【生成AI×仕事術】職場で神様扱いされる活用事例11選

メディア事業部AIライターの柏崎です。

生成AI(ジェネレーティブAI)をビジネスでどのように活用できるか知っていますか?

生成AIは企業の業務効率化を実現し、さらには新しい利益やアイデアを生み出すツールとして多くの経営者や起業家が注目しており、様々な業種において急速に普及しつつあります。

この記事では、企業における生成AIの業務別活用事例と、生成AIの活用でできる5つのことについて解説していきます。

すでに生成AIを活用している企業事例も併せてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIの業務別の活用事例

生成AIは、企業内の様々な業務に活用できます。

以下の表に、業務別の活用事例を簡単にまとめました。

業務内容(大カテゴリ)業務内容(中カテゴリ)生成AIの活用事例ツール・サービスなど
コミュニケーションミーティング・打ち合わせ生成AIを使ってミーティングの内容を自動録画し、自動で議事録を作成するRIMO Voice
電話対応言語処理に特化したAIを活用して、ユーザーの質問に回答するSupportChatbot
Eメールのやり取り生成AIを使ってあらゆる種類のEメールを作成し、やり取りを行うHubspot
情報収集データの収集・整理生成AIを使って、データの収集・整理からフィードバックまで全てのプロセスを行う見える化エンジン
市場調査・競合分析生成AIがあらゆる業種の市場調査を行い、競合分析に必要な情報を提供するSPEEDA
人事新入社員の教育・指導生成AIを使った教育・指導で、新入社員の即戦力化につなげるAnyQ
社員の評価やフィードバックの提供生成AIを使って、全ての評価業務を半自動化するkaonavi
営業活動生成AIを搭載したSFAを活用して、営業プロセスの効率化・自動化が可能になるSales Cloud
専門スキルの使用生成AIを使って、専門知識がなくても専門分野の作業が可能になるChatGPT4
スケジュール管理生成AIを使って、スケジュール管理にかかる工数を削減するBacklog
新しいスキルや知識の習得生成AIの最新情報を基にした回答から、新しい知識やスキルを習得するGoogle bard

以下で業務別活用事例の内容を解説していきます。

ミーティング・打ち合わせ

RIMO Voiceは、日本語に特化した自然言語処理技術で録音データをテキスト化し、自動で議事録を作成できます。

マイク機能を使用してミーティング内容を録音することも可能です。

ミーティング中の重要な情報を見逃すことなく、全員が同じ情報を共有できます。

日本語対応対応
使う職業営業・マーケッター
オススメ度★★★
今後も使いたいか文字起こしのスピードが速く、1時間程度の音声データを5~10分で起こせるため、チェックする時間を含めても作業時間は大幅に短縮できます。テキストをクリックするとその部分の音声データを再生できる点も魅力です。無料のものや費用が安いものに比べて高精度ではありますが、100%ではなく多少の編集・修正は必要なため、文字起こしをAIに丸投げしたい方には物足りないかもしれません。

参考サイト:RIMO Voice

電話対応

SupportChatbotは言語処理に特化したAIを搭載し、言葉の揺らぎを自動で吸収します。

ユーザーからのあいまいな質問に対しても、AIが回答の優先度を自動改善しスムーズな会話をサポート。

SuppotChatbotは95%の高い回答精度を誇り、ユーザーとの円滑なコミュニケーションを実現します。

日本語対応対応
使う職業オペレーター・ヘルプデスク
オススメ度★★★★
今後も使いたいか回答精度は非常に高く、さらにリンクの貼付や画像ファイルの添付が可能であるなど、ビジネス利用において必要な機能は十分に揃っている印象です。利用状況や解決率、リピーターなどの分析もできるため、効果が分かりやすい点も魅力です。ただしユーザー管理等は全てWebページ上で行う必要があるため、管理が少し面倒な点はマイナス要素と言えます。

