生成AIでコスト削減するためには?企業のコスト削減事例や注意点を徹底解説

生成AI コスト 削減

生成AIを社内導入しようと検討している企業は、多いのではないでしょうか。

PwCが公開した「生成AIに関する実態調査2023 秋」というレポートによると、2023年に生成AIを活用している企業は22%、外部向けにサービスを提供していたり、検討している企業まで含めると80%を超えます。これほど多くの企業が関心を持つ理由は、コスト削減や生産性の向上といった明確なメリットがあるからです。

しかし、生成AIには導入する際、情報漏洩などのリスクも伴うため注意が必要です。

この記事では、生成AIを社内に導入するメリットや注意点、導入コストを抑える方法を紹介します。最後まで読んでいただくことで、導入する際の注意点やコストを抑える方法がわかり、費用を抑え安全に生成AIを導入できるようになります。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

社内業務に生成AIを導入するメリット

社内業務に生成AIを導入するメリットを3つ紹介します。生成AIを活用することで、人件費削減人手不足の解消生産性の向上などのメリットがあります。

社内業務に生成AIを導入しようと検討している方は、ぜひ参考にしてください。

人件費削減

生成AIを社内導入すると、人件費の削減に大きなメリットがあります。AI技術は、単純作業や定型的な業務を自動化し、これまで人間が担っていた作業を効率的に代行することが可能です。

例えば、AIチャットボットを導入することで顧客からの問い合わせや社内のFAQに自動的に対応し、従業員はより重要な業務や戦略的な仕事に集中できます。これは、特に人材が不足している業界や分野での解決策になります。

また、人間のように疲労を感じることがないため、AIやRPAを活用することで、一定の業務品質を維持し労働環境を改善することが可能です。

業務の生産性向上

社内業務に生成AIを導入すると、業務の自動化やデータ分析の高速化が実現し、生産性が大幅に向上します。例えば、顧客対応や品質チェック、保守作業などAIが迅速かつ正確に実行することで、従業員は人間にしかできない重要な業務に集中できるようになります。

また、AIは大量のデータを素早く分析し、的確な予測や意思決定をサポートすることでビジネス全体の効率化と精度向上を実現することが可能です。生成AIを社内業務に導入することで、人の手による間違いを減らすことができ、ミスが少なくなります。

その結果、仕事の品質が安定し、生産性が確実に向上します。

生成AIによるアイデアの考案

生成AIを導入することで、新しいアイデアを考案してもらうことが可能です。生成AIは、さまざまなデータを基に新たなアイデアや解決策を提案する能力に優れています。

この技術を活用することで、従業員は創造的なタスクにより集中でき、それまでの単調な作業から解放されるでしょう。また、AIが提示する多様な視点や斬新な方法は、従来の人間だけのブレインストーミングでは考えられなかったような革新的なアイデアを生み出す可能性を秘めています。

これにより、企業のイノベーションの促進や問題解決、質の向上が期待できます。

なお、業務に導入するメリットや注意点について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTの日本企業導入事例をまとめて紹介!業務に導入するメリットや注意点も解説

生成AIを活用したコスト削減事例

ここでは、実際に生成AIを活用しコスト削減を行っている企業について紹介します。業界問わず、さまざまな企業が生成AIを活用し、コスト削減に取り組んでいます。

これから紹介する事例を、ぜひ参考にしてください。

大和証券株式会社

大和証券株式会社は、全社員9,000人を対象に対話型AI「ChatGPT」を導入しました。この導入は、情報漏洩のリスクを回避しつつ業務プロセスを効率化し、コスト削減を実現するための戦略です。

特に、英語での情報収集サポートや資料作成の外部委託にかかる時間と費用を短縮し、各種文書やプログラミング素案の作成を通じて顧客対応や企画立案に充てる時間を増やすことができます。また、広範囲にわたる社員の利用により、新たな活用方法のアイデアも創出されることが期待されます。

大和証券はこれを、金融・資本市場における先駆者として、新技術の導入による社会への価値提供につなげていく方針です。

参考記事:大和証券、対話型AIの「ChatGPT」を導入し全社員約9,000人を対象に利用を開始

日清食品ホールディングス

日清食品ホールディングスは、日本マイクロソフトのAzure OpenAI ServiceとMicrosoft Power Platformを用いて、独自の対話型AI「NIISIN-GPT」を開発しました。このAIは、日清食品グループの約3,600人の社員に公開され、社内情報が外部に漏れないように設計されています。

そのため、社員はセキュリティを重視した環境でAIを安全に使用できます。さらに、「ひよこちゃん」を使ってプライバシーやコンプライアンス、フェイク情報のリスクに対する注意を喚起し、社員リテラシー向上に努めています。

この取り組みにより、日清食品はAI技術をビジネスプロセスに効率良く導入し、コスト削減と業務効率の向上を実現しました。

参考記事:日清食品HD、社員3600人を対象に独自の対話AIを導入‐「ひよこちゃん」が注意喚起

サイバーエージェント

サイバーエージェントは、広告運用の実行スピードを大幅に短縮し、コスト削減を実現するために「ChatGPTオペレーション変革室」を設立しました。この取り組みでは、OpenAI社が開発した「ChatGPT」を活用して、デジタル広告のオペレーションに要する作業時間を効果的に削減しています。

具体的には、広告オペレーションの自動化により、総作業時間の約30%月間約7万時間の削減を目指しています。ChatGPTの適切かつセキュアな活用による効率化は、広告効果の最大化とオペレーション改善に大きく貢献しているのです。

