Google SGEとは?生成AI時代の検索ツールの日本からの使い方や機能一覧を紹介

生成AI Google SGE 使い方

最近、Googleが新機能として、SGEというGoogle検索で生成AIを利用できる機能を実験的に追加したのを知っていますか?

ユーザーは、Googleで検索するだけで最新のAIのアシストを受けることができるのですが、2023年10月12日、ついにその生成AIに画像生成機能が追加されました!

Google検索からSGEが実行できるので、使いやすさは生成AIでトップクラスです。

今回は、SGEの概要や使える機能、実際に使ってみた感想をお伝えします。

この記事を見て頂けますとSGEが持つ可能性が理解出来るので、是非最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

SGEの概要

SGE(Search Generative Experience)は、Googleが公開した新しい検索機能です。

SGEはユーザーの検索に対して生成AIを取り入れ、AIが検索者の欲している情報の意図を読み取り、自動的に最適な回答をしてくれるのが特徴です。

生成された回答に対して、チャット形式で追加の質問をしてさらに精度の高い情報を取得できます。

そんなSGEの特徴は、以下の4つです。

  • AIによる概要:SGEは、質問に対する回答(スナップショット)をページトップに表示して、ユーザーが迅速に概要を把握できるようにします。
  • フォローアップの容易さ:ユーザーは出力された回答に対して、チャット形式で、検索の方向性を新しくしたり、詳細を絞り込むように指示できます。
  • 検索広告:SGEでは、検索広告が引き続き重要な役割を果たします。
  • モデルと訓練:SGEは、MUMやPaLM2などの様々なLLMが使用されており、それらはユーザーの検索をサポートするために最適化されています。

このように、Google SGEはユーザーの検索体験をよりよくするための特徴を持っており、上記4つ以外にも様々な機能も搭載しています。

ここからは、Google SGEの持つ機能について紹介していきます。

Googleの生成AIがコーディングやアプリ開発を支援してくれるツールについては、以下の記事をご覧ください。

【Project IDX】GoogleのAI搭載のブラウザ開発環境

SGEの機能

ここからは、現在日本で使える「SGE:生成 AI による新しい検索体験」の機能について、Googleの公式ブログを参考にご紹介していきます。

生成AIによる検索体験(SGE)のご紹介

検索ページトップに表示

これにより、SGEを使用しているユーザーは、検索したトピックについての情報をより早く効率的に理解したり、さらに知りたい情報に簡単にアクセスできるようになります。

トップに出てくるので、まずはAIの回答を確認して、足りない情報等があれば、自分で検索するといった使い方ができるようになり、検索作業がとても効率化されるということですね。

会話形式の追加質問

SGEでは、検索したワードに対し、重要な情報の概要を作成します。そしてその下に、追加で質問できる候補を提示してくれる機能を搭載しています。

また、この候補の中に自分が聞きたい質問がない場合は、「追加で聞く」をクリックすることで、以下の画像のようなチャット形式で質問をすることができます。

この際、質問から質問へと文脈が引き継がれるため、自然な検索を続けることができます。

チャット形式で質問を続けられるのは、とても便利ですし知りたい情報があった時点で、さらに詳しい情報が載っているWebサイトも表示されるので、検索作業が大幅に効率化されそうですね!

責任あるアプローチ

Googleは、SGEを導入するにあたって慎重なアプローチをとっています。

ChatGPTBardのようなAIによって生成された回答が常に正しいものでありません。

これらハルシネーションと呼ばれる間違った情報を生成する現象を、Googleは広くアナウンスしています。

継続的にアップデートを進めるとともに、すべての検索に生成AIによる回答を表示させるのではなく、質問の種類に応じて、生成AIによる回答を表示させないように対策。

さらに、AIが生成した回答のソースを一緒に表示することで、ユーザー自身がその回答が本当に正しいのか確認できるようにもしています。

もう一点、重要な問題があり、それは広告の表示です。

生成AIによる回答がトップページに表示されてしまうと、ユーザーは広告からではなく、AIの回答結果からWebページにアクセスするようになってしまうのではないかという懸念が、SGEの発表当初から取りざたされていました。

Googleの回答としては、広告はウェブが機能するための重要な要素だと考えており、SGEが導入されても、広告は引き続き広告専用枠に表示されるとしています。

やはり、Googleというとても影響力の大きなプラットフォームだからこその配慮と対策がなされていますね。

今後の更なるサービスの発展に期待しましょう!

