【AI絵師】画像生成AIによってイラストレーターの仕事がなくなる?

AI絵師 画像生成AI イラストレーター

WEELメディア事業部AIライターの2scです。

昨今、X(旧Twitter)にAI製の美少女イラストを投稿している「AI絵師」と、本職のイラストレーターとの対立が激化しています。

そのなかで画像生成AIがイラストレーターの仕事を奪うかもしれない、という危機感が強まっているのです。例えばお隣の中国ではすでに、イラストレーターの収入がAIのせいで1/10になる、といった事態が起こっています。

当記事では、物議をかもしているAI絵師の問題点や特徴について紹介していきます。

最後までお読みいただくと、イラスト界隈の論争の原因がわかるはずです。ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

AI絵師とは?

「AI絵師」とは、画像生成AIに萌え系のイラストを生成させているクリエイターの総称です。否定的なニュアンスを含むネットスラングで、本来の「絵師」つまり萌え系のイラストレーターと区別する文脈で用いられています。

そんなAI絵師はしばしば、以下のような批判を浴びています。

  • ほぼAI任せなのにクリエイターを名乗るべきではない
  • 有名絵師が努力して編み出した画風を盗んでいる
  • そもそも画像生成AI自体が著作権違反である

X(旧Twitter)や5chのサブカルチャー界隈では、賛否含めてAI絵師に関する論争が繰り広げられている最中です。当記事では論点を明らかにするため、まずこのAI絵師と本来の絵師との違いを紹介していきます。

AI絵師と一般的な絵師の違い

画像生成AIの技術は進歩し続けています。ですのでAI絵師と一般的な絵師とでイラストを比較しても、なかなか見分けがつきません。

ただイラストを世に出すまでの過程は、大きく異なっています。下表のとおり、AI絵師は一般的な絵師が苦労して描き上げるイラストと同等のものを労せず用意してしまうのです。

AI絵師一般的な絵師
用いるツール画像生成AI(DreamStudioやNovelAIが人気)イラスト制作ソフト(CLIP STUDIO PAINTやAdobe Photoshopが人気)
人が行う作業キーボードによるプロンプトの入力だけペンタブレットによる描画&着色、その他レイヤー操作など
作品制作にかかる時間3時間〜1日1日〜1週間
修行期間2,3日程度1年程度

ただ上に挙げた特徴だけなら、まだ技術の進歩として許容できそうです。なにせ一般的な絵師についても、イラスト制作ソフトやペンタブレットといった文明の利器に頼っているといえますよね。

ではなぜ論争が絶えないのでしょうか?次の見出しではAI絵師の問題点を深掘りしていきます。

なお、生成AIによる業務自動化について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×業務効率化】自動化の鬼になれるAIツールを紹介

AI絵師が抱える5つの問題点

ここからはAI絵師の問題点を5つ紹介します。便利なだけではない、画像生成AIのグレーな部分をご覧ください。

人間のイラストが低品質なAIイラストに埋もれてしまう

SNSで人間が描いたイラストを探したい場合、AI絵師の投稿が検索の邪魔をしてしまいます。

現在公開されているAIイラストの多くは、俗に「マスピ顔」と呼ばれる判を押したような画風の作品です。手指の作画や陰影など、細かな粗もまだまだ目立ちます。

そのような決して高品質とはいえないAIイラストが、AI絵師の台頭以降、SNS上にあふれかえっています。結果として、プロのイラストレーターが描いたイラストを探したいのにAIイラストが邪魔で見つからない、といった事態が現在進行形で起きているのです。

参考記事:[pixiv] お知らせ – AI生成に関わる問題と、対応についてご報告

生成したイラストに対して自作発言をするAI絵師もいる

AI絵師の中には、AIに生成させたイラストをあたかも自分で描いたかのように投稿する人もいます。こういった自作発言が、マンガ・イラストの界隈で批判を呼んでいるのです。

もともとマンガ・イラストの界隈は、作品のオリジナリティに対してシビアです。これまでもトレースによる盗作(トレパク)や構図の模倣が、たびたび問題視されてきました。

このような界隈の性質上、AIイラストに対して自作発言をしようものなら批判は免れないということなのです。

一部のAI絵師が人気絵師の絵柄を模倣している

人気絵師にとって自身の画風は、積み上げてきたブランドです。彼らは日夜、練習や研究を重ねて自分だけの画風を確立していきます。

ただそんな努力の結晶をたやすく盗んでしまう、悪質なAI絵師もいます。

画像生成AIは「LoRA学習」といって、人気絵師のイラストを20枚程度学習するだけでその画風の模倣までが可能です。またプロンプトを介して、特定の画風に寄せるような指示ができてしまいます。

当然こういった模倣は、倫理的にグレーな手口です。しかしながら一部の「無法地帯」と呼ばれるサイトでは、特定の人気絵師の絵柄を模倣したモデルが公然と配布されています。

絵師の仕事をAI絵師が奪ってしまうかもしれない

画像生成AIとAI絵師の台頭によって、本来の絵師の仕事が失くなってしまうかもしれません。

実際に中国のゲーム業界では、プロのイラストレーターの代わりに、画像生成AIを起用する事例が増えてきています。

もともと中国のプロイラストレーターは1作品につき、日本円で5〜13万円ほどの報酬を受け取っていました。ですが画像生成AIの台頭以降は、AIが生成したイラストを微修正する仕事を従来の1/10の報酬で受注するほかなくなりつつあるのです。

