プロがデザインしたようなロゴが作れるGPTs「Logo Creator GPT」の使い方を解説

プロ デザイン ロゴ 使い方 解説

みなさんは、GPT Storeで公開されている「Logo Creator GPT」というツールをご存知でしょうか?これは、プロがデザインしたようなロゴを簡単に作成できてしまうツールなのです!

このツールは、どのようなロゴを作成してほしいかを指示し、Logo Creator GPTからの4つの質問に答えるだけで作成可能です。

この記事では、Logo Creator GPTの概要や利用方法、実際に使ってみた内容を紹介します。最後まで読んでいただくことで、Logo Creator GPTの使用方法がわかり、プロ級のロゴをたった数分で作成できるようになるでしょう。ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIの開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

GPTs「Logo Creator GPT」とは?

Logo Creator GPTとは、GPT Storeで公開されているGPTsのことです。このツールは、ユーザーのアイデアを反映したプロ級のロゴを作成できます。

Logo Creator GPTは、これから起業する方デザインに関して知識がない方などを対象としています。特に起業する方は、予算が厳しくてロゴ制作を頼めないこともあるでしょう。しかし、Logo Creator GPTを使用することで、企業イメージをデザインしたロゴを簡単に作れます。

具体的な業種やデザイン案を指示することで、要望通りのロゴを作成できます。

参考記事:Logo Creator GPT

なお、最強GPTs10選について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【GPT Store神ランキングトップ10】世界で一番使われている最強GPTs10選

Logo Creator GPTの利用方法

Logo Creator GPTの利用方法をステップごとに紹介します。まず、ChatGPT画面左上の「GPTを探索する」をクリック。

次に、「Logo Creator」と入力します。下に検索結果が表示されるのでLogo Creatorをクリック。

Logo Creatorを選択し、この画面になれば利用可能です!

Logo Creatorは、人気があるGPTsなので、検索せずにランキングから選択する方が簡単です。

2024年2月6日時点で、Logo Creatorはランキング3位に入っています。

Logo Creator GPTの機能

Logo Creator GPTの機能について、わかりやすく紹介します。このツールには、スタイル設定ロゴの複雑さの調整テキストの追加などの機能があります。これらの機能を上手く使うことで、デザインが良いロゴを作成可能です。ぜひ、参考にしてください。

ロゴのスタイル選択

Logo Creator GPTは、ロゴを生成する際、スタイルを設定する必要があります。このスタイル設定は、ロゴの雰囲気が変わるため、とても重要です。

ロゴ作成を指示すると、Logo Creatorから以下のような質問が返ってきます。

作成したいロゴのイメージに合ったスタイルを選択しましょう。今回は、Aのビブラントで設定しました。

ロゴの複雑さを調整

ロゴのスタイルを設定したら、次は複雑さを調整します。複雑さの設定とは、簡単にいうとロゴのシンプル度合いのことです。1から10まで設定可能で、1はシンプル、10になると複雑なロゴが生成されます。

シンプルなロゴを作成したい場合は、1で作成し徐々に複雑さを上げていくといいでしょう。今回は、一番複雑度が低い1で設定しました。

テキスト追加

Logo Creatorは、テキストの追加ができます。この機能を使用することで、企業名をロゴに追加できます。そのため、企業名がロゴに入り、そのまま企業ロゴとして使用可能です。

今回は、「IT企業のロゴを作成してください。ロゴには”Logo big”とテキスト追加してください」と指示しました。作成されたロゴがこちらです。

はっきりとLogo bigと確認はできませんが、なんとなく反映されているように感じます。

なお、最強GPTsの使い方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【ChatGPT「GPTs(GPT Builder)」のおすすめ活用事例一覧】猛者達が開発した最強GPTsの使い方55選

Logo Creator GPTの評価・類似サービス

Logo Creator GPTの評価はこちらです。

日本語対応対応可能
使う職業デザイナーマーケティング広告イベントプランナー
おすすめ度★★★★
今後も使いたいか企業ロゴやスポーツチームのロゴ作成に最適。プロが作成したようなロゴを簡単にできるため、使いやすい。

Logo Creator GPTは、ロゴを作成したい方には最適です。このツールは、クオリティが高いロゴを瞬時に作成できます。しかし、Logo Creatorには、スペルミスが起きるという問題があります。そのため、Logo Creatorでテキストを追加する場合は、スペルミスに注意して使用することが重要です。

類似サービスCanva GPTの評価はこちらです。

日本語対応対応可能
使う職業デザイナーマーケティング広告イベントプランナー
おすすめ度★★★★★
今後も使いたいか指示したデザインをCanvaテンプレートから見つけて提案してくれるため、作業の手間がなくなる。作業効率が上がるため、使用したいツールです。

Canva GPTは、ユーザーのアイデアに合ったテンプレートを自動で探し、提案してくれます。そのため、デザインを探す手間がなくなり、作業効率が向上します。提案された画像は、Canvaにて編集もできるため、オリジナルの画像を作成したい方におすすめです!

なお、GPTsで業務効率化する使い方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【GPT Store業務活用ランキングTOP12】最強GPTsで業務効率化・自動化する使い方事例

Logo Creator GPTを使用してロゴを作成しよう!

Logo Creator GPTを使用することで、プロフェッショナルなロゴを簡単に作成できます。このツールは、ユーザーの要望に合ったロゴを瞬時に作成できるため、起業する方やスポーツチームのロゴを作りたい方に最適です。

Logo Creator GPTは、ロゴを作成する際にスタイルの設定ロゴの複雑さを調整でき、テキストも追加できます。これらの機能を活用することで、クオリティの高いロゴが完成します。

しかし、Logo Creator GPTはアルファベットでのテキスト入力が可能ですが、正確ではありません。そのため、テキストを追加する場合は、間違っていないか確認する必要があります。

Logo Creator GPTは、ユーザーの要望に合わせたロゴを作成可能なので、ぜひ試してみてください!

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次