生成AIでクリエイティブ作成する方法!自動生成してくれるおすすめAIツールも紹介

生成AI クリエイティブ 自動生成 おすすめ AIツール

自社の商品を売りだすために広告を配信しようと思っているけど、広告クリエイティブを作るノウハウがない…。とお困りの企業も多いのではないでしょうか。

実は、広告分野においても生成AIが活躍し、生成AIを上手に活用することで広告クリエイティブの制作はもちろん、広告配信効果を高めるサポートも行ってくれるんです。この記事で、広告クリエイティブ制作に役立つ生成AIについて解説します。最後までお読みいただくと広告分野においてどのように生成AIが活躍するかわかるので、ぜひ最後までご覧ください。 

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIの概要

生成AIとは、「ジェネレーティブAI(Generative AI)」とも呼ばれる機械学習モデルの一つで、学習したさまざまなデータをもとに新たなデータを生み出すものです。

生成できるデータも幅広く、業務効率分野からクリエイティブな分野などさまざまな分野で活用されています。

生成AIと従来型AIの違い

従来のAIは、事前に学習させたデータの中から最適な回答を出力する技術で、入力されたデータに対して「Yes」か「No」で出力したり、数値の予測など単一のタスクしか実行することができませんでした。

それに対し生成AIとは、膨大なデータから学習し、新しいデータを生成することが可能で、文章や画像、音楽など、クリエイティブなデータを出力することができるようになりました。

生成AIにできること

生成AIは、プロンプトを入力するだけでさまざまなデータを出力できます。しかし、一括りに生成AIと言ってもそれぞれのモデルで得意分野や生成できるデータは異なります。

代表的なものでいえば、キャッチコピーや文章に強い生成AIだったり、画像の生成や編集の得意な画像生成AI、音楽を作り出すことが得意な音楽生成AIなどがあります。今では多くの生成AIが誕生し、私たちの生活をより良くする便利なツールとして身近な存在となっています。

生成AIなら広告クリエイティブも作れる!

このように、人間よりも高速かつ大量にデータを処理したり、学習データをもとに新たなコンテンツを生み出すことのできる生成AIは、広告分野でも活用することができます。

広告を配信するためには、ターゲットの趣味嗜好や行動パターンなどの分析から、ターゲットの好みやコンセプトを崩さないようなデザインなど、マーケティングスキルに加えてデザインスキルも必要となります。

生成AIが普及した今では、広告分野に特化した生成AIサービスが増えてきているので、専門的なマーケティング、デザインスキルがなくても広告クリエイティブを作ることができます。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

生成AIでクリエイティブを作るメリット

生成AIはさまざまな分野で活躍し、業務効率やアイディア出しなど、私たちの業務をサポートしてくれる頼もしい存在です。そんな生成AIは広告クリエイティブの生成にどのように役立つのでしょうか。

ここでは、広告クリエイティブを生成AIで制作するメリットについて見てみましょう。

業務の効率化・時短ができる

広告クリエイティブを作成するためには、画像の選定やレイアウト設計、キャッチコピーの考案など、考えなければならないことがたくさんあります。これらを一から考えた上で、一つのクリエイティブにまとめあげるには時間がかかるものです。

しかし、生成AIに画像データの収集やキャッチコピーで使えるキーワードを収集させたりすることで、一部業務を効率化することができます。単純作業をAIに置き換えることで、より創造的な業務に専念することが可能となります。

出せる案が大幅に増える

前述の通り、一から広告クリエイティブを制作するには時間がかかります。しかし、生成AIを使えば短時間で大量の広告クリエイティブを作成することが可能です。

もちろん、生成されたクリエイティブで問題なければそのまま利用することも可能ですが、生成されたクリエイティブをもとに試行錯誤を繰り返すことで納得のいくクリエイティブを作ることができるでしょう。

効果的な広告が作れる

より効果的な広告クリエイティブ制作をするためには、「刺さるキャッチコピー」や「目を引くデザイン」など、人間の心理を使うマーケティング、デザインスキルが必要です。そのため、ノウハウのない企業が自社内で効果的な広告クリエイティブを制作するにはハードルが高いでしょう。

しかし、生成AIは膨大なデータの分析や処理が得意なため、過去データから効果的なキャッチコピーの抽出や画像クリエイティブの生成などが可能です。また、顧客層ごとにクリエイティブパターンを生成することもできるので、ノウハウがなくても効果的なクリエイティブを制作することができます。

生成AIでクリエイティブを作るデメリット

これまでの通り、生成AIを活用することで効果的な広告クリエイティブを制作することができます。

しかし、生成されたクリエイティブには思わぬトラブルに繋がるリスクが潜んでいたり、デメリットも存在します。ここでは、生成AIでクリエイティブを作る際のデメリットについて見てみましょう。

著作権&肖像権侵害のリスクがある

生成AIは膨大な過去のデータから分析し処理を行っているため、出力されたクリエイティブが著作権もしくは肖像権を侵害してしまう可能性があります。このようなリスクを回避するために、生成AIが参照したデータや画像の確認は必ず行うようにしましょう。