参考記事:AIが中国で既にイラストレーターの仕事を奪い始めている、現場の悲鳴と実際にどのようにAIが用いられているのかをまとめたレポートが公開 – GIGAZINE

使用する画像生成AIの学習データが著作権に抵触するかもしれない

実は過去の判例で、人気絵師の画風そのものに著作権が適用されたことはありません。ですがAI絵師が著作権的にセーフかどうかは別問題です。

問題となっているのはイラストではなく、彼らが用いる画像生成AIの出自。実は違法にリークされたモデル(Novel AIの海賊版)から派生した画像生成AIが、すでに普及してしまっているのです。

しかもそのなかには他のモデルとの混合が進んだものもあるため、どのモデルがクリーンなのかわからなくなってきています。

参考記事:ASCII.jp:AIの著作権問題が複雑化 (1/4)

なお、生成AIが抱える他のリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

AI絵師やそのイラストの見分け方

ここからはAI絵師が用意するイラストの特徴を紹介していきます。実はAIイラストと人間のイラストとで、絶対的な見分け方はありません。ですが以下の3点に着目すると、ある程度見分けがつくはずです。

手指の作画

AIに生成させた人物イラストではしばしば、手指の作画に下記のようなミスがみられました。

  • 指の本数が多いor少ない
  • 指の曲がる角度がおかしい

ただ日に日に画像生成AIの性能は向上しており、手指の作画ミスが起こりにくくなっているようです。したがってイラストの手指だけ確認してAI絵師だと判別するのは、得策ではありません。

顔まわりの作画

もともとAI絵師の人物イラストは、「マスピ顔」と呼ばれる判を押したような顔をもっていました。これは彼らが用いる画像生成AI・NovelAIで、masterpiece(傑作)と入力した際に出力されたものです。

ただ派生モデルの増加にともない、顔つきに基づくAIイラストの判別は難しくなってきています。とはいえ以下のとおり、まだまだAIイラストでは細部の粗が目立ちます。

  • 黒目や瞳孔が乱雑に塗られている
  • 髪の毛・まつ毛・眉毛の境界が切れたり溶けたりしている
  • 他の部位と比べて、耳の作画だけ簡素になっている

AIイラストを見分けたい場合は、顔まわりに着目してみましょう。

物体の細かな作画

先ほど説明したとおり、AIイラストでは細部に作画ミスが表れます。そのなかでも下記の箇所に作画ミスがあるイラストは、AIイラストの可能性が高くなります。

  • キーボードなど規則的に並ぶ小さな部品
  • 文字

これらの細かな作画ミスは修正が難しいため、AI絵師を見分ける際のヒントとなってくれるでしょう。

AI絵師が使っている画像生成AI

AI絵師が使用する画像生成AIは基本的に、Stability AI社製のStable Diffusionから派生したモデルです。その派生モデルにはさまざまなものがありますが、当記事では代表的なものを2つ紹介します。

NovelAI

NovelAIはアメリカ・Anlatan社発の、文章と画像が生成できるAIサービスです。

そのうち画像生成サービスのほうに、Stable Diffusionから直接派生したモデルが搭載されています。賛否両論ありますが、Novel AIのモデルはキュレーションサイトのDanbooruに転載されたイラストを学習しているため、萌え系の人物イラストに強くなっています。

そんなNovelAIでの画像生成は、以下の有料プランから可能です。

TabletScrollOpus
月々の料金$10$15$25
毎月もらえる画像生成用のポイント(単位はAnlas)1,000 Anlas1,000 Anlas10,000 Anlas
月に生成できる枚数の限界(5 Anlasで1枚)〜200枚〜200枚〜2000枚

ちなみにNovelAIで生成した画像の著作権は制作者に帰属しており、商用利用まで許可されています。

公式サイト:NovelAI

WaifuDiffusion

WaifuDiffusionも、Stable DiffusionにDanbooru上のイラストを学習させた派生モデルです。

こちらは有志によって開発されたオープンソースのモデルですが、NovelAIのリークモデルとは無関係なため法的にクリーンです。グラフィックボードなどの環境さえ用意できれば、無料で使えてしまいます。

公式サイト:hakurei/waifu-diffusion · Hugging Face

なお、Stable Diffsionを使ってAIインフルエンサーを作る方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIインフルエンサーの作り方とは?無料で売れっ子AIモデルを作る方法

「AI絵師がすべて悪」というわけではない

当記事では賛否含めて注目を集めている、AI絵師について紹介しました。AI絵師が批判を集める原因となっている5つの問題点を、もう一度以下に示します。

● 人間のイラストが低品質なAIイラストに埋もれてしまう
● 生成したイラストに対して自作発言をするAI絵師もいる
● 一部のAI絵師が人気絵師の絵柄を模倣している
● 絵師の仕事をAI絵師が奪ってしまうかもしれない
● 使用する画像生成AIの学習データが著作権に抵触するかもしれない

上記をみてみるとAI絵師全員が悪というよりは、AIを悪用する一部のユーザーに非がある、ということが読み取れます。

生成AI自体は革新的な技術です。だからこそ、ユーザー一人ひとりが自制心を持って使っていくべきなのでしょう。

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 2sc

    テクニカルライター 大学時代はアリの生態を研究。 ラボで唯一、Pythonを使ってデータ分析を効率化していた。 現在はライターとして、オウンドメディアや学術記事の執筆に当たっている。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次