生成AI時代の覇権を握るのはどの企業?主要生成AI企業の関係性や戦略をまとめて徹底解説【前編】

生成AI時代 生成AI企業 戦略 解説

WEELメディア事業部AIライターの2scです。

みなさん、スタートアップ各社の生成AI開発競争の実態をご存知ですか?

もちろんトップランナーはOpenAIなのですが、ライバルたりうる企業が続々と出てきています。

そんな生成AIの市場は戦国時代ともいえる様相で、将来的には17兆円ものお金が動くとの試算まで出ているんです!

そこで当記事では「生成AI戦国時代」と銘打って、主要な生成AI関連企業を紹介していきます。

完読いただくと、各企業のキャラクターが掴めてくるはずです。ぜひ最後までお付き合いください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AI戦国時代の主要プレイヤーを紹介!

ここでは「生成AI戦国時代の主要プレイヤー」と銘打って、積極的にモデルを開発している企業から紹介します。まずは2023年12月時点で最も天下統一に近い、OpenAIとMicorosoftのコンビからみていきましょう!

OpenAI & Microsoftは生成AI界の西軍

OpenAIとMicrosoftは、2023年時点で最も天下統一に近いコンビです。当記事では両者のパートナーシップを「関ヶ原の戦いの西軍」になぞらえて、紹介していきます。

OpenAIの概要

ChatGPTで一躍有名になった「OpenAI」は意外にも、歴史あるスタートアップです。ChatGPTのリリースからさかのぼること7年、2015年にアメリカ・サンフランシスコにてAI専門の非営利研究機関として産声を上げました。

そう、もともとOpenAIはお金もうけを目的としない組織だったのです。そのため設立に携わったメンバーは、起業家というよりは出資者的な立ち位置でした。有名な設立メンバーを挙げると……

サム・アルトマン:現OpenAIのCEO、もともとYコンビネータ代表の敏腕投資家
イーロン・マスク:テスラ & スペースXのCEO、スポンサーとして2018年まで在籍

このようにシリコンバレーの猛者たちが、名を連ねています。

このようにドリームチームと形容するほかないOpenAIは、精力的にAIのモデル開発に取り組んできました。OpenAIが手がけたモデルはというと……

OpenAIの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「GPT」:2018年に初代GPT-1が登場、最新モデルはGPT-4
  • コード生成AI「OpenAI Codex」:現在はGPTに統合されている
  • 画像生成AI「DALL-E」:2022年に初代DALL-E2が登場、最新モデルはDALL-E 3
  • 音声認識モデル「Whisper」:2022年に登場

このように大規模言語モデルや生成AI以外にも、手広く展開しています。

さらにOpenAIは各モデルが使えるサービスもリリースしていて、それがおなじみの……

【OpenAIの生成AI関連サービス】
● 生成AIチャットサービス「ChatGPT」

となります!2022年11月末の公開からわずか2ヶ月で、ユーザー数1億超えを達成したのは記憶に新しいですよね。

そんなOpenAIは2023年時点で、スタートアップ間のモデル開発競争の首位に立っています。まず生成AIに携わるスタートアップ各社の企業価値を示した下のグラフをご覧ください。

引用:https://www.cbinsights.com/research/generative-ai-unicorns-valuations-revenues-headcount/

このようにOpenAIは、2位のAnthropicを大きく引き離して生成AIの開発競争をリードしているのです。まさに天下統一目前、といったところでしょうか。関ヶ原の戦いに例えるなら、豊臣氏ぐらい強力な存在です。

実はこのOpenAIには、心強い後ろ盾まで付いています。次の見出しで、詳しくみていきましょう!

参考記事:生成AIのユニコーン13社に 平均創業3.6年と倍速

Microsoftの概要

生成AIの開発競争をリードするOpenAIの後ろには、世界トップのIT企業「Microsoft」がついています。MicrosoftはOpenAIに対し、なんと100億ドル(日本円にして1.3兆円!)もの投資を行なっているのです。

これには自社のサービスの魅力を生成AIで強化する、というMicrosoftの目論見がありました。まずはOpenAIとの提携で生まれた、Microsoftの製品やサービスの数々をご覧ください。

【Microsoftの生成AI関連サービス】
● 検索エンジン+BingGPT-4 =BingAI Chat」
● Microsoft Ofiice+GPT-4 =「Microsoft 365 Copilot」
● Microsoft Azure+GPT-4 =「Azure OpenAI Service」
● 検索エンジンBing+DALL-E3 =「Bing Image Creator」