参考記事:ChatGPTで広告運用の実行スピードを大幅短縮する「ChatGPTオペレーション変革室」を設立 ~ 「ChatGPT」を適切かつセキュアに活用することでオペレーション総時間の30%を削減へ ~

生成AIを導入するときの注意点

生成AIを導入する際には、4つの注意点があります。具体的には、情報漏洩ハルシネーションプロンプトインジェクションなどです。これらのリスクは、企業の信頼を失う原因になる可能性があります。

生成AIを導入する際の注意点に対策を行うことで、安全に生成AIを活用できます。ぜひ、参考にしてください。

情報漏洩の対策は必須

生成AIを導入する際、情報漏洩の対策は必須です。なぜなら、生成AIは大量のデータを学習し生成するため、機密情報が混入している場合コンテンツに反映される可能性があるからです。

例えば、社内の機密情報がAIに学習され、生成されたレポートに不用意に含まれることがあります。そのため、生成AIの安全な使用を確保するためには、情報漏洩のリスクに対する対策が不可欠です。

情報漏洩への対策としては、オプトアウト設定を利用し、機密情報が外部に漏れないように設定することが挙げられます。また、生成AIが扱うデータの厳密な管理や従業員への適切な教育も必要です。

ハルシネーションには注意すること

生成AIを導入する際には、ハルシネーションのリスクに注意が必要です。ハルシネーションとは、生成AIが事実とは異なる情報や存在しない関連性を誤って生成する現象のことです。

これは、学習データの偏りや不足、AIの内部構造の複雑さが原因で発生することがあります。そのため、適切なデータセットとモデル構造を選択し、AIの出力を常に検証することが重要です。

また、「グラウンディング」を行うことで、AIが指定された情報源のみに基づいて回答を生成するように設定することもハルシネーションを防ぐ効果的な手段です。AIをビジネスに導入する際は、これらのリスクに対する十分な理解と適切な対策を行いましょう。

プロンプトインジェクションに備える

生成AI導入時には、プロンプトインジェクションというリスクに注意が必要です。プロンプトインジェクションとは、不正な指示をAIに入力され、意図しないまたは誤った情報が生成されるリスクのことです。

このリスクに対処するためには、生成AIの入力を厳格に管理し、不正なプロンプトやコマンドがされないようにする必要があります。これには、入力データの検証や使用するプロンプトの事前検討、信頼できるソースからのデータのみを使用することなどが含まれます。

また、AIの応答を監視し、不審な活動を検知した場合に迅速に対応することも重要です。適切なセキュリティ対策を行うことで、プロンプトインジェクションによるリスクを軽減し、生成AIを安全に活用することが可能になります。

AIを導入するコストも考慮する必要がある

生成AIを導入する際、多額のコストがかかる可能性があるため、慎重に検討しましょう。導入費用はAIの種類規模依頼する作業工程によって大きく異なります。

初期費用だけでなく、開発や検証(PoC)、実装、運用の各工程においても費用が発生します。さらに、人件費やソフトウェア・ハードウェアの費用も必要です。そのため、費用対効果を慎重に計算し、AIを導入するか決めましょう。

導入コストを削減する方法として、補助金制度やアジャイル開発の採用、一部作業を自社で実施するなどがあります。コストを抑えることで、効率的なビジネス運用が可能になります。

なお、生成AIの企業利用・開発のリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

生成AIの導入コストを削減するためには

生成AIの導入コストを削減するためには、2つの方法があります。補助金制度を利用することと、アジャイル開発という手法を活用することです。

この2つの方法について、詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

補助金制度を利用する

生成AI導入コストを削減する効果的な方法の一つは、補助金制度を活用することです。特にAI技術を活用する企業向けに用意された、補助金制度を利用することで、導入コストを大幅に抑えることが可能です。

例えば、ICTイノベーション創出チャレンジプログラムやものづくり補助金などがあります。これらの制度は、生成AIを使った製品やサービスの開発費用をサポートし、補助率や交付額は各プログラムによって異なります。一定の条件を満たすことで補助金を受け取ることが可能です。

これらの制度を活用することで、開発費用の負担を軽減し、技術導入のハードルを下げることが可能になります。

参考記事:ICTイノベーション創出チャレンジプログラム

参考記事:ものづくり補助金

アジャイル開発を選択する

生成AIの導入コストを抑えるには、アジャイル開発という手法が効果的です。アジャイル開発では、プロジェクトを小単位で区切り、短いサイクルでの反復と改善を繰り返しながら進めます。

この方法により、大規模な開発プロジェクトにおけるリスクを最小限に抑え、不具合発生時には早期に対応可能です。また、無駄な開発コストを削減し、効率的にプロジェクトを進行できます。

アジャイル開発は、柔軟性が高く変化に迅速に対応できるため、生成AI導入コスト削減に大きく貢献するでしょう。

生成AIの導入してコスト削減しよう

生成AIの導入することで、コスト削減生産性の向上人手不足の解消などさまざまなメリットがあります。しかし、生成AIを導入する際には注意点も存在します。

具体的には、情報漏洩ハルシネーションプロンプトインジェクションそして生成AIを導入するコストがかかることです。生成AIの導入コストは、補助金制度アジャイル開発を利用することで抑えることが可能です。

生成AIを導入する際の注意点に対策を行い、生成AIを有効活用しましょう。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次