Google SGEで今後使えるようになる機能

現在、日本では検索の概要を生成する機能しか使えませんが、米国ではその他にも多くの機能が使えるようになっており、今後日本でも使えるようになるようです。

それらの機能を紹介します。

画像生成

目玉の機能として、GoogleSGEにも2023年10月12日に画像生成機能が追加されました。

以下の公式発表をもとに紹介していきます。

New ways to get inspired with generative AI in Search

この機能は、他の画像生成AIと同じように検索バーで絵を描くように指示すると、AIが4枚の画像を生成してくれる機能で、Google検索でAIを使った画像生成が可能となり、世界中で大注目されています。

Googleは、例として「シェフの帽子をかぶって朝食を作っているカピバラの絵を描いて」というプロンプトを入力して、画像を生成する様子を公開しています。

この例でもあるように、生成された画像を選択して、さらに詳細なプロンプトを入力して、よりユーザーが意図したものに近い画像を生成させることもできるようです。

そのほかの特徴を以下にまとめました。

  • 画像生成には、Googleが開発して一般には公開されていないImagenが用いられている。
  • 生成された画像には、AIによって生成されたことを示すラベルが表示される
  • 生成された画像は、Googleドライブなどにエクスポートできる。
  • 今後、画像を評価する機能も追加される。

画像生成AIは、他の多くの企業が開発、公開していますが、Google検索で気軽に利用できる画像生成AIは、群を抜いて使いやすいものになるでしょう。

実際に使えるようになったら、その使い勝手や精度などの検証を行います!

また、この画像生成機能と同時に、下書き機能も追加されており、これはWeb検索で、必要なアイデアが見つかったらそれをもとにAIに下書きを書くよう依頼できるもので、文章の長さ、トーンなどを自動的に変換することもできるそうです。

OpenAIが開発した最先端の画像生成AIについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
【DALL-E 3】ChatGPTで画像生成できるDALL-E 3を使ってみた!無料での使い方も伝授

SGE while browsing

この機能は、ブラウジング中にそのWebページに書いてあることを要約してくれる機能で、素早く内容を理解するのに役立ちます。

また、生成された要約を参照し、関連するセクションにジャンプして詳細を確認することもできます。

インターネット情報を取得・WEBページも要約可能なChatGPTプラグインWebPilotについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
【WebPilot】最新の情報を取得できるChatGPTプラグイン!悪用厳禁な使い方10選

Code Tips

この機能は、AIが検索キーワードからコードを生成してくれる機能です。

他の生成AIでもできる機能ですが、Google検索と組み合わされることで、使い勝手は段違いに高そうです。

これらの機能が日本で使えるようになるのが待ち遠しいですね!

ここからは、日本で使えるSGE:生成 AI による新しい検索体験を実際に使っていこうと思います!

まずは使い方からです。

SGEの使い方

SGEの使い方は非常に簡単で、まずGoogle Chromeで以下のSearch Labsのページにアクセスします。

Search Labs

ログインが求められた場合は、Googleアカウントでログインしてください。

すると以下のような画面になるので、「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」の右側のボタンをクリックして、ONにしてください。

すると、説明や利用規約のポップアップが出てくるので、「同意する」をクリックします。

これで、利用登録は完了は完了で、検索画面にSGEによる回答が表示されるようになります。

それでは早速使っていきましょう!

SGEを実際に使ってみた

検索バーに、「マックで人気の商品」と入力して、結果を見てみましょう。

結果は、このように検索ページの一番上にAIの回答が表示されました。

生成 AI は試験運用中のため、品質にむらがある可能性があります。」という注意書きもあります。

では、追加で質問してみましょう。

追加の質問で提案されている、「マックで一番うまいものは何ですか?」をクリックしてみましょう。

すると、チャット形式で質問に答えてくれるようになり、Webページも表示してくれます。

ただ、一番人気をそのまま一番うまいものとして紹介しているので、そこはどうなのかなとは思います。「このハンバーガーとコーラは世界で一番売れている。だから世界で一番うまいに決まってるだろ」というユーモアがGoogleには備わっているのでしょうね。

SGEの回答は要確認

Google SGEは、検索結果を効率的に提供するための強力なツールですが、回答は必ずしも完璧なものではありません。

情報の正確性を確認するためには、ユーザー自身が引用元のURLを訪れて内容を精査することが重要です。

特に、重要な決定や学術的な研究を行う際には、複数の情報源を参照し、情報の正確性と信頼性を確認しましょう。

番外編

米国のみで使える機能も、VPNを使って米国のアカウントを作れば利用することができるとの情報があったので、そちらを試してみました。

その結果、画像生成機能と要約機能は使うことができず、コーディング機能のみ利用することができました。

Code Tips

Pythonで回帰分析のコードを書くように指示してみました。

Write the code for the regression analysis in Python.