以上のとおり、Microsoftは既存サービスをOpenAI製の各モデルでリファインしているのです。

モデル開発を行なっていないものの、Microsoftは生成AI戦国時代の重鎮といえますね。関ヶ原の戦いに例えるなら、豊臣氏をサポートしていた京都の公家といったところでしょうか。

参考記事:Microsoft、OpenAIに数十億ドル追加出資 – ITmedia NEWS
参考記事:マイクロソフト、「ChatGPT」のOpenAIに約1.3兆円の出資を検討か – ZDNET Japan

Google & Anthropicは生成AI界の東軍

生成AI戦国時代にて、OpenAI一強の現状を覆そうという勢力も出てきています。それがGoogleとAnthropicの連合です。当記事では、このコンビを「関ヶ原の戦いの東軍」にたとえて紹介していきます。

Googleの概要

1998年創業の「Google」は、OpenAIが登場するよりも遥か前からAIの研究に打ち込んできました。社内部門・Google Brainと傘下企業・DeepMindの合計2つのAI研究機関をもつことから、Googleの熱意が伝わってきます。

これまでGoogle BrainとDeepMindが挙げてきた成果は、というと……

Googleの猫:ディープラーニングの夜明けとなる2012年の研究、AIがほぼ自力で猫の識別に成功した
Transformer:2017年に発表したディープラーニングモデルで、GPT-4を含むをほぼ全ての生成AIに採用されている
AlphaGO:2015年DeepMind発、世界で初めてプロ囲碁棋士を破ったAI
GraphCast:2023年DeepMind発、10日先の天気を1分以内に予測するAI
GNoME:2023年DeepMind発、新素材を探し出すAI

このように何度もAI分野に革命をもたらしているんです!実は検索エンジンやGoogle翻訳など、おなじみのサービスにもAIの研究で得た知見が盛り込まれています。

そんなGoogleはもちろん、生成AIの開発にも積極的です。以下のとおり、検索エンジンの技術と相性がよい大規模言語モデルを中心に、開発を進めています。

Googleの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「LaMDA」:2021年に登場、一時期「意識をもつ」と話題になった
  • 大規模言語モデル「PaLM」:2022年に初代PaLM、2023年にPaLM2が登場
  • マルチモーダル生成AI「Gemini」:2023年12月7日に登場、「GPT-4超え」との噂あり

さらにGoogleは、開発したモデルを使ったサービスも続々とリリースしています。以下がその代表例です。

【Googleの生成AI関連サービス】
● 生成AIチャットサービスBard
● Google Workspace+生成AI =「Duet AI」
● Google検索+生成AI =「Google SGE」
● AI開発用プラットフォーム「Vertex AI」

ChatGPTの対抗馬「Bard」やBingAI Chatの対抗馬「Google SGE」など、OpenAI & Microsoftの西軍を意識したサービスが並んでいますね。

これを関ヶ原の戦いになぞらえるなら、東軍的立ち位置です。それも伊達政宗や黒田官兵衛のような、東軍の有力者といえるでしょう。

ただGoogleのほかに、「生成AI戦国時代の徳川家康」と評したくなるスタートアップが存在します。次の見出しでは、そのダークホースについて詳しくみていきましょう!

Anthropicの概要

トップランナーOpenAIのあとを追い上げている生成AI系スタートアップが一社、出てきています。それが2021年に、元OpenAI所属のダリオ・アモディ&ダニエラ・アモディ兄妹が創業した「Anthropic」です。

このAnthropicは生成AI界の東軍筆頭・徳川家康ともいえる存在。非営利を掲げながらも商業色が強まっていた、西軍のOpenAIとたもとを分つ形でスタートした経緯があります。

その後、Anthropicは先ほどのGoogleから合計20億ドル(3,800億円)、そしてAmazonから合計40億ドル(6,000億円)もの出資を勝ち取っています。ダークホースが現れましたね。

そんなAnthropicはすでに、生成AIの開発に成功しています。それが以下に示す「Claude」です。

Anthropicの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「Claude」:2021年に初代Claude 1が登場、最新版はClaude 2

AnthropicはこのClaudeにて、GPT-4やPaLMで問題視されていたハルシネーションを徹底的に押さえ込んでいます。

さらに、ChatGPTやBardを意識した生成AIチャットサービスもリリース済みです。

【Anthropicの生成AI関連サービス】
● AIチャットサービス「Claude.ai」

このようにOpenAI以外にも、本気で天下統一を目指している生成AIスタートアップが存在しているんです。

次は第三勢力について、詳しくみていきましょう!