参考サイト:SupportChatbot

Eメールのやり取り

Hubspotは、コンテンツアシスタントによるEメール生成機能で、下書きから送信、効果の追跡や分析まで全てを1つで行うことができます。

見込み客への営業メールやキャンペーン用一斉送信メールなど、顧客にとって価値あるメッセージを継続的に発信することができるため、コンテンツマーケティングの強化につながります。

日本語対応対応
使う職業営業・マーケッター
オススメ度★★★★
今後も使いたいか顧客のリード獲得からセールス対応、契約後のアフターケアまで一元管理できるため、セールス業務において非常に便利です。初期費用がかからないため、他の同じようなサービスに比べて費用が抑えられるのも魅力です。ただし本社がアメリカであり、翻訳にGoogleChromeを使用しているため、まれに日本語に違和感を感じることも。本格導入前に無料版でトライアルするのをおすすめします。

参考サイト:hubspot

データの収集・整理

見える化エンジンは、幅広いデータソースを取得し専門的な分析を行うことができます。

顧客の本音を捉える高精度な自然言語処理技術を搭載し、若者言葉やトレンドの抽出・分析も可能です。

データの収集から整理、分析、共有、改善、フィードバックまでの全てのプロセスが1つで完結します。

日本語対応対応
使う職業事務・営業・マーケッター
オススメ度★★★★★
今後も使いたいか消費者のインサイト(本音)をあぶり出すX(旧Twitter)分析機能が大きな特徴です。消費者のインサイトをベースにした魅力的な仮説が導き出せるツールとして非常に優秀であり、「顧客を大切にしたい」すべての会社にとって必要不可欠なツールと言えます。ただし運営費用が高いので、まずは無料トライアルでの利用がおすすめです。

参考サイト:見える化エンジン

市場調査・競合分析

SPPEDAは、約100のカテゴリーに細分化した、あらゆる業種における「トレンド」のレポートを格納。

新たな事業アイデアを考える上で、押さえておくべき論点をクイックに把握できます。

また、世界1,000万社以上の企業情報も格納し、競合分析に必要な情報の取得・分析が可能です。

日本語対応対応
使う職業営業・企画・マーケッター
オススメ度★★★★
今後も使いたいか業種や規模、地域、企業の性格や特徴などカテゴリーが豊富なため、様々な角度から企業分析ができるのが魅力です。業界別レポートは比較的新しい業界についても個別に用意されており、新しくアプローチする業界を検討するうえで非常に有益だと感じました。ただし企業情報は、データベースの顧客群が一定規模以上に限定されるため、ベンチャー企業や中小企業、海外のスタートアップの情報がほとんどないのはマイナス要素です。

参考サイト:SPEEDA

専門スキルの使用

ChatGPT4は、画像の認識や文章能力に加え、プログラミングなど専門性の高いスキルも搭載しています。

手書きのメモからHTMLコードを生成し数分でwebサイトを作成したり、音楽・映像の作成をするなど、専門性の高い分野にも活用できます。

日本語対応対応
使う職業情報システム・技術
オススメ度★★★
今後も使いたいかChatGPT-4は、GPT-3.5に比べてより大規模なデータセットから学習しており、広範囲かつ専門的な知識を保有しているため、専門的で複雑な質問や要求にも対応できるようになっています。例えば、プログラミングやwebサイトの作成・運営など専門スキルを必要とする部門をこれから設立する場合でも、新たに雇い入れるSEは少数で済み、既存の社員でも対応できます。IT人材不足は拡大傾向にあるため、この問題を補う意味でも非常に有益だと感じました。

参考サイト:アンケート調査にみる「生成AI」のビジネス利用の実態と意向

営業活動

Sales Cloudは、SFA(営業支援システム)を活用することにより、顧客管理や進捗把握、情報一元管理、営業レポートの作成など、営業プロセスの効率化・自動化が可能です。

