生成AIで自動化する方法!最新の企業成功事例をAIエンジニアが解説

生成ai 自動化

「生成AIによる自動化について詳しく知りたい」

「おすすめの生成AI自動化ツールを知りたい」

そのようなお悩みを抱えていませんか?

近年、テクノロジーの発達によるAIの自動化で、業務効率化を実現している企業が多くなってきました。

この記事では、自社でもAI自動化を検討している担当者向けに、AIの自動化の概要とメリット・デメリット、活用事例、おすすめのAI自動化ツールを解説いたします。

ぜひ参考にしてください。

なお弊社では、生成AIを使った自動化についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIによる自動化とは?

生成AIの自動化とは、人工知能(AI)技術を活用して、テキスト、画像、音声などのコンテンツを自動的に生成するプロセスのことです。

生成AIは、自然言語処理(NLP)技術を駆使して、文章やコピーの生成に役立ちます。また、画像生成AIは写真やイラストの制作、音声生成AIは音声コンテンツの生成に応用されています。

生成AIの自動化を活用することで、コンテンツ制作やクリエイティブ業界において生産性向上が実現され、時間とリソースの節約が可能です。

生成AIを使って自動化するメリット

ここからは生成AIを使って自動化するメリットを解説します。

コスト削減や業務効率化につながる

生成AIのメリットの中で、特に顕著なのはコスト削減と業務効率化でしょう。

まず、人間の手による作業を自動化することで、労力と時間を効率化できる点が魅力です。例えば、ベースとなるコンテンツを生成AIで作成し、最終的にクリエイターが仕上げることで、作業時間が大幅に短縮されます。

また、多くのコンテンツを低コストで生成でき、マーケティングキャンペーンやWebサイトの更新など、大量のコンテンツが必要な場面で大いに役立ちます。

クリエイターの増加が期待できる

生成AIを導入することで、クリエイティブ技術のハードルが低下し、クリエイターの増加が期待できます。

従来、高度なクリエイティブなコンテンツを制作するためには、専門的なスキルや知識が必要で、そのハードルが多くの人にとって高い壁となっていました。

しかし、生成AIの登場により、テキスト、画像、音声の生成が自動化され、一般の人々も簡単にクリエイティブなコンテンツを制作できるようになりました。

生成AIの普及により、今後、多くの才能がある優秀な人材に出会える可能性が高まるでしょう。

アイディアのバリエーションが増える

生成AIは膨大なデータと学習モデルを利用して、自社の発想になかった斬新なコンセプトや視点を取り入れ、新たなアイディアを生成することがあります。

例えば、特定の製品カテゴリにおいてトレンドとなるようなデザインスタイルや素材の組み合わせから、自社ブランドに合った革新的な商品デザインのアイディアを見つけることが可能です。

また、生成AIを活用することで、アイディアの多様性が増し、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性が高まります。したがって、企業は市場での差別化と成長が期待できるでしょう。

クリエイティブなアイディアはビジネスの成功に不可欠であり、生成AIはその創造力を助ける強力なツールです。

生成AIを使って自動化するデメリット

生成AIでは、多くのメリットもありますが、デメリットも存在することも事実です。

ここから、生成AIを使って自動化するデメリットを解説します。

品質にばらつきがある

生成AIは大量のデータから学習してコンテンツを生成します。不適切なデータや偏りのあるデータを含む場合、生成されるコンテンツの品質に問題が生じる可能性があります。

また、大量のコンテンツが必要な場合や、創造的な多様性が求められる場面では、同じようなコンテンツになってしまうかもしれません。

さらに生成AIでは、指示の誤解や曖昧さがあると、思い通りのコンテンツを作成することができず、低品質なコンテンツが出来上がってしまう可能性があります。

生成AIにはしっかりとした指示を与えるようにしましょう。

コンテンツのファクトチェックは必須

AIは学習データから情報を抽出し、それに基づいてコンテンツを生成しますが、抽出した情報が必ずしも正確で信頼性があるわけではないからです。

特に急速に変化する情報や専門的なトピックに関して、AIは誤った情報を提供する可能性があります。したがって、生成されたコンテンツを公開する前に、専門家によるファクトチェックが不可欠です。

ファクトチェックを怠ると、誤った情報が広まり、信頼性の低いコンテンツが拡散するリスクが高まります。 AIを利用する際は、情報の正確性を確保するために、ファクトチェックを行うプロセスを組み込むことが欠かせません。

