生成AI人材育成マニュアル!AI時代に活躍する部下の育成方法

生成AI 人材育成 マニュアル

あなたは、今生成AIに精通している人材の育成に困っていませんか?

MarketsandMarketsによると、AI市場は2030年までに10倍以上になると予測されています。

しかし生成AIのニーズがこれほど高まっているのにもかかわらず、生成AIに詳しい人材は多くありません

生成AI人材がいないとAIを効率的に活用することは難しく、業務の効率化や生産性の向上などに繋げることが難しくなる可能性があります。ライバル会社に差をつけられないためには、生成AI人材を育成することが非常に重要です。

この記事では、生成AI人材育成の方法がわからない、生成AI人材を社内で育成したいという方に向けて、生成AI人材に必要なスキルや会社が注意すべき点などをご紹介します。

最後まで読んだ方は、生成AI人材育成に何が必要なのかを理解でき、実際に生成AI人材の育成に向けて行動を起こすことができます。

ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AI人材が求められている理由

生成AIの進化と普及に伴い、現在ではこの分野で活躍する人材が急速に求められています。

生成AIの市場規模は急速に拡大しており、2022年時点で69億3,000万米ドルだったこの市場は、2030年には10倍以上の728億米ドルに達すると見込まれています。加えて、2023年から2030年までの予測期間で年間35.95%のCAGR(複合年間成長率)が予測されています。

なぜここまで急激な成長を遂げているのでしょうか?それは、生成AIがITや医療、教育など多くの産業で広く利用されているためです。

その証拠に、生成AIを利用したことがあるか約2万人に調査したところ、18%が利用したことがあり、そのうち約38%の方がビジネスシーンで利用していました。

これほどまで生成AIが社会で活用されている現在、生成AIを上手に業務で活用できる「生成AI人材」の確保は急務となっています。

生成AI人材を育成する方法

生成AIはビジネスからエンターテイメントまで、多くの分野で革新をもたらしています。

例えば、最新のエアコンは、人の動きによる体温や室温を検知し自動で温度調整をしてくれます。リモコンの操作をせずに温度調整ができるのは、AIが内部で機能しているからですね。

しかし、生成AIを活用するためには、それに詳しい専門的な人材が必要です。

現在、多くの企業がこの生成AI人材の不足に悩んでいるのではないでしょうか?

ここからは、実際に生成AI人材を効果的に育成するための具体的な方法を3つご紹介します。

生成AIのエキスパートを育て、社内で最大限にAIを活用できるようぜひ参考にしてください!

自分で学習する

まず、今すぐにできる方法は自分で生成AIについて学び、自分が生成AI人材になる。もしくは、その知識を部下に伝えることです。

自分で学習することは、必要なスキルと知識を獲得するための強力な手段です。オンラインには豊富な教材やガイドがあるので、自分のペースで学習を進められることもメリットの1つです。

自分で学習をする場合、まずは基礎からスタートし、段階的に複雑なモデルやアルゴリズムに進む方法がおすすめです。

セミナーに参加する

セミナーやカンファレンスは、新しい知識を吸収し、人脈を広げる最高の場所です。セミナーでは、生成AIのエキスパートが最新の情報や戦略、将来の動きを教えてくれます。

その道のプロフェッショナルから直接学びを得られるため、効率的に学びを深めることができます。さらに、自分だけでは得られない最新の情報や業界の内部の話を聞くことも可能です。

効率良く生成AIについて学びたい、社内全体で生成AIについての知識を深めたい場合は、セミナーが最もおすすめな方法です。

弊社では、生成AIに特化したセミナーを開催しています。
大手の企業様向けにも生成AI活用セミナーを行った実績があり、ご好評をいただいております。

興味がありましたら、ぜひこちらからお問い合わせください。

弊社のセミナー実績はこちら

生成AIの社内勉強会を開催する

会社が生成AIに特化した社内勉強会を開催することは、社員の知識を底上げできるとても効果的な方法です。

ただし、勉強会を成功させるためには、どのような目的で勉強会を開き、どんな内容を教えるのかを事前にしっかりと計画することが重要です。

また、勉強会を行うためには講師となる生成AIに精通した人材が必要になります。
方法としては、社内の生成AIに詳しい人材を呼ぶか、外部の講師に依頼するかのどちらかです。

