【Dreamore】夢を解釈するAI。生成AIが夢の内容をもとに精神分析をしたり、夢の画像を作ったりするアプリ

Dreamore 生成AI 夢 画像生成

ココ・チェン氏は、米国のベンチャーキャピタル会社アンドリーセン・ホロウィッツ社が提供する開発支援プログラム「スピードラン」に選出され、AIを用いたスピリチュアルヘルスプラットフォーム「Dreamore」を創設しました。Dreamoreを開発する以前、ココ・チェン氏はTikTok、Tinder、Uberで働いた経歴を有しています。

Dreamoreは、ユーザーが入力した夢の内容に基づき、生成AIが夢分析とアートを提供するアプリ。ユーザーが夢日記をつけたり、匿名コミュニティで夢について話し合ったりすることも可能です。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Dreamoreが開発された経緯

新型コロナウイルス流行の際、ココ・チェン氏はアメリカから出国できず、上海にいる家族と離れ離れになったそうです。当時のココ・チェン氏は頻繁に夢を見ていたとのこと。この夢を見ていた時期がキッカケで、様々な夢分析方法を調べるようになり、後々アンドリーセン・ホロウィッツ社とともにDreamoreを創設することに繋がったようです。

Dreamoreでは、ユーザーが入力した夢を解釈するためアプリにChatGPTを統合。さらに夢に関連した画像なども用意したそうです。アプリがProduct Huntに公開された初日、5,000人以上のユーザーが利用し夢を共有しました。

ココ・チェン氏たちが実施した調査によると、大多数のユーザーは悩みに直面しており、その内30%は自己理解を深めたいと考えている人々だったそうです。

なお、ChatGPT搭載ツールの作り方について知りたい方はこちらをご覧ください。
【ChatGPT搭載】自社専用ボットの作り方3選!徹底検証

健康におけるAIの可能性

Dreamoreが提供する夢分析は臨床心理療法の代替品ではありません。しかし、生成AIによる分析は、ユーザーが自身の感情および精神状態を理解する貴重なデータになると、ココ・チェン氏は述べています。

また、ココ・チェン氏は、戦争や紛争の夢を見ると話すウクライナ人のように、精神的苦痛を経験している人々にとって、Dreamoreは特に重要である、ともコメント。今後、Dreamoreは、そうした精神的な苦痛を抱いている人を助けるツールになることを目指していくそうです。

中国と米国におけるアプリの違い

「Cece」など、中国のスピリチュアルヘルスアプリは幅広い機能に対応しているケースが多いのに対し、米国のアプリは特定の機能に焦点を集中させる傾向があります。

Dreamoreは現時点では夢に焦点を当てています。ただ、ココ・チェン氏は今後、中国のアプリからインスピレーションを得たゲーム要素を組み込むことで、ユーザーのエンゲージメントと維持を強化する方法を検討していくようです。

なお、その他の中国発AIツールについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【中国アリババ社のAIツールまとめ】GAFAMを超える中国企業の神生成AIツール10選

ライター所感

夢に関しては世界中で様々な研究が行われていますが、未だに判明していない部分が多いとされています。AIによる夢の分析が、脳科学の発展に繋がる可能性も十分あるでしょう。今後のDreamoreの進展に期待が寄せられます。

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次