モバイル連携を行うことで、外出先でもデバイスがあればいつでもデータにアクセスし、案件状況を更新することができます。

日本語対応対応
使う職業営業・マーケッター
オススメ度★★★
今後も使いたいか営業先・顧客管理だけでなく、見積もり作成やTODOリスト、KPIの管理など機能が非常に充実しています。カスタマイズ機能が非常に優れているため、自社で運営しやすいように設定できるのが魅力です。しかしその反面、機能が多すぎるため初期支援やカスタマイズの外注は必要だと感じました。日本語対応ではありますが、サポートページは英語のため初心者が自力でカスタマイズするのは困難です。一定規模以上の顧客管理が必要な企業にはおすすめです。

参考サイト:Sales Cloud

新入社員の教育・指導

AnyQは、GPT-3ベースのAIチャットを搭載し、新入社員を早期に活躍させることが可能です。

新入社員の即戦力化=オンボーディングにおいて理想とされる、「可能な限り多く」、「正確な情報を」、「短時間で」入手できることにより、新入社員の定着率・パフォーマンスの向上が期待できます。

日本語対応対応
使う職業人事
オススメ度★★★
今後も使いたいか新入社員が一切気兼ねすることなく疑問をぶつけ、正確な回答で短時間で解消できるため、新入社員研修において非常に有益です。特に入社直後からリモートワークを導入している企業では、新入社員の質問の機会が失われることが多いので、オンボーディングメンターとしてAnyQを導入するメリットは非常に大きいと感じました。

参考サイト:最先端のAI技術で新入社員を即戦力化!各社専用にカスタマイズしたChat AI「AnyQ」が社員の「深く」「早い」業務理解を支援

社員の評価やフィードバックの提供

kaonaviは、運用中の評価シートをそのままシステム上に再現することが可能です。

評価シートの配布からフィードバックまで、手間のかかる評価業務を全て半自動化することにより、時間を節約できることに加え、配布ミスや回収漏れもなくなります。

さらに一貫した評価ができるため、社員の”納得度”向上にもつながります。

日本語対応対応
使う職業人事
オススメ度★★★★★
今後も使いたいか人事評価の正確性、評価の見える化、ペーパーレス化、顔写真や自己紹介による社員同士のコミュニケーション活性化など、導入におけるメリットは多いと感じました。アップデート頻度も高く、各社からの改善要請にしっかり応えている印象です。特に規模の大きい企業では、導入する価値は大きいです。

参考サイト:kaonavi

スケジュール管理

Backlogは、タスク・プロジェクト管理に必要な機能を網羅し、メールやスプレッドシートを横断せずに一括管理することにより、スケジュール管理における工数削減が可能です。

作業を効率化する機能が揃っていることに加え、業務の見える化を実現することにより、プロジェクトの大幅な前進も期待できます。

日本語対応対応
使う職業事務・営業・人事・総務・秘書
オススメ度★★★★★
今後も使いたいかスケジュール管理だけでなく、日々の進捗管理や課題管理、エビデンスの管理などプロジェクトのスケジュール・作業管理も可能で、汎用性のある非常に優れたツールです。スケジュール管理をエクセルで行っていたり、チームでの作業が多い部署などは、導入することで業務効率化・業務の見える化が可能になり、大幅な作業時間の短縮につながります。

参考サイト:Backlog

新しいスキルや知識の習得

Google Bardは、Googleから得た最新情報をもとにした回答が可能なため、新たな知識やスキルを得るツールとして大きく役立ちます。

今後はGoogleの他のツールとも連携していくため、その利便性は飛躍的に向上すると言われています。

日本語対応対応
使う職業全職業
オススメ度★★★
今後も使いたいかGoogle Bardは膨大なデータセットでトレーニングされており、質問に答えるだけでなく、全く新しいクリエイティブなコンテンツ作成やアイデアの提供などが可能です。まだ開発途中の段階ですが、すでに教育や研究、ビジネスなど幅広い分野で活用されており、新しい知識やアイデアをもたらしてくれる画期的なツールとして、今後の発展にも大いに期待できます。

参考記事:試験運用版の最新情報

なお、生成AIを活用したDX化について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×DX】上司が驚くスピードでDX化が進む方法をご紹介