弊社では社内勉強会の講師の依頼も承っております。
興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。

生成AI時代に通用するPMを育成したい方はこちらをご覧ください。
【生成AI×プロジェクトマネジメント】10年後まで生き残るPMの働き方を紹介

生成AI人材に必須の知識

ここまで、生成AI人材の育成の方法について共有しましたが、そもそも生成AI人材はどのような知識を持っている必要があるのでしょうか?

ここでは、生成AI人材に必須の知識について説明していきます。

生成AIの歴史

まず、生成AIの歴史を学ぶ必要があります。

その理由は、AIの進化と応用範囲を理解することで、現在および未来のビジネスや研究にどのように活用できるかの洞察を得られるからです。生成AIがどのような過程を経て、今日の高度な形に至ったのかを知ることで、AIの能力と限界、さらには次に何が来るのかについての理解が深まります。

例えば、初期の生成AIは単純なテキスト生成が主でしたが、今では画像生成や音声合成、自然言語処理など多岐にわたる用途で活躍しています。このような背景を理解することで、新しい応用例やビジネスモデルのアイデアが湧きやすくなるでしょう。

また、過去の失敗例や成功例を学ぶことで、同じ過ちを繰り返さず、より効率的な開発や運用が可能になると考えられます。

生成AIを使ってできること

次に、「生成AIを使ってできること」を把握している必要があると考えられます。

生成AIは、ビジネスや日常生活に多くの可能性をもたらしています。

特に、ChatGPTのような高度な生成AIは、質問への回答や文章の生成、さらには知識を補完するなど多様なタスクを効率的にこなします。このAIの強みは、自然言語処理の能力が高く、人と同じように自然な会話が可能なところです。

生成AIは、マーケティングや製造業、医療など多くの産業で活用されています。具体的には、製品のレビューやFAQを自動で生成するだけでなく、医療診断レポートまで作成できます。

これを知ることで、社内での具体的な活用方法についてのアイデアを出すことができるようになるでしょう。

生成AIのリスクと対処方法

生成AIのリスクと、その対処方法についての理解は必須です。

生成AIはとても便利なツールですが、その利用には細心の注意が必要です。

よくあるリスクとして挙げられるのは、ハルシネーションと呼ばれる誤情報の拡散です。
これを知らずに生成AIを使うと、クライアントに出す資料に誤情報を載せてしまい、会社の信頼低下に繋がってしまいます。

また、個人情報の漏洩も生成AIのリスクの1つとして挙げられます。
AIが学習する過程で、個人を特定できる情報が含まれている場合、それが外部に漏れる可能性があります。

社内で生成AIを活用する人材であれば、知っておくべき必須の知識と言えます。

国内外問わずの最新のAI情報

国内外問わず、最新のAI情報は押さえておきましょう。

AI(人工知能)の発展は驚くべき速さで進んでおり、世界中で熱い研究が行われています。

毎日のように革新的な技術が開発されており、少しでも目を離すと追いつくのが難しくなってしまいます。

ニュースにキャッチアップするためにおすすめのツールとしてはTwitterが挙げられます。
Twitterは情報収集としては最適な場所で、最も情報が早いプラットフォームと言っても過言ではないでしょう。

Twitterで生成AI関連の情報を集めたい方は、弊社のアカウントがフォローしているインフルエンサーをフォローすれば間違いありません。

その他の方法としては、AI専門のニュースメディアの記事を読むこともおすすめです。

弊社メディアでは、どこよりも早く生成AIについての情報を記事化しております。ぜひ、ご確認ください。

なお、生成AIツール開発の情報について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×開発】AI担当者が気になる生成AIツール開発の情報まとめ

