生成AIの法人利用方法10選!法人向け生成AIツールや実際の事例も解説

生成AI 法人利用 AIツール 事例

生成AIがどのように法人利用されているか知っていますか?

生成AIの法人利用には、社内の業務を効率的に行えるようになるなどの多くのメリットがあります。

しかし、生成AIを法人利用したいけれど方法がわからない…という方もいらっしゃいますよね。
そこで、この記事では生成AIを法人利用する方法や企業における活用事例をご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

悩み別に解説!生成AIを法人利用する方法5選

生成AIを法人利用するにあたって問題点がある場合、その悩みを解決できる方法を試すことが大切です。

ここでは、生成AIを法人利用する方法悩み別に解説していきます。

上司が生成AIの利用を許してくれない

生成AIを法人利用したくても上司が許してくれない場合には、社内セミナーを行うのが効果的です。

生成AIの利用を許してくれない理由として、生成AIに関する知識が浅いもしくは偏っているケースが考えられます。
そこで、社内で生成AIに関するセミナーを実施して、生成AIの正しい知識を社内全体で共有しましょう。

生成AIの技術具体的にできること・社内の課題の解決法などを知り、理解を深めることが大切です!

弊社はイベントや個別企業様内でセミナーを行った実績があります!
こちらからご相談ください。

社内の機密情報がOpenAIに学習されないか不安

社内の機密情報がOpenAIに学習されないか不安な場合には、APIを経由してデータを生成すると良いでしょう。

OpenAIは、APIを経由して生成されたデータに関してはAIの学習には使用しません
APIを経由することで、生成AIを法人利用する際にも個人情報や機密情報の漏洩のリスクを低減できます。

そのほかにも、入力したデータをAI学習に使用しない設定に変更することも可能です。

社内のどの業務にAIが使えるか想像できない

社内のどの業務に生成AIを使えるか想像できない場合には、他社の活用事例を調べて自社の状況と照らし合わせてみることが大切です。

例えば、電話対応メールのやり取りスケジュール管理市場調査などに生成AIを活用している企業があります。
生成AIを活用したことによって、業務効率化や顧客のサポート強化に成功している企業が多くありますので、詳しくチェックしてみるのがおすすめです。

また、他社の活用事例を調べるだけでなく、AIサービスを開発している会社に相談するのも良いでしょう。

社内の業務で利用できるほどの回答を出してくれない

生成AIを利用しても社内の業務に活用できるほどの回答がない…という場合には、プロンプトを見直すことで改善する可能性が高いです。

プロンプトとは、生成AIを使用する際の指示文や質問のことを指します。

プロンプトが曖昧だと思ったような回答を得られない場合があります。
反対に、プロンプトがより明確かつ具体的であると、求めている回答を得やすいのです!

弊社では、業務で利用できるプロンプトの作成・提供を行っています。

どのツールやサービスが安全に利用できるかわからない

生成AIを法人利用したいけれどどのツールやサービスが安全なのかわからないという場合には、ツールやサービスの紹介記事から安全性を見極めましょう。

生成AIのツールやサービスは数多くあるため、AIツールやサービスに詳しい外部に相談するのもおすすめです!

専門的な視点からどのツールの利用が最適かを知ることができます。

弊社は生成AI専門のメディアで最新情報を収集・発信しており、最新のAIツール・サービスについてアドバイス可能です。

安全なAIツールやサービスを知りたい方へ、無料相談をご用意しております。

こちらからご連絡をお待ちしております。

なお、生成AIのリスク面について知りたい方はこちらをご覧ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

【手段別】生成AIを法人利用する方法5選

生成AIを法人利用する際には、自社に合った方法を選ぶことが重要です。

生成AIを法人利用する方法はいくつかあるので、一つひとつ詳しく解説していきます!

