無料・有料の生成AI自動議事録作成ツール6選!活用するメリット、ツールの選び方を紹介

生成AI 自動 議事録 作成 ツール メリット ツール 選び方

WEELメディア事業部リサーチャーのいつきです。

さまざまな業務の効率化に役立つ生成AIですが、実は議事録作成にも活用できる生成AIツールが存在します。

この生成AIツールを利用すれば、録音した音声から手入力で議事録を作成したり、会議中に細かなメモを取る必要もありません

しかし、どんなに高性能なAIツールでも、利用料金が高いツールは避けたいと考えている方が多いはずです。

そこで今回の記事では、無料で利用できるものを中心に、おすすめの生成AI議事録自動作成ツールをご紹介します。

最後まで目を通せば、生成AI議事録自動作成ツールの選び方も理解できるので、自社に適したツールを導入できるようになるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AI議事録自動作成ツールとは

生成AI議事録自動作成ツールとは、その名のとおり生成AIが議事録を自動で作成してくれるツールです。音声認識AIが会議中の音声をテキスト化し、議事録として会議の内容をまとめてくれます。

また、生成AI議事録自動作成ツールでできるのは、文字起こしだけではありません。ツールによって異なりますが、発言者を区別する機能や「えー」などの不要な発言を除去する「ケバ取り」の機能を備えているツールも存在します。

なお、生成AI議事録自動作成ツールの料金は、ツールやプラン内容によって異なります。無料で使えるツールはもちろん、有料ツールでも無料トライアル期間を設けているツールもあるので、初めて生成AI議事録自動作成ツールを利用する方は無料のツールから利用してみましょう。

なお、ChatGPT内蔵の議事録作成ツールを詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【超効率化】ChatGPT内蔵の文字起こし・議事録作成できる神ツール

無料の生成AI議事録自動作成ツールのおすすめ3選

生成AI議事録自動作成ツールを無料で利用したい方は、以下3つのツールがおすすめです。

スクロールできます
ツール名ユーザーローカル音声議事録システムNottaGoogleドキュメント
料金プラン無料フリー:無料
プレミアム:1,200円
ビジネス:6,210円
エンタープライズ:要相談
無料
利用時間制限記載なしフリー:120分/月
プレミアム:1,800分/月
ビジネス:2,400分/月
エンタープライズ:カスタマイズ可能
制限記載なし
機能文字起こし
発言者の識別
感情認識
単語出現頻度の整理
議事録のCSVダウンロード
104言語対応
複数デバイス同期可能
画面収録機能
発言者の識別
「音声入力」機能による文字起こし
Google Drive利用時は画像やPDFの文字起こしも可能
公式サイトhttps://voice-dashboard.userlocal.jp/https://www.notta.ai/https://docs.google.com/document/u/0/?hl=ja

なかでも、ユーザーローカル音声議事録システムは無料であるにもかかわらず、便利な機能を多数搭載しています。

以下で、それぞれのツールの詳しい機能を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ユーザーローカル音声議事録システム

項目内容
料金プラン無料
利用時間制限記載なし
機能文字起こし
発言者の識別
感情認識
単語出現頻度の整理
議事録のCSVダウンロード
公式サイトhttps://voice-dashboard.userlocal.jp/

ユーザーローカル音声議事録システムは、株式会社ユーザーローカルが提供している無料の生成AI議事録自動作成ツールです。シンプルでありながらも便利な機能を豊富に備えており、議事録を作成するだけであれば十分な性能といえます。

とくに、無料ツールでは珍しく感情認識や単語出現頻度の整理機能を備えているのがポイント。取引先との商談を記録しておきたい方にも向いています。

利用時間の制限等がなく、料金改定がない限りは永年無料で利用できるので、無料ツールを探している方におすすめです。

Notta

項目内容
料金プランフリー:無料
プレミアム:1,200円
ビジネス:6,210円
エンタープライズ:要相談
利用時間フリー:120分/月
プレミアム:1,800分/月
ビジネス:2,400分/月
エンタープライズ:カスタマイズ可能
機能104言語対応
複数デバイス同期可能
画面収録機能
発言者の識別
公式サイトhttps://www.notta.ai/

Nottaは、104言語に対応した生成AI議事録自動作成ツールです。無料プランが用意されているので、利用時間や機能の制限が気にならなければ、永年無料で利用できます。

また、Zoom・Google Meet・Teamsの3つのツールに対応しているのが特徴。普段利用している会議ツールをそのまま利用できるので、生成AI議事録自動作成ツールを導入する際のハードルを下げられます。

