【Forefront AI】GPT-4やClaude 2、人気LLMをまとめて格安利用できるAIサービス

Forefront AI GPT-4 Claude-2 AIサービス

皆さんは、ForefrontAIというサービスをご存じですか?

このサービスは、GPT-4やClaude2などをタスクに応じて選択して使用できるサービスで、オリジナルのLLMでは対応していないファイルの読み込みや画像生成もすることができるんです。

そのため当然注目度も高く、現在なんと150万人以上に利用されています!

今回は、ForefrontAIの概要や料金体系、実際に使ってみた感想をお伝えします。

是非最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

ForefrontAIの概要

ForefrontAIは、GPT4などの強力なモデルを選択して、ファイルの読み込み、インターネットの閲覧、アシスタントのカスタマイズ、チャットの共有などを行うことができるAIアシスタントを提供しています。

また、無料プランも提供されており、利用制限があるものの、GPT-3.5とClaude Instantを使用することができます。

そんなForefrontAIの主な機能は、以下の7つです。

モデルの選択:GPT-4、GPT-3.5、Claude 2、Claude Instantなど、タスクに応じて適切なモデルを選択できます。
ファイルの入力:PDF、Word文書、Powerpointなどの入力に対応し、その内容の質問に答えることができます。
インターネットの閲覧:モデルにリアルタイムの情報やイベントへのアクセスを許可することで、最新の情報を取得できます。
データ入力:CSVファイルをアップロードして、データをフィルタリング、可視化、分析することができます。
画像入力:画像をアップロードして、その内容に基づいてチャットすることができます。
画像の生成:どのモデルでも、テキストから画像を生成できます。
ペルソナ機能:AIアシスタントの人格を、自分の好みに応じて変更できます。

オリジナルのモデルでできない、ファイルの入力や画像の生成が、このForefrontAIを介せば可能になるのは注目すべきポイントですね!

また、ユニークな機能としてペルソナ機能というものがあり、これはAIアシスタントの喋り方などの人格を、自分好みのものに変更できる機能で、実在の人物やアニメキャラクターなど、あらかじめ用意されたものの中から選択できます。

この機能については後ほど詳しく解説しますが、まずはForefrontAIの料金体系から見ていきましょう!

ForefrontAIの料金体系

ForefrontAIは、Freeプラン、Proプラン、Ultraプラン、Forefront Enterpriseの4つのプランが展開されています。

それぞれのプランの料金と機能を以下の表にまとめました。

項目FreeProUltraForefront Enterprise
料金$0/月$29/月$69/月相談
仕様可能モデルGPT-3.5、Claude InstantGPT-4、GPT-3.5、Claude 2、Claude InstantGPT-4、GPT-3.5、Claude 2、Claude InstantGPT-4、GPT-3.5、Claude 2、Claude Instant
機能GPT-3.5のメッセージ:3時間あたり100メッセージ

Claude Instantのメッセージ:3時間あたり100メッセージ

トークン入力の長さ:4096トークン

インターネット検索:3時間あたり5回

ファイルアップロード:3時間あたり3回
GPT-4のメッセージ:3時間あたり30メッセージ

Claude 2のメッセージ:3時間あたり30メッセージ

GPT-3.5のメッセージ:無制限

Claude Instantのメッセージ:無制限

トークン入力の長さ:100kトークン

インターネット検索:無制限

ファイルアップロード:無制限
GPT-4のメッセージ:3時間あたり70メッセージ

Claude 2のメッセージ:3時間あたり70メッセージ

GPT-3.5のメッセージ:無制限

Claude Instantのメッセージ:無制限

トークン入力の長さ:250kトークン

インターネット検索:無制限

ファイルアップロード:無制限
機能は相談だが、以下のリソースを利用できる

SAML SSO
専用のSlackチャンネル
カスタム請求
エンタープライズ級のセキュリティ
セルフホスティング
サポート

もし、GPT-4しか使わないという人は、ChatGPTの有料プランに加入することをお勧めします。

それでは、実際に使っていきましょう!
今回は、Freeプランで試していきます。

まずは使い方から説明します。

なお、Claude 2について知りたい方はこちらをご覧ください。
Claude 2の日本での使い方解説!料金体系やセキュリティ、ChatGPTとの違いについても解説

ForefrontAIの使い方

まず、以下の公式サイトにアクセスします。
forefront.ai

Sign up for freeをクリックして、アカウント作成を行います。

以下のような画面になるので、任意の方法で作成してください。

入力が完了すると、特にメールなどは来ず、各種設定をしてそのまま利用できるようになります。

設定が完了したら、以下のような画面になります。

各種機能について、分かりやすく表示してみました。

それでは、実際に使っていきましょう!