クリエイターのモチベーションが低下する可能性がある

誰でも簡単にコンテンツを生成できるため、クリエイターの作業が相対的に価値を失い、競争が激化する可能性が高まります。これにより、市場に参入する際のハードルが下がり、クリエイターの収入や雇用が減少するリスクが生じかねません。

さらに、生成AIの普及により、クリエイターたちは自身の創造性や独自性を主張する必要性を感じ、モチベーションの維持が難しくなるでしょう。従来の手法に比べて労力と時間をかけてコンテンツを制作することが求められるため、一部のクリエイターは意欲を喪失するかもしれません。

生成AIの普及は市場を変革する一方で、クリエイターとAI技術の共存に関する慎重な検討が求められると言えるでしょう。

生成AIを使った自動化に成功した事例3選

ここでは、生成AIを使って自動化した実際の活用事例3選を紹介します。

銀行業界

銀行業界における書類処理の課題が技術革新によって解決されつつあります。

公共料金の口座振替などの顧客関連書類は多量で、書式も異なり、手書きのため表記揺れが多かったため、自動化が難しいとされていました。しかし、AIとRPAを組み合わせたシステムの導入により、手書きの書類も効率的に処理できるようになり、業務効率化が実現しました。

新しいAIとRPAシステムによって、事務作業の8割程度を削減でき、銀行業界の合理化が進展しています。今後、テクノロジーの発展により、書類処理の自動化はさらに進化が見込まれます。

地方自治体

地方自治体がRPA導入を推進するため、AI-OCR(光学文字認識)を組み込んだシステムを活用し、地方公共団体から提供された帳票の文字読み取りを実施しました。

※AI-OCRは、人工知能(AI)を用いた光学文字認識(OCR)技術で、画像や文書内の文字を高精度に読み取るシステムです。

実用化されれば、紙ベースの業務も自動化が可能になり、効率化が期待されます。

現在、読み取りの精度などが検証中であり、複数の自治体でも同様な取り組みが行われています。この試みは、行政のデジタル化と業務工程の合理化に向けた一歩であり、今後、地方自治体の効率向上が見込まれるでしょう。

HR会社

HR会社は、情報共有とコミュニケーションの円滑化を目指し、システム導入とRPAの検討を行いました。特に高度な処理が必要な場面ではAIと連携したRPAを導入しています。

具体的には、社内システムへの自動ログインを実現するために画像認証AIを開発し、業務効率を向上させました。また、外注されていた採用業務もRPAで自動化し、外注費用と人件費の削減、業務効率化を達成しています。

HR会社は、他社へのRPA・AI導入の普及活動を検討しており、成功事例として注目されています。技術革新を通じて生産性を向上させ、競争力を高めた典型的なケースと言えるでしょう。

生成AIを活用した自動化ツール5選

ここからは生成AIを活用した自動化ツール5選を紹介します。

Clay

Clay は、ChatGPT内蔵のAIマーケティングツールです。
Clayは以下のような特徴があります。

  1. 多様なデータソース: Clayは50以上のデータプロバイダーと連携。LinkedInからTwitter、Yelp、Google マップまで多岐にわたるプラットフォームからデータを収集します。
  2. リアルタイムでのデータ分析: テレワークをしている企業であるか、セキュリティやコンプライアンスを重視しているか(SOC 2準拠など)、ウェブサイトで使用している特定のキーワードなど、多角的なデータポイントを提供します。
  3. AIによる高度なパーソナライズ: OpenAIの技術を活用して、非常に精度の高い各企業へ向けメッセージを生成し、効果的なアウトリーチが可能です。
  4. 効率性と多機能性: 200以上のツールとネイティブに統合。それにより、CRMやメールプラットフォーム、スプレッドシートなどを簡単に更新できます。手動での作業やCSVの管理が不要なため、業務効率が大幅に向上します。

特に、B2Bのスタートアップ営業・マーケティングチームの方におすすめの生成AIツールです。

SlidesGPT

SlidesGPTは、ChatGPTを活用して入力したテーマや内容に基づき、プレゼンテーションスライドを自動で生成できるAIツールです。

煩雑なスライド作成の手間を大幅に削減し、効率的なプレゼンテーション資料を作成することができます。

どのデバイスからでもアクセス可能で、特定のソフトウェアのインストールや登録は不要です。また、作成したいスライドのテーマや内容を入力するだけで、数分でスライドが完成するほど手軽に利用できます。

作成したスライドは、 PowerPoint、GoogleSlide、PDFなど、様々な形式でダウンロードが可能です。指示文は、英語以外にも日本語をはじめとする多くの言語に対応しており、スライドの言語も指示内容に応じて指定できます。