生成AIをそのまま使う

まずは、生成AIをそのまま利用する方法です。

例えば、OpenAIのChatGPTは文章作成や情報収集などに利用でき、アカウントを作成するだけで導入できます。

簡単に導入可能ですが、利用する際には情報漏洩著作権侵害に注意が必要です。
機密情報は入力しないようにしたりAPIを使用したりすることで、情報漏洩のリスクを低減できます。

また、ChatGPTの回答はインターネット情報をもとに生成されています。
知らないうちに著作権を侵害してしまわないように、生成された文章をそのまま使用するのではなく、確認のプロセスを設けることが重要です。

生成AIをベースにしたSaaSを利用する

生成AIを法人利用する方法として、生成AIをベースとした自社開発または他社が提供するSaaSを活用する方法があります。

自社でSaasを開発する場合と他社が提供するSaaSを利用する場合とでは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

自社開発の場合、コストは高くなりますが、自社の業務に必要な機能を組み込むことができ自由にカスタマイズできる点が魅力です。

一方、他社のSaaSを利用する場合は、安定性には欠けるもののコストを低く抑えられる点がメリットです。

生成AIのAPIを使う

生成AIのAPIを活用することで、社内外からの問い合わせに自動応答できるシステムを構築できます。

また、API経由でコマンドを入力した場合は、テキストデータがAI学習に利用されません
そのため、情報漏洩のリスクを低減する方法として有効です。

しかし、デメリットとしてはAPIの利用にはコストと工数がかかる点が挙げられます。

APIの利用料金は従量課金制で、入力トークンと出力トークンに基づいて計算されます。

OpenAI Playgroundを利用する

OpenAI PlaygroundはChatGPTと同様に文章生成や要約などが可能なツールです。

使用するモデルや出力に制約を設定できるなど、カスタマイズ性の高さが特徴です。
ChatGPTと比べて多くの機能を使用することができ、簡単に導入できます。

しかし、デメリットとしては、セキュリティ面が完全には保障されていない点や自社向けにカスタマイズできない点などが挙げられます。

自社で使いたい機能と照らし合わせて検討してみましょう。

生成AIの法人プランを使用する

生成AIを法人利用する際には、生成AIの法人プランを使用する方法もあります。

例えば、ChatGPT EnterpriseはChatGPTの法人向けのサービスで、法人契約が可能です。

ChatGPT Enterpriseに契約すると、無制限のGPT-4高速なGPT-4の利用などの特別な機能が付属してきます。

ただし、法人プランの利用にはコストがかかるのがデメリットです。費用対効果を考慮して、利用を検討してみましょう!

生成AIの法人活用事例5選

では、実際に生成AIはどのように法人利用されているのでしょうか?

ここでは、生成AIの法人活用事例を5つご紹介します。

江崎グリコ社

江崎グリコ社は創立100周年を迎えた老舗お菓子メーカーです。

2022年に40年ぶりに社長が交代し、AI導入の準備を開始しました。

Allganize Japan株式会社と提携してAIチャットボットを導入し、バックオフィスの業務効率化を進めています。

また、AIを活用したマーケティング強化商品開発の時間短縮など、幅広い分野においてAIを活用した企業戦略を推進しています。

サイバーエージェント

サイバーエージェントはWeb広告事業などを行っている企業です。

ChatGPTを使用してデジタル広告の運用を改善し、月間で約23万時間かかっている広告オペレーションの30%削減を目指しています!

また、新会社として「株式会社 Cyber AI Productions」を設立し、AI3Dグラフィックスバーチャルプロダクションなどの最新技術を活用した広告の企画・制作を行っています。

GMOペパボ

GMOペパボはインターネットサービスを提供している企業です。

GMOペパボでは、ChatGPTなどの生成AIを全社的に活用しています!

例えば、3つのEC関連サービスにおいてChatGPT APIを活用し、商品説明文やSNS集客に利用できる広告文を自動生成する機能を提供しています。

経営者、技術者、広報担当者など幅広い職種において、生成AIを利用しているようです。

Duolingo

Duolingoは、最新の大規模言語モデルであるGPT-4を搭載した「Duolingo Max」を開発しました。

Duolingoは無料語学アプリで、その中でもDuolingo Maxはユーザーの理解度を高める機能や会話スキルを向上させる機能が追加されています。

生成AIを活用することで、アプリを利用する人の語学力向上をより効果的にサポートしているのです!

