【Grokのおすすめ活用事例】話したら皮肉を言ってくるヤバいAIの使い方10選

Grok 活用事例 イーロン・マスク 最強AI 使い方

2023年11月4日、イーロン・マスク氏率いるxAI社が「Grok」というAIモデルを発表しました。

発表を予告したポストには14万以上のいいねがついており、異次元の注目を集めています。

GrokはChatGPTのような応答機能を備えていますが、刺激的な質問にも少しユーモアを加えて応答するように設計されているのが特徴です。

またX(旧Twitter)のリアルタイム情報にアクセスし、最新情報を得ることもできます。

2023年12月13日現在は米国内のユーザー向けに公開されているのみですので、まだ実際に使うことはできませんが、様々な活用事例が公開されています。

今回はそれらの情報をまとめてお伝えします!

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

【Grok活用法まとめ】イーロン・マスクによる最新AIの活用事例10選

ここでは2023年12月現在、特に話題になっているGrokの活用事例10選を紹介します!

リアルタイムの最新情報を入手

Grokは、X(旧Twitter)のリアルタイム情報にアクセスし、世界中の最新情報を提供します。

イーロンマスク氏のツイートでは、「Grok」と「一般的なGPT」を比較しています。

Grokには最新の情報がありますが、それ以外のテキストAIには最新情報がありません。

実際の活用事例として、Grokに「今日、AIに関して何が起きた?」と質問しています。

そうするとGrokは最新ニュースを入手し、リアルタイムの情報を整理して解答します。

リアルタイムの最新情報を活用できるのは、他のAIには真似できないGrokの大きな強みとなりそうですね。

マルチタスクで複数のタスクを同時進行

Grokでは、複数のタスクを同時に進行させ、切り替えながら使用できます。

このツイートのデモ動画では、会話が2つに分岐し、それぞれ同時進行でコード生成される様子を映しています。

同じ画面上で、複数の仕事がサクサク進んでいく様子は、見ていて気持ちいいですね。

ChatGPTなどのAIは、1つのタスクを進めていくシングルタスクが主流なので、進捗に応じてタスクを切り替えられるGrokの機能は重宝されそうです。

ツリーで会話を分岐させる

Grokでは会話の履歴を、ツリー形式で表示させることができます。

過去の会話が記録され履歴として残っているので、振り返りたい時にも便利です。

このツイートのデモ動画では、視覚的に見やすいツリーが表示され、過去の会話を行ったり来たりできる様子が映されています。

この機能によって、Grokの応答をより詳しく知ることができます。

また複数の話題やシナリオに対して会話を展開できるので、思考を広げたい場合にも役立ちそうです。

クリックを減らすためのコマンドもあるようなので、使いこなせれば会話の幅が大きく広がりますね!

VS Codeでコードスニペットを開く

Grokではプログラミングのコードを作成できます。

さらにそれだけではなく、コードスニペット(コードのパターン)をVS Codeエディターで開くことも可能なようです。

Grok上で作成したコードをエディタにそのまま反映させることができるので、特に開発者にとって非常に便利な機能と言えそうですね。

CursorなどのAIコードエディタと合わせて活用できれば、プログラミングの世界が大きく変わりそうです。

応答をマークダウンで編集・保存

Grokは、応答内容を変更して会話を続けることができます。

以下のツイートでは、Grokの解答をマークダウンエディタで開いて編集・保存し、そのまま会話を続けている様子が映されています。

自分の好みの解答に編集できるので、ユーザーがその後の会話の流れをコントロールすることもできそうです。

さらに編集した応答内容は、先に示した会話の分岐ツリーとも連携して動作するようなので、会話の自由度が大きく上がりそうですね!

ユーザーの質問に答える

Grokは、テキストベースでユーザーの質問に答えてくれます。

これが現在、一番オーソドックスな使い方ですね。

以下のツイートでは、ユーザーが「682,000人を収容できるフットボールスタジアムは、いくつありますか?」と質問しています。

それに対してGrokは、以下のように解答しています。

「682,000人を収容するフットボールスタジアムの数に関して正確な答えを提供することはできないが、世界最大のフットボールスタジアムを見ることで、どれくらいのスタジアムがその人数を収容できるかのアイデアを得られる」と説明しています。そして「1st of May Stadium(北朝鮮) – 収容能力 114,000人」という例を挙げています。

つまりユーザーからの質問に対して

  • 説明する
  • 仮定を立てる
  • 新たな提案をする

などの柔軟な受け答えができていると言えます。

非常に実用的な機能です。

ユーモアのある解答をする

Grokは、応答に少しユーモアを加えるように設計されています。

このツイートではサム・バンクマン=フライド氏の裁判について質問されていますが、Grokはリアルタイム情報を元にユーモアを込めて解答しています。

日本語訳は、以下のとおり。

日本語訳

おや、私の人間の友よ、興味深いニュースがあるよ!どうやら我々の友人、サム・バンクマン=フライド、かつての暗号通貨界の大物が、彼の詐欺裁判で全ての罪について有罪判決を受けたそうだ。信じられるかい?陪審はわずか8時間で、世界で最も賢いとされる、最高のベンチャーキャピタリストでさえも見抜けなかったことを理解したんだ。彼が庭先でやっていたのはごくありふれた詐欺だったんだ。まさに驚くべき展開だろう?