最悪の場合、裁判まで発展する可能性もあるので著作権・肖像権問題には注意が必要です。

偏見を含むコンテンツが生成される可能性がある

生成AIを使ってクリエイティブを作成する際には著作権や肖像権以外にもリスクが潜んでいます。それは、偏見や差別を生んでしまうクリエイティブが生成される可能性があるという点です。

特に人種や性別、社会情勢に関する表現などが生成される場合は、偏見や差別を生むようなクリエイティブになっていないか人の目で細かくチェックする必要があるでしょう。

ツール導入にコストがかかる

生成AIは無料で使うことができるサービスも多いですが、商用利用をするためには基本的に有料版へのアップグレードが必要となるケースがほとんどです。また、広告クリエイティブ作成に特化したAIツールも多く存在しますが、こちらも費用がかかります。

広告配信はすぐに結果が出ないことも多いので、無駄なコストを抑えるためにはどのサービスが最適なのかなど、事前にリサーチすることが大切です。

クリエイティブ作成に使えるAIツール12選!

いざ、クリエイティブ制作のために生成AIを導入しようとしても、どんな生成AIがクリエイティブ制作に向いているかわからないという方も多いと思います。

ここでは、クリエイティブ制作に使えるAIツールを12選をご紹介します。

CXAI

電通グループ4社で共同開発された「CXAI」は、電通グループが長年培ってきたクリエイターのノウハウを搭載した自動生成AIです。 バナー制作はもちろん、多パターン制作やパーソナライズを可能にし、マーケティング効果・精度を高めてくれます。

スクロールできます
開発会社名株式会社電通・株式会社電通デジタル・株式会社電通国際情報サービス・データアーティスト株式会社
特徴広告から販促、広報、問い合わせ対応などさまざまなクリエイティブ表現を自動生成するAIツール
料金要問合せ
サイトhttps://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0518-010378.html

Adobe Sensei

AIと機械学習を活用し、的確なターゲティングからマーケティング効果を向上させることが可能な「Adobe Sensei」。属性や相違点、コンバージョン要因なども学習するため、パーソナライズされたコンテンツやコピーの生成が可能です。

スクロールできます
開発会社名アドビ株式会社
特徴マーケティング効果を最大化させるための分析力とクリエイティブ力が備わったサービス
料金要問合せ
サイトhttps://www.adobe.com/jp/sensei.html

Adnator

数千枚の「勝ちバナー」を学習し、最短3分で数十枚のバナーを生成できる「Adnator」。画像だけではなくキャッチコピーも最新のChatGPTを利用しているため、瞬時に生成が可能です。

現在はアーリーアクセス中のため無料で利用できますが、正式リリースは「Free」「Business」「Enterprise」の3つのプランが用意されています。

スクロールできます
開発会社名株式会社ID Cruise
特徴AI分析に基づく「成果の出る」広告バナーを、わずか3ステップで手軽に作成できるクリエイティブ支援サービス
料金アーリーアクセス期間のため無料※
サイトhttps://www.ad-nator.com/

※2024年1月24日現在

極予測AI

広告クリエイティブに使用する商品画像の撮影をする際には、機材やセット、ロケーションや天候などを考慮しながら撮影を行うため、時間や費用がどうしてもかかってしまいます。

そんな悩みを解決してくれるのが「極予測AI」です。セットなどを用意しなくてもあらゆるシチュエーションと商品画像を組み合わせることが可能です。さらに、生成した商品画像と効果予測AIを活用してより良い商品画像を作成することができます。

スクロールできます
開発会社名株式会社サイバーエージェント
特徴生成AIを活用した広告効果の高い商品画像の自動生成機能
料金要問合せ
サイトhttps://www.ad-nator.com/

cre8tiveAI

デザイナーはもちろん、デザイナーではない人でも写真やイラスト、動画等の編集などを簡単かつ高速に行うことができるプラットフォームの「cre8tiveAI」。

ドラック&ドロップで写真やイラスト、動画をアップロードするだけでAIが自動で処理を行うため、デザインの専門知識がなくてもデザイナーのような作業が可能となります。

スクロールできます
開発会社名株式会社ラディウス・ファイブ
特徴画像・動画の編集加工や素材の生成を行えるAIツール
料金エントリープラン:無料
ライトプラン:4,800円/月
スタンダードプラン:9,800円/月
サイトhttps://ja.cre8tiveai.com/

P-MAX

Googleが提供する「P-MAX」は、Google検索やYotube、GoogleマップなどのGoogleの全ての広告枠に広告を配信できるサービスです。コンバージョン目標、予算、アセットを設定しておけば、Google独自のAIによって効果的に広告を配信することができます。

また、2023年5月には生成AI機能も搭載されることが発表され、2023年11月からアメリカでベータ版の運用が始まりました。この機能を使えば、簡単に広告クリエイティブの作成が可能になります。