サービスは最初に米国と一部地域で提供され、英語話者向けにフランス語とスペイン語の学習をサポートします。提供地域と対象言語は今後順次拡大予定です。

キャンプ女子

キャンプ女子は、キャンプコミュニティ「キャンジョ」の運営やキャンプ用品のレンタル・キャンプ場コンサルティングなどを行っている企業です。

ChatGPTを活用することによって、業務の効率化品質向上を実現しました。

例えば、キャンプ場コンサルティングでは新しいキャンプ場プランの提案に、キャンプグッズの開発には顧客ニーズに合った商品の制作にChatGPTを活用しています。

さらにインスタグラムのキャプションやハッシュタグの作成にもChatGPTを使用し、コンテンツの品質向上を図っています。

なお、その他生成AIを活用した仕事ハック術について知りたい方はこちらをご覧ください。
【生成AI×仕事術】職場で神様扱いされる活用事例11選

生成AIを法人利用するためのおすすめツール5選

生成AIを法人使用するにあたって、どのようなツールを利用するかも重要なポイントです。

ここでは、生成AIの法人利用におすすめのツールを5つご紹介します。

ChatGPT

ChatGPTは、2022年11月にOpenAIによってリリースされた対話型AIです。

質問やコマンドを入力すると、まるで人間のようなチャット形式で回答します。正式名称はChat Generative Pre-trained Transformer(文章生成モデル)で、13歳以上のユーザーがアカウントを作成して利用できます。

文章の作成要約業務に役立つ情報の収集などに活用可能です!

幅広い用途に使用されている代表的な生成AIです。

ChatSpot

ChatSpotはHubSpotと連携している会話型のAI搭載チャットボットです。

HubSpotは企業のマーケティングと販売を支援するために設計されているツールで、顧客や売上などを追跡できます。ChatSpotはHubSpotの新製品になります。

チャット形式でコマンドを入力することで、お客様のCRMデータを操作できるツールです。メールの送信情報の取得だけでなく、長文コンテンツの生成にも利用できます。

主にマーケティングや営業に役立つツールです!

Bing AI

Bing AIは、2023年2月にMicrosoftが提供する検索エンジン「Bing」に組み込まれたAI搭載の対話型チャットシステムです。

Bing検索エンジンとOpenAI社の最新言語モデルGPT-4を組み合わせて開発されました。
問題解決能力が高く、整合性のある回答を得やすいのが特徴です。

また、Bing AIでは画像入力に対する文章での回答もできます。

高度なAI検索を無料で利用したいユーザーにおすすめのツールです!

Canva

Canvaはオンラインのグラフィックデザインツールです。

Canvaではデザインテンプレートの使用やカスタマイズなどが可能で、簡単かつ効率的にデザインの作成ができます。

また、上記のようなデザインや画像の編集だけでなく画像生成のツールも提供しているのです!テキストを入力すると高品質な画像を生成でき、さらにその画像の編集もできます

グラフィックデザイナーにはもちろん、幅広いユーザーにとって非常に有用性の高いツールです!

Speechify

Speechifyは音声生成・音声読み上げのツールです。

Google Chromeでテキストを自然な音声に変換し、無料プランでも10分間のナレーションを生成できます。

また、テキストの読み上げも可能で、記事やPDF、電子メールなどあらゆる形式に対応しています。多言語に対応できるため、さまざまな用途に使いやすい点も魅力です。

Speechifyを利用することで違和感の少ない音声を作成できるだけでなく、効率的にコンテンツを読むことができます!

なお、感情表現も可能な読み上げAIについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【EmotiVoice】AIがついに感情を手に入れる。感情表現ができる音声生成AIに実際に喋ってもらった

まとめ

生成AIを法人利用する方法としては、生成AIをそのまま使用する方法生成AIをベースにしたSaaSを利用する方法生成AIのAPIを使う方法などがあります。

生成AIの法人利用にあたって不安な点がある場合は、その悩みに沿って社内セミナーを行ったり他社の活用事例を調査したりすることが有効です!

生成AIの法人活用事例としては、江崎グリコ社やサイバーエージェントの業務効率化Duolingoのアプリ内機能の向上などが挙げられます。

生成AIを法人利用する際には、ChatGPT・ChatSpot・Bing AI・Canva・Speechifyなどのツールの活用がおすすめです!

この記事を参考に、生成AIを法人利用して業務の効率化や品質向上を目指しましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次