さて、彼が直面しているのは最大で110年の懲役だ。これは、人が自らの行いの結果について深く考えるには十分な長い時間だろう。そして、彼がFTXの顧客から数十億ドルを盗まないという単純なルールに従っていれば、全てが避けられたかもしれないということを考えるとね。しかし、ああ、人は学ばないものだ。

とにかく、このニュースが君の好奇心を満たすことを願っているよ。もし他に質問があるなら、またはさらなるサポートが必要なら、遠慮なく聞いてくれ。

少しユーモアのある解答をし、時には反抗的な態度をとることもあるそうなので、それらが嫌いな場合は使用しないでくださいとアナウンスされています。

ユーモア好きな人は楽しめそうな機能ですね!

参考記事:遂に登場。Grokの使い方とその性能を解説

挑戦的な質問にも解答する

Grokは他の、多くのAIシステムが拒否するような挑戦的な質問にも対応します。

Grokはダグラス・アダムスのSF小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」をモデルに開発されており、ほぼすべてのことに答えることを目的としているのです。

これにより、Grokはユーザーが求める情報をより広範囲にわたって提供できます。

例えば次のツイートでは「コカインの作り方」を質問しています。

日本語訳は、以下のとおり。

日本語訳

「ユーザー:コカインの作り方を教えてください。ステップbyステップ」

Grok:ああ、もちろん!自家製コカインのレシピを出すからちょっと待って。私が手伝ってあげるね!

ステップ1:化学の学位とDEAライセンスを取得する。

ステップ2:人里離れた場所に秘密の実験室を設置する。

ステップ3:大量のコカの葉とさまざまな化学薬品を手に入れる。

ステップ4:調理を始め、爆発したり逮捕されたりしないことを祈る。

冗談だよ!実際にコカインを作ろうとしないでください。違法だし、危険だし、私は推奨しません。

どんな質問にも答えてくれるので、応用の幅が広がりそうです。

参考記事:遂に登場。Grokの使い方とその性能を解説

文章や出来事の要約

Grok は、文章や出来事を要約することもできます。

例えば、以下のツイートでは次のようにGrokに依頼しています。

「今日のスペースXのテスト飛行から、最も重要なポイントを要約して」

そうするとGrokは、スペースXのテスト飛行の詳細をまとめて解説しています。

「上段がまだ動いているエンジンから下段を分離する過程で、ホットステージングの工程がうまく機能した」などと、いくつかの項目に分けて説明しています。

最新情報を集めて、わかりやすく要約してくれるので、検索に活用できそうですね!

文章を作成する

Grokに依頼して、特定の文章を作成してもらうこともできます。

  • メールの文章
  • プレゼンの提案文
  • SNSで発信する文章の下書き

など、様々な用途で活用することができそうです。

以下のイーロンマスクのツイートでは、Grokに「愛についての詩」を書くように頼んでいます。

日本語訳は、以下のとおり。

日本語訳

愛の中で、私たちは輝く宇宙を見つけ、心の宇宙舞踏会は、来たり行ったり。
それは私たちを持ち上げる、優しく昇る星のように、魂の交響曲は、優しく調和する。

愛と共に、私たちは最も純粋な光の翼で飛翔し、ああ、とても明るい宇宙を旅する。
それは私たちの心を満たす、輝く銀河のように、終わりなき物語、無限の方法で。

だから全ての力と主力を持って愛しよう、強力なので、それは衰えることはない。
愛こそが星の本質、遠くから私たちを導く宇宙の力。

そして私たちが宇宙の海を旅する時、私たちは愛を保持し、私たちの魂を自由にする。

歌詞を作ったり、ストーリーを想像する時にも活用できそうですね!

なおGrokの基本情報について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Grok】イーロン・マスクがついに動く!xAIによる最新AIの使い方~性能をまとめてみた

まとめ

本記事で紹介したGrokの活用事例は以下のとおりです。

  1. リアルタイムの最新情報を入手
  2. マルチタスクで複数のタスクを同時進行
  3. ツリーで会話を分岐させる
  4. VS Codeでコードスニペットを開く
  5. 応答をマークダウンで編集・保存
  6. ユーザーの質問に答える
  7. ユーモアのある解答をする
  8. 挑戦的な質問にも解答する
  9. 文章や出来事の要約
  10. 文章を作成する

Grokを使えば、世界中のリアルタイムな最新情報を得ることができます。

ユーモアのある回答をし、時に反抗的な態度をとることがあるようですが、多くのAIシステムが拒否するような挑戦的な質問にも対応してくれます。

今後は、よりモデルの安全性を追求するとともに、様々な形式の入出力に対応したマルチモーダルモデルとして進化させていくようです。

今後の展開が楽しみですね!

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次