無料プランでも画面収録機能や発言者の識別機能といった便利な機能が使えるため、手軽に議事録作成を効率化したい方は、ぜひ利用してみてください。

Googleドキュメント

項目内容
料金プラン無料
利用時間制限記載なし
機能「音声入力」機能による文字起こし
Goole Drive利用時は画像やPDFの文字起こしも可能
公式サイトhttps://docs.google.com/document/u/0/?hl=ja

Googleドキュメントは、Googleが提供している文書作成ツールです。普段は文書の作成に利用するツールですが、「音声入力」機能を利用すれば、文字起こしができます。

音声入力機能を利用する際は、画面上部の「ツール」をクリックし、音声入力を選択します。

マイクがオンになった後に会議を始め、会議終了後にマイクをオフにしてください。

発言者の識別機能などは搭載されていませんが、普段から慣れ親しんでいるツールで議事録を作成したい方におすすめです。

有料の生成AI議事録自動作成ツールのおすすめ3選

上記でご紹介した無料生成AIツールの機能で満足できない方は、以下3つの有料ツールがおすすめです。

スクロールできます
ツール名AI議事録取れる君AutoMemo SZMEETING
料金プラン個人利用: 980円/月〜
法人利用: 要問い合わせ
本体:19,800円
シングル:44,000円
チーム:264,000円
100時間チャージ買い切り:14,000円
ライセンスS:54,000円(税抜)/年
ライセンスM:156,000円(税抜)/年
ライセンスM:156,000円(税抜)/年
利用時間制限記載なし1年間 使い放題
(100時間チャージ買い切りは100時間)
ライセンスS:120時間/月
ライセンスM:360時間/月
ライセンスM:600時間/月
機能文字起こし
AI自動要約
会議ツールとの連携
翻訳
自動録音
共同編集
ダウンロードと共有
文字起こし
発言者の識別
キーワード検索
テキスト編集
自動録音
ダウンロードと共有
文字起こし
Zoom連携
多言語翻訳
辞書登録
フィラー除去
発言者の識別
公式サイトhttps://aismiley.co.jp/product/alm_ai-minutes/https://automemo.com/https://www.zplatform.ai/

とくに、AI議事録取れる君は料金が比較的安く、利用時間の制限もありません。コスパの良い生成AI議事録自動作成ツールを求めている方におすすめです。

以下で、それぞれのツールを詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

AI議事録取れる君

項目内容
料金プラン個人利用: 980円/月〜
法人利用: 要問い合わせ
利用時間制限記載なし
機能文字起こし
AI自動要約
会議ツールとの連携
翻訳
自動録音
共同編集
ダウンロードと共有
公式サイトhttps://aismiley.co.jp/product/alm_ai-minutes/

AI議事録取れる君は、株式会社ALMが提供している議事録作成サービスです。Zoom・Teams・Google Meetの3つの会議ツールとの連携に対応しており、高精度AIを用いてリアルタイムでの文字起こしを可能にしています。

また、会議終了後は、内容をAIが自動要約してくれるのもポイント。小見出しと箇条書きでわかりやすくまとめてくれますよ!

会議はオンラインと対面のどちらにも対応できるので、性能やコスパで選びたい方はAI議事録取れる君を試してみてください。

AutoMemo S

項目内容
料金プラン本体:19,800円
シングル:44,000円
チーム:264,000円
100時間チャージ買い切り:14,000円
利用時間1年間 使い放題
(100時間チャージ買い切りは100時間)
機能文字起こし
発言者の識別
キーワード検索
テキスト編集
自動録音
ダウンロードと共有
公式サイトhttps://automemo.com/

AutoMemo Sは、ボイスレコーダー型の生成AI議事録自動作成ツールです。Webブラウザへアクセスすることで録音や文字起こしの機能を利用でき、会議データはクラウド上に無制限に保存できます

また、1時間の音声データを約20分でテキスト化できるのが特徴。Open AI社の音声認識モデル「Whisper」を組み込んでおり、文字起こし正解率は98.9%とかなりの精度を発揮します。

ボイスレコーダーなので本体代がかかりますが、手軽に持ち歩ける生成AI議事録自動作成ツールが欲しい方におすすめです。

ZMEETING

項目内容
料金プランライセンスS:54,000円(税抜)/年
ライセンスM:156,000円(税抜)/年
ライセンスM:156,000円(税抜)/年
利用時間ライセンスS:120時間/月
ライセンスM:360時間/月
ライセンスM:600時間/月
機能文字起こし
Zoom連携
多言語翻訳
辞書登録
フィラー除去
発言者の識別
公式サイトhttps://www.zplatform.ai/