生成AIの活用でできる5つのこと

生成AIの技術はすでに実用化のレベルに達しており、ビジネスからクリエイティブなものまで、様々な分野で活用され始めています。

ここでは、ビジネスにおいて生成AIができることと、その活用メリットについて解説します。

定型業務の効率化

企業が抱える様々な定型業務を自動化することにより、作業全般の効率が格段に上がります。

また、コンテンツの最低ラインが生成AIの性能によって決まるため、コンテンツの品質向上とともに、作業時間の短縮により生産性も大きく上がります。

これまで人間が手作業で行っていたタスクを自動化することで、時間とコストが大幅に削減できることは大きなメリットです。

参考記事:ジェネレーティブAI(生成AI)とは? 従来のAIとの違いやできること、エンジニア向け活用方法を解説!

クリエイティブな提案の補助

生成AIは、単に新しいデザインや音楽、映像などを生成するだけでなく、既存の要素と組み合わせて全く新しいアイデアを生み出すことができます。

これにより、企業や個人は多様なアイデアを迅速かつ効率的に生み出すことが可能です。

生成AIは1つのキーワードやタスクに対し、多数のコンテンツを同時に生産することができるため、簡単にバリエーションを増やすことができ、さらに比較検討することでより優れたアイデアを見つけ出すことができます。

参考記事:【生成AIとは】生成AIでできる事や生成モデル、雇用・仕事への影響などを解説

コンテンツのコスト削減

生成AIを使うことによってコンテンツ作成を自社で行うことができるようになり、外注費や人件費を大幅に削減できます。

AIが生成したコンテンツはデータ分析に基づいて最適化されるため、例えば複数のAIが生成した広告コンテンツを用いてABテストを行えば、低コストで最も効果的なコンテンツを選択することができます。

参考記事:生成AIとは?何を作れる?何に使える?文章・画像・動画・音声・音楽生成24ツールを解説!

製品やサービスの開発

生成AIは顧客のフィードバックや要件を学習し、分析結果に基づいて新製品コンセプトや革新的なアイデアを生成します。

新しいデザインのプロトタイプも素早く生成できるため、異なるデザインのバリエーションを自動的に生成し、最適なものを選択することができます。

時間がかかる開発プロセスを迅速化し、コスト削減にもつながります。

参考記事:生成AI(ジェネレーティブAI)とは?ビジネスを革新する新たな可能性

顧客との関係強化

ユーザーの好みやデータを学習し、個別に適したコンテンツや製品を生成することができるため、パーソナライズされたより良いサービスの提供が可能になり、顧客エンゲージメントが高まります。

顧客の購買履歴や好みに基づいて、次に買うべき商品の提案も可能です。

また、顧客が抱える悩みや問題をAIが予測して解決策を提供することもできるため、顧客ロイヤリティも高まります。

参考記事:生成AIとは?何を作れる?何に使える?文章・画像・動画・音声・音楽生成24ツールを解説!

企業の生成AIの活用事例5選

企業における生成AIの活用は、顧客サービスを高めるだけでなく、社内の様々な問題解決や業績向上にもつながります。

ここでは、企業の生成AI活用事例を5つご紹介します。

パナソニック コネクト

パナソニックコネクトは、Microsoftの「Azure OpenAI Service」を利用して独自システム「ConnectAI」を開発し、社内ツールとしてChatGPTを導入しました。

この導入により、社員は質問応答やプログラミング支援、文書作成、翻訳、要約などを行っています。特に営業部門では、顧客対応や挨拶文作成などに活用されています。

ChatGPTが導入されてからの3ヶ月間で、1日に平均5800回使用され、合計で26万回以上の使用がありました。

利用者からは使い勝手に関するさまざまなフィードバックが寄せられており、今後の改善に向けた取り組みが進められています。

参考記事:パナソニックは「ChatGPT」をこんな仕事に使っている

大和証券

大和証券は、全社員約9,000人を対象に、対話型AI「ChatGPT」を導入しました。この取り組みは、情報が外部に漏れないセキュアな環境での利用を可能にし、業務の効率化を目指しています。