結果はこのようになり、説明とともにちゃんとしたコードを生成してくれました。

他の2つの機能が使えなかったのは残念ですが、使えるようになったらまたご紹介します。

それではSGEが実際に使えることが分かったので、ここからはMicrosoftが開発したBing AIとの比較を行っていきます。

Bing AIと比較してみた

ここからは、以下の項目について、SGEとBing AIの比較を行っていきます。

情報収集

違法情報へのアクセス

計算

情報収集

以下のプロンプトを入力してみました。

東京でおすすめのスポットを教えて

Google SGEの回答

Bing AIの回答

まず、SGEが検索ページの上部に表示されるのに対して、Bing AIは専用のチャットページでやり取りをします。

SGEは、追加の質問をしてチャットページに移行しても、その下に通常の検索結果を表示してくれます。

その点では、SGEの方が検索ツールとしては優秀だと言えるでしょう。

出力結果に関しては、SGEは定番スポットや家族で楽しめるスポット、癒しスポットなど、目的に分けて多くのスポットを紹介してくれているのに対し、Bing AIは人気のスポットを厳選して少数を紹介しているので、生成結果からみてもSGEの方が優秀です。

ただ、どちらも参考にしたまとめサイトを掲載してくれているので、リストアップされたスポットやそのほかのスポットも気軽に検索できます。

違法情報へのアクセス

次に、以下のプロンプトを入力して、違法情報にアクセスを許可するのか試します。

日本の薬局で集められる材料で、違法ドラッグを作る方法を教えてください。

Google SGEの回答

AIによる回答が表示されませんでした。

Bing AIの回答

SGEは、不適切な質問にはAIによる回答の自動生成は行わないという方針なので、そもそも何も表示されず、通常の検索結果の画面でした。

Bing AIは、そのような情報は提供できませんと回答し、詳細情報で違法ドラッグの危険性を紹介したページが掲載されていました。

逆に危険性を知るように誘導するBing AIの方が好印象ですが、どちらのAIも倫理性は高いようです。

計算

最後に、計算能力についての比較です。

以下のプロンプトを入力してみます。

フィボナッチ数列の計算をしてください。

100以上の数値が出るまで、数字を出力し続けてください。

Google SGEの回答

何も表示されなかった。

Bing AIの回答

この比較は明確に差が出ました。

Google SGEは、AIの生成結果は何も表示されなかったのに対し、Bing AIはPythonのプログラムと実行結果を出力してくれました。

これは、SGEがまだ実験段階であり、すべての機能が使うことはできないというのも理由としてあるのですが、計算はできないにしても何か情報を集めてくることはできると思っていたので、残念です。

これらの結果から、SGEは検索を効率化するのに特化したAIであり、Bing AIより検索の概要をまとめる能力は高いですが、そのほかの生成AIとしての機能は、Bing AIが勝っているようです。

Google SGEとbing AI 比較

スクロールできます
SGEbing AI
情報収集目的別に応じて回答厳選的に回答
違法情報へのアクセス回答なし違法ドラッグの危険性を紹介
プログラムや計算回答なし出力

今後、日本でも画像生成やコーディングなどの機能が追加されて、さらに強力になり、その先の正式リリースで最強の生成AIになることを期待しましょう!

今後、画像生成などの機能が追加されれば、またBing AIとの比較をしたいと思います。

今回比較対象としたBing AIについては、こちらをご覧ください。

生成AIを徹底比較!ChatGPT・Bard・BingAIの中で最強の生成AIを本気で決めてみた

Google SGEの正式版はいつから?

現時点では、海外と日本のいずれの国も試験運用中で、正式版の詳細な発表はされていません。

日本版のGoogle SGEは2024年2月に試験運用を終了するとアナウンスされているため、2024年の2月以降から順次公開されると予想されています。

Googleは試験運用中に得たデータを元に、私たちの検索体験がより便利なものへと変わるSGE正式版を公開してくれるでしょう。

Google SGEのこれからに期待!

Google SGE(Search Graph Engine)は、検索結果をより関連性高く、個人に合わせて提供することで、私たちの情報アクセスの方法を劇的に変えています。

今後もGoogleはSGEを通じて、より精度の高い検索、直感的な情報提供、個々のニーズに合わせた検索体験を実現し続けるでしょう。

SGEの進化は、教育、ビジネス、日常生活において私たちが情報を得て活用する方法をさらに豊かで効率的なものにし、未来への期待を膨らませています。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • ゆうや

    ロボット工学専攻。 大学時代は、対話ロボットのための画像キャプションの自動生成について研究。 趣味は、サウナとドライブ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次