ZMEETINGは、国立研究開発法人産業技術総合研究所が提供している生成AI議事録自動作成ツールです。音声認識AIでリアルタイムの文字起こしができるほか、フィラー除去機能まで搭載されているので、「えー」などの余計な言葉を除去できます。

さらに、辞書登録機能が搭載されているのも魅力。業界の専門用語などを登録しておけば、文字起こしのミスが減ります。

アカウント作成は無制限にできるので、多くのユーザーでシェアしたい方はZMEETINGを利用してみてください。

なお、生成AIの法人利用方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの法人利用方法10選!法人向け生成AIツールや実際の事例も解説

生成AI議事録自動作成ツールのメリット

生成AI議事録自動作成ツールを利用するメリットは、以下の3つです。

  • 議事録の作成を効率化できる
  • 会議に無駄がなくなる
  • タスクを自動で作成・共有できる

とくに、議事録の作成を効率化できるのが最大のメリットです。録音した音声を再生しながら、テキストを手入力する必要がなくなります。

以下で、それぞれのメリットを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

議事録の作成を効率化できる

生成AI議事録自動作成ツールを利用すれば、議事録の作成を圧倒的に効率化できます。とくに、リアルタイムで文字起こしする機能が搭載されていれば、会議終了時に議事録が出来上がっているほどです。

また、編集作業を効率化できる点にも注目しましょう。会議中に文字起こしのミスがあった際は瞬時に訂正できるので、会議終了後に編集する必要はほとんどありません。

「えー」などを除去するフィラー除去機能を搭載しているツールもあるので、議事録作成を効率化したい方は、ぜひ生成AI議事録自動作成ツールを利用しましょう。

会議に無駄がなくなる

生成AI議事録自動作成ツールには、会議前にアジェンダやレジュメを作成してメンバーに送付する機能を備えたものがあります。この機能は会議の内容を事前に共有するだけでなく、コメント・事前決裁を得ることもできるので、論点のない話題を事前に解決するのに役立ちます。

このように、論点のない話題をスキップできれば、集中して議論すべき内容のみが残るので会議に無駄がなくなるはずです。普段から会議が間延びしていると感じている方も、ぜひ生成AI議事録自動作成ツールを利用してみてください。

タスクを自動で作成・共有できる

生成AI議事録自動作成ツールには、会議中に特定のキーワードを拾ってタグ付けする機能を搭載したものもリリースされています。たとえば、「今週中にプレゼン資料を作成する」といった発言をAIが認識して「タスク」としてタグ付け可能です。

タスクを自動で作成して共有してくれるので、担当者や期限をメンバー全員に明確化できるのがポイント。期限が近くなったらリマインドし、タスクの実行を促せます。

生成AI議事録自動作成ツールの選び方

生成AI議事録自動作成ツールは、ツールによって料金や機能が異なります

そのため、以下3つの視点をもって選ぶことが大切です。

  • 目的に沿ったツールを選ぶ
  • 音声認識の精度で選ぶ
  • 料金と利用時間のバランスで選ぶ

以下で選び方の詳細を解説していくので、生成AI議事録自動作成ツールの導入後に後悔したくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

目的に沿ったツールを選ぶ

生成AI議事録自動作成ツールは豊富な機能を備えている反面、機能性を追求すればするほど運用コストがかかります。そのため、まずは目的を明確にしたうえで、必要な機能のみを備えているツールを選ぶことが大切です。

そこで、生成AI議事録自動作成ツールを利用する目的を3つのタイプに分けました。

  • 議事録作成だけを効率化できれば十分
  • タスク管理や共有も効率化したい
  • 会議内容を徹底的に分析したい

まず、「議事録作成だけを効率化できれば十分」という方は、文字起こし機能さえ備えていれば問題ありません。機能性が最低限で済むので、無料のツールでも十分なケースがほとんどです。

一方、「タスク管理や共有も効率化したい」という方は、ある程度豊富な機能を備えたツールを選びましょう。無料のツールでは目的を達成できないケースがほとんどなので、有料のツールを選ぶ必要があります。

「会議内容を徹底的に分析したい」という方も同じく有料のツールを選びつつ、会議内容を可視化するための機能が搭載されているかチェックするのがおすすめです。

音声認識の精度で選ぶ

生成AI議事録自動作成ツールは、内臓しているAIのモデルによって音声認識の精度が異なります。精度が低い場合は編集の手間が増えるので、せっかくツールを導入してもあまり意味がありません

よって、生成AI議事録自動作成ツールを選ぶ際は、音声認識の精度にも注目しましょう。当記事で紹介している「AutoMemo S」や「ZMEETING」は、精度がそれぞれ90%を超えているのでおすすめです。

