text. 
Please return "Yes" if they offer remote jobs, or "No" if they do not.
Here is the text:

(日本語訳)
企業をリサーチし、リモートワークを提供しているかどうかを確認するのを手伝ってほしい。
これから本文をお渡しします。
リモートワークを提供している場合は「はい」、提供していない場合は「いいえ」を返してください。
以下が本文です:

さらに、「Here is the text:」以降に、「/」 を使ってScrape website 列のbodyText を指定します。

すると、ChatGPTがプロンプトに沿った回答を出してくれます。

ちなみに日本語のプロンプトを入力した結果はこちらです。

日本語対応していないわけではないですが、精度は英語のほうが良いですね。

なお、多言語翻訳用のAIについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【SeamlessM4t】Metaの多言語翻訳AI、使い方から実践まで徹底解説

AIツールの評価

日本語対応対応
使う職業営業職・マーケッター
オススメ度★★
今後も使いたいかClayは、GUIでデータやAIを扱い、営業活動に利用可能。
表記は基本的に英語であることや、プロンプトの精度(英語>日本語)であることから、積極的に使うメリットは少ないと感じました。
ただし、普段行っているスプレッドシートでの管理以上のことはできるので、気になる場合は試す価値はあり。

投稿者

  • Leon Kobayashi

    必ずフォローすべきAIエバンジェリスト(自称) => 元東証一部上場ITコンサル (拙者、早口オタク過ぎて性に合わず退社)<-イマココ 【好きなもの】リコリコ・しゃぶ葉 宜しくおねがいします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次