参考記事:グーグル、AI新興企業アンソロピックに20億ドル追加投資へ-関係者 – Bloomberg
参考記事:Amazon、生成AI強化へ Anthropicに40億ドル出資 – Impress Watch

Metaは今のところ中立

FacebookやInstagramなど名だたるSNSを送り出してきたMeta(旧・Facebook)も以下のとおり、各AIの開発に注力しています。

Metaの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「LLaMA」:2023年に初代LLaMAが登場、最新版はLLaMA 2
  • 音声生成AI「Voicebox」
  • 画像生成AI「CM3leon」
  • 多言語翻訳AI「SeamlessM4T」:テキストと音声が認識できるマルチモーダルモデル
  • 画像認識AI「Segment Anything Model / SAM」:物体の境界線が認識できる
  • 画像認識AI「JEPA」:画像の背景にある概念まで学習できる

ちなみにこれらのモデルはすべてオープンソースつまり、一般公開されています。世界中の開発者の手を借りながら良いモデルを作っていく、というのがMetaの戦略なのです。

さらにMetaは、生成AIを通してSNSでのコミュニケーションを加速させるサービスも送り出しています。

【Metaの生成AI関連サービス】
● SNSから使える生成AIチャットサービス「Meta AI」
● 広告用AIツールの実験場「AI Sandbox」
● 手書きからアニメーションを生成するAIツール「Animated Drawing」

そんなMetaの立ち位置は、西軍にも東軍にも属さない第三勢力です。IBMやインテルなどITの巨人たちと手を組み、「オープンで安全で責任あるAI」を推進する同盟・AI Allianceを結成しています。

ちなみにオープンソースを推すMetaは、東軍のGoogleから警戒されているようです。関ヶ原の戦いになぞらえるなら、地政学的な要所を押さえていた中立の有力大名・前田玄以のようなポジションですね。

参考記事:IBMとMeta、50以上の組織と「AI Alliance」結成 OpenAI、Microsoft、Googleは参加せず – ITmedia NEWS
参考記事:Metaが28人の生成AIキャラクターを発表した理由。どこまでもFacebook的なAI戦略(本田雅一)(テクノエッジ) – Yahoo!ニュース

Alibabaはそもそも戦場が異なる

アメリカから遠く離れた中国にも、生成AIの開発に取り組んでいる大企業があります。それがネット通販で中国国内を制したAlibaba(厳密には社内部門のAlibaba Cloud)です。

Alibabaはすでに、以下の2モデルをリリースしています。

Alibabaの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「通義千問 / Qwen-7B」
  • 画像生成AI「通義万相」

さらに今後は、通義千問を使って下記のサービスの開発も進めていくようです。

【Alibabaの生成AI関連サービス】
● 通義千問を搭載した開発プラットフォーム「DingTalk」
● 通義千問を搭載したスマートスピーカー「Tmall Genie」

ただAlibabaが生成AIを売り出す先は、アメリカでも日本でもなく、中国国内の市場。つまりAlibabaは、生成AI戦国時代の場外で戦っているのです。たとえるなら、関ヶ原の戦いと同時期に中国を統一した「清王朝」といったところでしょうか。

イーロン・マスクのxAIは天下統一に興味なし!

生成AIを開発しているのに、天下統一には全く興味がないスタートアップも存在します。その代表格が、イーロン・マスク率いる「xAI」です。

先ほど紹介したとおり、もともとイーロン・マスクはOpenAIのスポンサーでした。ただ同社を私物化しようとした結果失敗し、2018年にOpenAIを去っています。Twitter買収の件でもそうですが、イーロン・マスクはどこまでも我が道をゆく男なんです!

そんな彼が2023年7月に立ち上げたxAIも当然ながら?異色のスタートアップです。競合他社が汎用人工知能(AGI)の開発を目指す中、xAIは「宇宙の真の姿を理解する」ことを目標としています。

さらにTwitter改めXの投稿を学習元ととして、大規模言語モデル「Grok」の開発に成功しました。

xAIの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「Grok」:少し機転が利いた回答をし、反抗的な性質を持つモデル

またxAIは、Grokを開発する際に用いたプラットフォームもリリースしています。

【xAIの生成AI関連サービス】
● AI開発プラットフォーム「PromptIDE」

そんなxAIは関ヶ原の戦いになぞらえて語るなら、足利将軍家の血を引く大名・喜連川頼氏のようなポジションです。わずかな領土しか持たないものの、生成AI戦国時代が始まるずっと前からAIの開発に携わってきています。

参考記事:イーロン・マスクがOpenAIを辞めた本当の理由 | ギズモード・ジャパン
参考記事:イーロン・マスクが新AIモデル「Grok」を発表、“反抗的”なAIでいかなる世界を実現するのか

生成AI戦国時代を支える猛者たち

ここからは話題を変えて、モデル開発以外の手段で生成AI戦国時代に参戦している企業2社を紹介します。まずはネット通販でおなじみ、Amazonの動向からご覧ください!