ChatGPTの導入により、資料作成の時間短縮や費用削減、英語での情報収集サポート、各種書類やプログラミングの素案作成などが期待されています。そのため、顧客対応や企画立案により多くの時間を割くことが可能です。

大和証券は、この技術を活用して新たなアイデアを探求し、金融や資本市場のパイオニアとして新技術への挑戦を続ける方針です。

参考記事:大和証券、対話型AIの「ChatGPT」を導入し全社員約9,000人を対象に利用を開始

NEC

NECは2023年5月から、自社で生成AIサービスを導入し、業務の効率を大きく向上させました。

このサービスは、NECグループの国内約8万人の社員が対象で、現在約2.5万人の社員が1日で約1万回使用しています。特に資料作成の時間が半分に短縮され、議事録の作成時間も平均30分から約5分へと大幅に減少しました。

また、セキュリティ面では、攻撃診断に生成AIを用いることで作業時間を80%削減しました。コンタクトセンターでは、FAQや対応履歴をAIが自動生成し、作業時間を75%削減し顧客サービスの効率も向上しています。

参考記事:NEC 生成AI活用により資料作成時間半減、議事録作成も30分から5分へと短縮

セガサミーホールディングス株式会社

セガサミーホールディングス株式会社は、業務効率化のために生成AIを導入しました。

このプロジェクトでは、Microsoft Azure OpenAI Serviceを活用して、グループ内15社、6000人以上のユーザーが安全かつ快適に生成AIを利用できる環境をわずか3ヶ月で構築しました。

主な目的は、ゲームやその他のコンテンツ開発における省力化と自動化を通じて、クリエイターの生産性を高めることです。セガサミーは、生成AIの活用により、情報へのアクセス速度の向上と業務生産性のさらなる向上を目指しています。

また、将来的には、日常業務全般を支援するパーソナルアシスタントとして生成AIの活用を拡大する計画があります。

参考記事:生成 AI 活用による業務効率化事例 セガサミーホールディングス株式会社

LINEヤフー

LINEヤフーは、約7,000名のエンジニアを対象に、GitHub社のAI支援ツール「GitHub Copilot for Business」を導入しました。

このツールは、プログラミング作業をAIが助けることでエンジニアの作業時間を短縮し、効率を高めます。実際のテストでは、エンジニアのコーディングにかかる時間が1日に約1〜2時間減少し、生産性が約10〜30%向上しました。この成果により、ツールの正式な導入が決定されました。

さらに、著作権侵害を防ぐための教育や生成されたコードの品質を保つためのレビュー体制が整備されています。このように、LINEヤフーはエンジニアの効率を上げ、新しいサービス開発に力を入れています。

参考記事:LINEヤフーの全エンジニア約7,000名を対象にAIペアプログラマー「GitHub Copilot for Business」の導入を開始

なお、生成AIの法人利用について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの法人利用方法10選!法人向け生成AIツールや実際の事例も解説

生成AIをビジネスで活用しよう

この記事では、企業における生成AIの業務別活用事例と生成AIを使ってでできることをご紹介しました。

業務別活用事例は以下の通りです。

  • ミーティング・打合せ
  • 電話対応
  • Eメールのやり取り
  • データの収集・整理
  • 市場調査・競合分析
  • 専門スキルの使用
  • 営業活動
  • 新入社員の教育・指導
  • 社員の評価やフィードバックの提供
  • スケジュール管理
  • 新しいスキルや知識の習得

また、企業で生成AIを活用してできることは以下の5つです。

  • 定型業務の効率化
  • クリエイティブな提案の補助
  • コンテンツのコスト削減
  • 製品やサービスの開発
  • 顧客との関係強化

生成AIは近い将来さらに大きく発展する技術であり、あらゆる企業にとってより一層役立つツールとなることは間違いありません。

すでに生成AIをビジネス活用している企業の事例も参考に、ぜひ導入の検討をおすすめします。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次