【Fooocus】人気1位の最強画像生成AIツール!使い方・インストール方法~実践まで

Fooocus Stable Diffusion 使い方

皆さん、Fooocusという画像生成ツールをご存知ですか?

難しいパラメータの調整は不要。プロンプトを入力したり、作りたい画像スタイルをボタンで選んだりするだけで簡単にハイクオリティ画像が作れますが……

え、ご存知ない?まさかぁ・・・(茶番)

Fooocusは、オフラインでも動くオープンソースツール。いわば、Stable Diffusion とMidjourneyのいいところを選りすぐったツールなのに……
ということで、概要、導入、実際に使ってみた感想についてまとめています。

この記事を最後まで読むと、専門知識がないあなたでもAI絵師になれるかもです!

ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Fooocusの概要

Fooocusは、オフラインで動作するオープンソース(無料)の画像生成ソフトウェアです。難しいパラメータの調整の設定などは、システム内部で自動的に設定してくれるため、プロンプトの入力をするだけでハイクオリティな画像が作れるという優れもの。

GitHub
GitHub - lllyasviel/Fooocus: Focus on prompting and generating Focus on prompting and generating. Contribute to lllyasviel/Fooocus development by creating an account on GitHub.

というのも、Stable DiffusionとMidjourneyという有名な画像生成ツールのいいとこどりをしているから。

その機能の素晴らしさが好評で、Github Trendingでは1位を獲得しています。

参照:https://github.com/trending

そんなFooocusとStable Diffusion、Midjourneyとの違いはこちら!

ツールFooocusStable Diffusion Web UIMidjourney
料金体系無料無料有料
操作難易度
特徴SDXLを手軽に使えるデファクトスタンダード専門知識不要
UIブラウザ(ローカル)ブラウザ(ローカル)Discordによるチャット
LoRA⚪︎⚪︎×
画像メタデータの匿名化⚪︎×

Stable Diffusion は、初めて使う方には操作が少しむずかしいです。
使いたいモデルをダウンロードしたり、細かいパラメータの調整など知らないと使いにくいところが多々あります。

一方で、Midjourneyは、操作は簡単ですが有料です。ずっと画像生成したいけど金銭的な制約が……という感じです。

この悩みを解決してくれたのが、操作が簡単な上に無料で使用できるFooocusというわけですね。

ただ、modelのステップ数の変更やControlNetが利用できないなどの制約もあり、がっつり画像生成を使いたいという方には向いていないです。
また、これらのできない事をできるようにした、Fooocus-MREという派生ツールも開発されており、よりがっつり本格的な画像生成がしたい方は、こちらを使ってみるといいかもしれません。

なお、AIインフルエンサーの開発方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIインフルエンサーの作り方とは?無料で売れっ子AIモデルを作る方法

Fooocusの料金体系

Fooocusはオープンソースのため、無料です。

ただし、Google Colab Proで動かす場合は月額1,179円Google Colab Proは月額5,767円 かかります。

それでは導入方法をみていきましょう。

Fooocusの導入方法

Google Colab環境とローカル環境へのインストールの2つがあります。

Google Colab

公式が以下のGoogle Colabを共有してくれていますので、そちらを使います。

あわせて読みたい

実行すると以下のようなURLが出てくるのでクリックする

立ち上がりましたー!!

ローカル環境

ローカル環境に導入する方法は非常に簡単で、まず以下のGitHubページにアクセスします。

参考ページ:Fooocus: Focus on prompting and generating

アクセスして、Downloadの見出しにいくと、各OSでのインストール方法が記載されています。

Windows

Windowsにインストールする際は、ディレクトリをダウンロードして、run.batというバッチファイルを起動するだけです。

参照:https://github.com/lllyasviel/Fooocus

Linux

Linuxにインストールする際は、Anacondaを使用する方法が最も簡単です。

以下のコードを実行し、ディレクトリのクローンと仮想環境の設定を行います。

git clone https://github.com/lllyasviel/Fooocus.git

cd Fooocus

conda env create -f environment.yaml

conda activate fooocus

pip install pygit2==1.12.2

続いて、以下のコードを実行することで、モデルを自動的にインストールします。

conda activate fooocus

python entry_with_update.py

これで完了です。どちらも非常に簡単ですね!

ちなみにシステム要件として、4GB以上のNvidia GPUが必要です。

そのため、アップルシリコンのMacBookでは動かないのでご注意を。

なお、超高速で画像を出力できる生成AIついて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【StreamDiffusion】世界最速!?のスピードで画像を出力する超高速画像生成AIの使い方から実践まで

Fooocusを実際に使ってみた

ひとまず無難に、以下のようなプロンプトを入力しGenerateをクリック!

Japanese Cute Girl,Black long hair

サンプリング回数は、デフォルトだと30回。
2枚の画像を作ってくれるみたいですねー。

生成が完了しました!

1枚目

2枚目

FooocusのAdvanced機能を検証

ここからは、ページ下にあるAdvancedにチェックを入れて機能を検証していきます。

ひとまずSettingタブ上で、以下のように設定しGenerate。

  • Performance をQuality
  • ネガティブプロンプトに、worst quality,ugly
  • Randomのチェックを外す

スピードよりもクオリティを優先したので、サンプリング回数が60回に増えてますねー。

で、出来上がった画像はこんな感じ!

1枚目

2枚目

次は、Styleも選んでみますか!

Fooocus V2 と、Adorable Kawaii(めちゃくちゃかわいい)を選んで作ってみるとこんな感じ。

1枚目

2枚目

アニメ調のめちゃくちゃカワイイのができましたね!

他にもいろいろスタイルがあるので、ぜひ試してみてくださいー!

なお、Stable Diffusionの生成速度を倍にできるツールについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【TensorRT】Stable Diffusion Web UIを倍速にできるNVIDIA製の神AIツール!使い方〜実践まで

Fooocusを使って気軽に画像生成をしよう!

Fooocusは、オフラインで動作するオープンソースの画像生成ソフトウェアです。難しいパラメータの調整せずとも、プロンプトの入力をするだけでハイクオリティな画像が作れるという優れものです。

導入は非常に簡単で、ローカルだけでなくColab上で動作させることもできるため、スペックが足りないという方も気軽に使用することができます。

実際に使ってみると、簡単なプロンプトを入力するだけで、高精細な画像を生成することができ、Advanced機能を使用することで、さらに詳細な設定を行って画像生成を行うことが出来ました。

Fooocusは、非常に簡単な導入と使用感で、画像生成AIをもっと身近にすることをコンセプトにしているので、初めて画像生成AIを使う方にはぴったりのツールだと思います!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次