Amazonは東軍寄りの港

ネット通販やプライムビデオで有名なAmazonは、生成AIも手がけています。

Amazonの主要な開発モデル
  • 大規模言語モデル「Amazon Titan」
  • 画像生成AI「Titan Image Generator」

ただモデル開発にはそこまで注力していません。Amazonが重視しているのは生成AIそのものではなく、生成AIが使える開発環境なのです。

たとえば世界シェアNo1.のクラウド開発環境「Amazon Web Services / AWS」に生成AIをちょい足しする形で、以下のサービスをリリースしてきました。

【Amazonの生成AI関連サービス】
● 生成AIが使える開発プラットフォーム「Amazon Bedrock」
● 生成AIチャットサービス「Amazon Q」

さらにAmazonは東軍筆頭・Anthropicに40億ドル(6,000億円)を出資、Amazon Bedrockにて同社のClaudeを開放しています。

そんなAmazonは関ヶ原の戦いでいうなれば、東軍に与した三河の大名・織田氏のようなポジションです。各大名に港を貸し出すことで、多大な利益を手にしています。

参考記事:グローバルのクラウドインフラ市場シェア、AWSがトップ維持、Google Cloudは成長率キープ 2023年第2四半期 – ITmedia NEWS

NVIDIAは生成AI界の鉄砲鍛冶

ハードウェアなしにソフトウェア、つまり生成AIの開発はできません。

なかでも並列処理を行うユニット・GPUは、生成AI開発の要。戦国時代の鉄砲のように欠かせないものです。

そんなGPUという呼称そのものを生み出し、今なおAI向けGPUのシェアで世界一を誇っているのが、アメリカのNVIDIAです。以下のとおり、個人向けから企業向けまで様々なGPUをリリースしてきました。

RTX 4090:現行最高峰の個人向けGPU、お値段なんと30万円超え
RTX 3090:RTX 4090の先代モデル
TITAN RTX:RTX 4090の先々代モデル
HGX H100:600万円オーバーの企業向けGPU

またNVIDIAは、生成AIの開発を支えるサービスも手がけています。

【NVIDIAの生成AI関連サービス】
● AI開発用プラットフォーム「DGX / DGX Cloud」
● 大規模言語モデル開発用ソフト「NeMo」
● 画像生成AI開発用ソフト「Picasso」
● 製薬AI開発用ソフト「BioNeMo」

このNVIDIAは関ヶ原の戦いになぞらえると、堺の鉄砲鍛冶のポジションにあたります。大名相手に渡り合った職人集団のように、影響力のある立ち位置なのです。

参考記事:「意外な場所からライバルが現れた」、NVIDIAがAIクラウドに殴り込み

なお、Amazon Bedrockについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
Amazon BedrockでClaude 2のAPIを使う方法!使い方から実践まで

「天下統一」を果たすのは誰なのか?

当記事では「生成AI戦国時代」と題して、開発競争に携わっている主要な企業を紹介してきました。以下にてもう一度、生成AI戦国時代のプレイヤーを振り返っておきます。

モデル開発を進める主要企業
  • OpenAI & Microsoft:天下統一目前、生成AI界の西軍
  • Google & Anthropic:OpenAIに挑む、生成AI界の東軍
  • Meta:今のところ中立だが、油断ならぬ存在
  • Alibaba:そもそも戦場が異なる
  • xAI:天下統一に興味なし
モデル開発以外で参戦している企業
  • Amazon:東軍を援助、各社に港(Amazon Bedrock)を貸し出している
  • NVIDIA:GPUを手がける、生成AI界の鉄砲鍛冶

果たしてこの猛者たちは、どのような戦いを繰り広げてきたのでしょうか?次回の記事では、生成AI戦国時代の戦況をお届けしていく予定です!

こちらからご確認ください!
生成AI時代の覇権を握るのはどの企業?主要生成AI企業の関係性や戦略をまとめて徹底解説【後編】

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 2sc

    テクニカルライター 大学時代はアリの生態を研究。 ラボで唯一、Pythonを使ってデータ分析を効率化していた。 現在はライターとして、オウンドメディアや学術記事の執筆に当たっている。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次