生成AI人材に必須のスキル

生成AIの進化は、新しいスキルを必要としています。経済産業省の報告によると、生成AIを効果的に活用するためには、プロンプトの使い方や戦略的思考、さらには批判的思考力が欠かせません。

ここでは、生成AIを最大限に活用するために必須の5つのスキルをご紹介します。

生成AIを効果的に活用できるよう、ぜひ参考にしてください。

デジタルリテラシー

生成AIを効果的に使うためには、単なる操作スキルだけでなく、デジタルリテラシーが必要になります。

具体的には、倫理的な観点や知識の体系的理解が必要です。倫理的な観点とは、行動や決断において正しいとされる基準に従うことです。一方で、深い知識とは、専門的な理解や広範な情報に基づいて、より賢明な選択をする能力を指します。

AIの普及で業務が効率化される一方、実戦で学ぶ機会が減っているのも事実です。だからこそ、自分で積極的に学ぶ力や、さらにはAIスキルだけでなく社会人としての基本的なスキルも求められます。

要するに、デジタルリテラシーとは、多様なスキルと知識を身につけ持続的に成長するために必要な力と言えます。

プロンプトデザインスキル

生成AIを最大限に活用するためには、プロンプトデザインスキルが欠かせません。プロンプトとは、AIに何をさせるかを指示する言葉や質問のことです。

このスキルがあれば、ChatGPTなどの高度なAIを使ってより正確な結果を出すことが可能です。例えば、文章生成をする際、「100文字以内で文章を書いて」と制限条件を設定すると100文字以内で文章を生成してくれます。

このように明確な指示をAIにすることで、ビジネスや研究での利用の幅が広がるのに加えて、このスキルはAIの答えを人間が理解しやすい形にまとめる役割も果たします。

つまり、プロンプトデザインスキルはAIの力を引き出し、人々にとって使いやすくするための重要なスキルとなるわけです。

問いを立てる力

生成AIの進化で、単純な作業は自動化され、人々はより創造的な仕事に集中できるようになっています。

この変化の中で、「問いを立てる力」が非常に重要なスキルとなっています。なぜなら、生成AIは我々の指示に応じて動くからです。

例えば、マーケティング戦略を考える際に、「消費者が最も価値を感じる商品特性は何か?」という問いを生成AIに投げかけることで、AIは過去の消費者データやレビューを分析し、価値の高い商品特性を特定してくれます。

このように、AIに正確かつ洗練された問いを立てることで、AIの能力を最大限に活用できます。

このスキルは、戦略的な思考や批判的な観察力と並んで、AIを効果的に使うためには非常に重要です。質問をしっかりと立て、その回答を通じて仮説を検証する力が、AIの真の力を引き出します。

人間ならではのクリエイティブなスキル

生成AIの進化で業務が自動化される一方、人々の仕事は創造性が求められる方向へとシフトしつつあります。

AIは確かに効率的ですが、ビジネスの革新や顧客価値の向上には限界があります。ここで重要になるのが「人間ならではのクリエイティブなスキル」です。

人間ならではのクリエイティブなスキルとは、感情や直感、対人関係を理解し活用する能力のことです。具体的には、人の気持ちを理解する・未来のトレンドを感じ取る・表情から人とコミュニケーションを取ることなどを意味しています。

これらのスキルはAIにはまだ手の届かない領域で、人間が持つ独自の価値を高めるスキルとなります。

コーディングスキル

コーディングスキルがあれば、生成AIのカスタマイズや問題解決がスムーズに行えます。さらに、プロンプトの使い方や対話力も向上し、高度な操作が可能です。

例えば、オンラインショッピングサイトでの商品レコメンデーションを自動化したい場合、コーディングスキルを用いて生成AIを特定のユーザー行動や購入履歴に基づいてレコメンデーションを出力するようにカスタマイズできます。