CopyAI

CopyAIはChatGPT内蔵のAIツールで、自然言語処理の技術を活用してブログ記事やメール、広告文など、目的に合わせた文章を簡単に作成することができます。

以下の4つのことができます。

  • ブログ記事やSNS投稿などの文章を生成する
    キーワードやトピック、文体などを入力するだけで、ブログ記事やSNS投稿などの文章を生成することができます。自然な文体で読みやすいのが特徴ですが、リライトが必要な場合もあります。
  • スローガンやキャッチコピーなどのキャッチーなフレーズを生成する
    商品名やサービス名、ターゲット層などを入力するだけで、スローガンやキャッチコピーなどのキャッチーなフレーズを生成することができます。
  • 質問に答えてくれる
    CopyAIに質問をすると、WikipediaやWebページの有力な情報から答えを導き出してくれます。何か疑問に思った時は、活用できる機能といえるでしょう。
  • クリエイティブなコンテンツを作成する
    ポエムや小説、プログラム、スクリプトからメール、楽曲など様々なクリエイティブに関するものも生成してくれます。テキストだけでなく、音楽や表現にも役立てることが可能です。

Writesonic

WriteSonicは、さまざまなコンテンツの作成を爆速で終わらせることができるAIツールです!

以下のようなテンプレートを持ち合わせており、ライティングにはもってこいって感じです。

  • ブログ記事
  • 広告
  • eコマース商品説明
  • ソーシャルメディアの投稿文
  • ウェブサイトのコピー

ほかにも、Photosonic という画像生成のツールや、BotsonicというAIボット生成ツールもあります。

MindOS

MindOSとは、専門的なAIエージェントを手軽に利用・開発できるプラットフォームです。
以下に、以下のような特徴があります。

  • 人間のような思考や対話、エンゲージメントを実現する。
  • 個々の記憶、個性、専門知識を持ち、簡単にカスタマイズが可能。
  • ターゲットに合わせて高品質なコンテンツを生成できる。

また、以下ような領域で活用できます。

  • データ分析
    専門的なデータ分析家として設定することで、さまざまな業界の動向調査やセクター全体の健全性評価、詳細な産業分析レポートの作成などが可能になります。
  • 観光
    旅行アドバイザーのように機能させることで、休暇の計画やチケットの予約、ホテルやレストランの提案など、旅行に関するアドバイスが可能になります。
  • コンサルティング
    経験豊富なコンサルタントとして設定することで、財務データの分析や企業の健全性評価、株式分析レポートの生成などが可能になります。

生成AIの自動化で、業務の生産性を向上させよう

今回は、AIの自動化について解説しました。

生成AIによる自動化とは

  • 人工知能(AI)技術を活用して、テキスト、画像、音声などのコンテンツを自動的に生成するプロセスのこと

生成AIを使って自動化するメリット

  • コスト削減や業務効率化につながる
  • クリエイターの増加が期待できる
  • アイディアのバリエーションが増える

生成AIを使って自動化するデメリット

  • 品質にばらつきがある
  • コンテンツのファクトチェックは必須
  • クリエイターのモチベーションが低下する可能性がある

生成AIを活用した自動化ツール5選

  • Clay
  • SlidesGPT
  • CopyAI
  • Writesonic
  • MindOS

生成AIによる自動化は、生産性向上やリソースの節約が期待でき、様々な分野で活用されています。しかし、倫理的な考慮や品質管理も重要であることに留意しなければなりません。

ぜひこの機会に、生成AIを導入して業務の生産性を向上させましょう。

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

生成AIとRPAを組み合わせた自動化ツールの開発実績

弊社では、生成AIとRPAを組み合わせ、お問い合わせの自動化で90%の工数削減を実現した実績があります。

RPAやChatGPTのAPIを活用することで、メールの返信やデータの登録を自動化が可能です。

これまで、お問い合わせ〜商談までには、「営業 or お問い合わせの判断」「予定確認」「メール作成」がありました。

しかし、AIを活用することで、それら全てをAIが自動化(送信前に人のチェックを入れています)。

結果、工数を90%削減することに成功し、空いた時間を別の業務に業務にあてることが出来るようになりました。

※この例ではお問い合わせ対応に利用しましたが、営業・カスタマーサポートや採用面談の調整など利用範囲は広いです。

弊社でも実際に導入しており、以下のように自動返信をする形となっております。

生成AIとRPAを組み合わせた自動化ツールの開発に興味がある方には、まずは1時間の無料相談をご用意しております。
こちらからご連絡ください。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次