なお、OpenAI公式の業務アシスタント機能について知りたい方はこちらをご覧ください。
【Assistants API】アプリに超優秀AIアシスタントを埋め込めるOpenAI最新機能を使ってみた

ForefrontAIを実際に使ってみた

まずは、例として用意してあった英文を入力してみます。

ちゃんとGPT-3.5が使えています。

日本語でも試してみました。

当然、日本語でも受け答えできますね。

それでは、問題なく使えることが分かったので、ForefrontAIの推しポイントを検証していきましょう!

ForefrontAIの推しポイントは本当か検証してみた

ここでは、ForefrontAI「インターネット機能」「ファイル入力からのチャット」「CSVファイル入力からのチャット」「画像入力からのチャット」「画像生成」「ペルソナ機能」を検証していきます!

インターネット機能

日本語で、「今日のニュースを教えて」と入力して、インターネットから最新のニュースを持ってこれるか検証します。

結果はこのようになり、エラーが出たと言っていますが、インターネットから最新のニュースが確認できるリンクを取得出来ているので、正常に機能してるといえるでしょう。

ファイル入力からのチャット

ChatGPTに関する論文のPDFファイルを読み込ませて、要約させてみます。

問題なくファイルを読み込めています。要約の精度は、GPT-3.5なのでとても正確です。

CSVファイル入力からのチャット

適当はデータが入ったCSVファイルを読み込ませて、データ分析をさせてみます。

何度か試したのですが、CSVファイルの解析に失敗しました。と出てきてしまいました。

原因は不明ですが、一時的なバグの可能性も考えられます。

画像入力からのチャット

筆者がNExT-GPTというLMMで生成した画像を入力して、その画像の説明をしてもらいます。

画像入力を理解して説明文を出力してくれています。

説明文は、所々怪しい部分もありますが、おおよそ正しく画像を描写できています。

この機能は、オリジナルのGPT-3.5ではできず、GPT-4でもつい最近できるようになったばかりなので、これが無料で使えるのはすごいですよね!

画像生成

「キッチンで音楽を聴きながら踊る猫」というプロンプトを入力し、画像生成をさせてみます。

指示した内容とは違う画像が生成されましたが、ForefrontAIを使えば、無料でGPT-3.5でも画像生成ができることが確認できました。

ペルソナ機能

最後に、ForefrontAI独自の機能であるペルソナ機能を使っていきます。

まず、Assistantsの機能をオンにします。

次に、アシスタントの右にある下矢印をクリックし、Explore assistantsをクリックします。

すると、以下の画面になります。

ここで、100以上のキャラクターの中から好きなものを選んで使用することができます。

どうやら自分でキャラクターを作ることもできるようです。

今回は、日本語に対応しているドラゴンボールの悟空を選択して試してみます。

結果はこのようになり、「おっす!」といった言葉使いや、かめはめ波を見せてくれたりと、AIアシスタントが悟空になりきってくれていて、とても面白いですね!

ただ、一人称をおらにしたり、語尾を悟空っぽくしたりして、もう少し本物に近づけてほしかったですね笑

このように、ForefrontAIは、オリジナルではなかった機能や、独自の機能を搭載しており、用途に合わせて柔軟に使える優秀なサービスだと思います。

なお、ForefrontAI同様に画像入力が可能なLLMについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【LLaVA 1.5】オープンソース版GPT4-Vの使い方~比較レビューまで

ForefrontAIで効率的に生成AIを利用しよう!

ForefrontAIは、GPT4などの強力なモデルを選択して、ファイルの読み込み、インターネットの閲覧、アシスタントのカスタマイズ、画像生成などを行うことができるAIアシスタントを提供しています。

4つのプランがあり、無料プランではGPT-3.5とClaude Instantが利用でき、有料プランでは、それに加えてGPT-4とClaude 2が利用できるようになります。

オリジナルではできないファイル入力や画像生成ができたり、アシスタントの人格を変更できるペルソナ機能など、独自の機能が備わっているのが特徴です。

ただ、有料版の料金は少し高い上、上位のモデルの使用には制限があるため、GPT-4しか使わない方は、ChatGPTの有料版を使用した方が、ほとんど同じ機能を無制限で使えるのでおすすめです。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次