このスキルは、生成AIによる作業の自動化が進む中で、人々の仕事をより創造的な方向へ導く重要な要素となるでしょう。

生成AI人材の育成のために会社が注意すること

生成AIの広がりにより、会社は人材育成の新しい課題に直面しています。この革新的なツールは、業務効率だけでなく、社員のスキルセットにも影響を与えるため、従来のスキルだけでは不十分です。

そのため、会社は社内での継続的な教育と学習の機会を提供することが重要です。例えば、月に一度のスキルアップセミナーを開催したり、オンラインプラットフォームでの自習コースを提供したりすることで、社員が最新の業界知識や技術を身につけられるようになります。

このような環境を作ることで、社員は生成AIを効果的に使いこなすための新しいスキルを習得できます。

会社が最も集中すべき点は、継続的な学習が可能な環境を整え、生成AIの専門家を自社で育てることです。

状況に応じた柔軟性と適応する戦略

デジタル時代に成功するためには、柔軟性と新しい技術や時代の変化にすぐに適応する戦略が求められます。

例を挙げると、スマートフォンが普及して間もないころに、早くからモバイルフレンドリーなウェブサイトやアプリを開発した会社は、多くの顧客を獲得しました。生成AIも同じで、新しい技術が出てきた際には、すぐに対応し戦略を立てる必要があります。

このような事例からもわかるように、柔軟性と適応力はデジタル時代において会社が成功するためには重要な要素になります。新しい技術や市場の変化に迅速かつ効果的に対応できる会社は、競合に先駆けて新しいビジネスチャンスを掴むことができ、持続的な成長と競争力の強化が可能です。

だからこそ、会社は柔軟性を高め、変化に適応する能力を磨くことが大切です。

人材が主体的に学び続けられる環境を整える

社員が自主的にスキルを高めようとするには、会社がサポートする環境が必要です。

その第一歩として、充実した研修や教育プログラムは欠かせません。

しかし、それだけでは不十分で、何より大切なのは社員が自発的に学びたくなるような環境を作ることです。

具体的には、メンタリングや定期的な社内セミナーを開催することです。これにより、社員は新しいスキルや知識を継続的に習得する機会を得られます。また、メンタリングを通じて、経験豊富な社員から直接フィードバックやアドバイスを受けることができるため、個々の成長が促されます。

このように、会社がしっかりと環境を整えることで、社員は積極的に、そして持続的に学び続けることができるのです。

自動化により社会人の経験を蓄積する機会の減少を認識する

自動化技術が進化する中で、社会人が経験を積む機会が減少している現象が見られます。かつては手作業で行われていた業務も、今ではAIやロボットが担当するケースが増加しており、この変化は効率性を高める一方で、新入社員や若手社員が実務で学ぶ機会を奪っています。

例えば、製造業での組み立て作業がロボットによって自動化された結果、新入社員が製品の組み立てに関するスキルやノウハウを身につける機会が減ってしまいました。このような状況は、将来的にスキルの伝承が困難になるという問題も引き起こしています。

しかし、この状況は必ずしも悪いわけではありません。

自動化によって単純作業が減少することで、より高度なスキルや戦略的思考が求められるようになります。そのため、社会人としての成長は変わらず可能ですが、その方向性が変わってきていると言えます。

経験を積む機会が減ることによる影響を最小限に抑えるためには、自ら学びの場を作る姿勢が重要です。

自動化の波に乗り遅れず、逆にその波を利用してスキルを磨くことが求められています。

なお、生成AIのDX推進について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×DX】上司が驚くスピードでDX化が進む方法をご紹介

生成AI人材育成をしよう!

AIの進化で業務は自動化されていますが、それだけではビジネスを革新することはできません。その課題を解決するのが「生成AI人材」です。

生成AI人材は、最新のAI技術を活用して新しい価値を創造する能力を持っており、企業にとって必要不可欠な人材となり得ます。

会社はこのような人材の才能を高めるために、教育と柔軟な職場環境を提供して生成AI人材を育てることが大切です。

この記事を参考に、生成AI人材を育てビジネスの成長を加速させ、会社を次のレベルに引き上げましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次