料金と利用時間のバランスで選ぶ

生成AI議事録自動作成ツールによっては、料金プランごとに利用時間の制限が設けられているケースがあります。基本的には1ヶ月あたりの時間数に制限が設けられており、時間が多くなれば料金も高くなる仕組みです。

利用時間が足りなくなることは避けなければなりませんが、逆に利用時間に余裕をもたせて過剰な料金を払うのも好ましくありません。よって、会議の開催頻度や時間から必要な利用時間を割り出し、最適なプランを契約することが大切です。

なお、生成AIで業務を自動化する方法を詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIで自動化する方法!最新の企業成功事例をAIエンジニアが解説

生成AIツールで議事録作成を効率化しよう

議事録作成の手間を軽減したい方は、生成AIツールの導入がおすすめです。生成AIツールで議事録作成を自動化すれば、会議中のメモが最小限で済むので、会議や商談に集中できる効果も期待できます

なお、当記事でご紹介したおすすめのツールをまとめました。

スクロールできます
ツール名ユーザーローカル音声議事録システムNottaGoogleドキュメント
料金プラン無料フリー:無料
プレミアム:1,200円
ビジネス:6,210円
エンタープライズ:要相談
無料
利用時間制限記載なしフリー:120分/月
プレミアム:1,800分/月
ビジネス:2,400分/月
エンタープライズ:カスタマイズ可能
制限記載なし
機能文字起こし
発言者の識別
感情認識
単語出現頻度の整理
議事録のCSVダウンロード
104言語対応
複数デバイス同期可能
画面収録機能
発言者の識別
「音声入力」機能による文字起こし
Goole Drive利用時は画像やPDFの文字起こしも可能
公式サイトhttps://voice-dashboard.userlocal.jp/https://www.notta.ai/https://docs.google.com/document/u/0/?hl=ja

上記3つのツールは、機能に限りがあるものの、無料で利用できるのが魅力です。文字起こしだけなら十分こなせるため、初めて生成AI議事録自動作成ツールを導入する方は、試しに利用してみるとよいでしょう。

一方、機能性の高さを追求するなら、以下3つのツールを検討してみてください。

スクロールできます
ツール名AI議事録取れる君AutoMemo SZMEETING
料金プラン個人利用: 980円/月〜
法人利用: 要問い合わせ
本体:19,800円
シングル:44,000円
チーム:264,000円
100時間チャージ買い切り:14,000円
ライセンスS:54,000円(税抜)/年
ライセンスM:156,000円(税抜)/年
ライセンスM:156,000円(税抜)/年
利用時間制限記載なし1年間 使い放題
(100時間チャージ買い切りは100時間)
ライセンスS:120時間/月
ライセンスM:360時間/月
ライセンスM:600時間/月
機能文字起こし
AI自動要約
会議ツールとの連携
翻訳
自動録音
共同編集
ダウンロードと共有
文字起こし
発言者の識別
キーワード検索
テキスト編集
自動録音
ダウンロードと共有
文字起こし
Zoom連携
多言語翻訳
辞書登録
フィラー除去
発言者の識別
公式サイトhttps://aismiley.co.jp/product/alm_ai-minutes/https://automemo.com/https://www.zplatform.ai/

それぞれメンバーへの共有機能や音声認識の精度が充実しているので、よりハイレベルな文字起こしを求めている方におすすめです。

また、生成AI議事録自動作成ツールを導入する際は、以下3つのメリットがあることも押さえておきましょう。

  • 議事録の作成を効率化できる
  • 会議に無駄がなくなる
  • タスクを自動で作成・共有できる

議事録作成を効率化できるだけでなく、会議自体にも無駄がなくなるので、生産性の高い話し合いができるようになります。普段の会議が間延びしていると感じている方も、導入を検討してみましょう。

なお、生成AI議事録自動作成ツールを選ぶ際は、以下3つのポイントを踏まえたうえで選ぶことが大切です。

  • 目的に沿ったツールを選ぶ
  • 音声認識の精度で選ぶ
  • 料金と利用時間のバランスで選ぶ

会議の頻度や求める機能によって、選ぶべきツールが異なるので、まずは目的や利用時間を明確にしましょう。

本記事でご紹介した生成AI議事録自動作成ツールを参考に、自社に適したツールを導入してみてください。

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • いつき

    高卒6年目にして独立開業した、フリーランスのWebライター。 ChatGPTをはじめ、多くのAIツールを使いこなした経験を基に、AIメディアの記事を執筆中。 複数のWebメディアに在籍し、ライター・ディレクター業務をマルチにこなす。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次