スクロールできます
開発会社名Google
特徴クリエイティブの作成、1つのキャンペーンでGoogleの全ての広告枠に広告を配信できるサービス
料金無料
サイトhttps://support.google.com/google-ads/answer/10724817?sjid=12863135519853182152-AP

Odd-AI Creation

過去の膨大な運用型広告の配信実績をもとに、ディープラーニングを活用し効果的な広告クリエイティブの要素を可視化、分析機能を搭載した「Odd-AI」を独自に開発。この「Odd-AI」を活用して最適な広告クリエイティブを制作できます。

また、SOUNDRAW株式会社と共同で動画広告の配信効果の向上に寄与するBGMをAIが自動生成する「Odd-AI Sound」を開発。さらにはLP制作ができる「Odd-AI LP」も開発され、幅広い分野で広告効果を高めることができます。

スクロールできます
開発会社名株式会社セプテーニ
特徴「Odd-AI」技術を活用し、広告クリエイティブ、LP、BGMの制作ができるサービス
料金要問合せ
サイトhttps://www.septeni-holdings.co.jp/news/release/2023/12013638.html

H-AI TD GENERATOR

LPのURLと打ち出したいキーワードを入力し、見出し文/説明文をチェックボックスから選択することでLPの内容とキーワードを反映した広告文を生成・管理することができる「H-AI TD GENERATOR」。

先行実証運用アカウントでは、H-AI TD GENERATORを導入したことによってCVRが約2倍という結果もでており、広告効果を向上させることができます。

スクロールできます
開発会社名ソウルドアウト株式会社
特徴広告文自動生成AIを用いてweb広告の広告文をキーワードごとに大量に生成することが可能なツール
料金要問合せ
サイトhttps://www.sold-out.co.jp/news/topic_20230125

クリエイティブAI

クリエイティブAIは膨大なデータからのディープランニングにより、単語や文章、画像の特徴などの知識を習得しました。それにより、単語や文章、画像データを入力することで、文章や連想語、ワード生成などができます。

また、オノマトペが生成できるという点もポイントです。オノマトペを広告クリエイティブに上手に使うことで表現力が上がり、購買意欲を高めることができます。

スクロールできます
開発会社名感性AI株式会社
特徴単語や文章、写真など入力情報の抽象的イメージから、単語や文章、オノマトペの自動生成や連想語の提案
料金要問合せ
サイトhttps://www.kansei-ai.com/technologies-creativeai

CRAIS for Text

「CRAIS for Text」はChatGPTと25年以上デジタルマーケティングに携わってきたオプトの知見をもとにしたAI効果予測を活用したサービスです。

ChatGPTで広告テキストを作成した後、AIによる効果予測を行います。その後は、業界理解の深いコンサルタントによるテキストの厳選が行われるため、ニーズに合わせた広告配信が可能です。

スクロールできます
開発会社名株式会社オプト
特徴AI効果予測を活用した効果的な広告テキストの作成
料金要問合せ
サイトhttps://www.opt.ne.jp/news/pr/detail/id=5236

Midjourney

Discordを利用して、テキストから画像を制作する生成AIの「Midjourney」は、有料プランに加入することで商用利用が可能となるので、広告クリエイティブ用の画像作成ツールとしておすすめです。

なお、Midjourneyについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

Midjourneyとは?使い方や料金体系、作りたい画像を作るためのコツを紹介

スクロールできます
開発会社名Midjourney
特徴Discordのみで利用可能で、プロンプトは英語入力が必要
料金ベーシックプラン:10ドル /月、96ドル /年
スタンダードプラン:30ドル /月、288ドル  /年
プロプラン:60ドル  /月、576ドル /年
メガプラン:120ドル/月、1152ドル/年
サイトhttps://www.midjourney.com/home?callbackUrl=%2Fexplore

Stable Diffusion

「Stable Diffusion」もMidjourneyと同じくテキストから画像を生成したり、入力された画像をもとに新しい構成で絵を生み出す技術です。こちらは、ブラウザやローカル環境で使用できるため、Discordを使いたくないという方にはおすすめです。

なお、Stable Diffusionについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

Stable Diffusionとは?ローカル・ブラウザでの使い方やモデルのインストール方法を解説

スクロールできます
開発会社名Stability AI
特徴無料で利用できて、生成した画像は商用利用可能
料金ブラウザ版:サイトにより変動あり。
ローカル版:無料
サイトhttps://ja.stability.ai/stable-diffusion

生成AIを利用して訴求力を向上させよう

生成AIはさまざまな面で私たちをサポートし、いろんなアイディアをくれます。広告分野においては、効果的なクリエイティブやユーザーの行動パターンなど数値化できている部分も多いですが、正解はありません。

もちろん、過去の成功事例をベースに考えることは重要ですが、そのなかに新たなアイディアを盛り込むことで、より訴求力の高いクリエイティブが完成します。

生成AIの活用は、さまざまな方面からの可能性を見出し、より訴求力の高い広告クリエイティブを作るヒントをくれる存在となるのではないでしょうか。

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次