生成AIのセキュリティリスクとは?具体的な問題や対策、過去に起きた事例を解説

生成AI セキュリティリスク 問題 対策 事例

みなさんは、生成AIに伴うセキュリティリスクを理解していますか?

生成AIにはセキュリティリスクが存在し、機密情報の漏洩やプロンプトインジェクションハルシネーション、ディープフェイクなどがあります。これらのリスクを無視してAIを使用すると、企業は信頼を失う危険があり、さらには法的問題に巻き込まれることもあります。

実際に、社内の機密情報がAIを通じて外部に漏洩した事例も起きているのです。

この記事では、生成AIに伴うセキュリティリスクやセキュリティ対策、実際に起きている情報漏洩の事例について詳しく紹介しています。最後まで読んでいただくことで、セキュリティリスクやその対策方法がわかり安全に生成AIを使用することができます。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AI活用に伴うセキュリティリスクとは

生成AI活用に伴うセキュリティリスクは5つあり、機密情報の漏洩ディープフェイクなりすましメールなどが存在します。これらに対策して生成AIを活用することが重要です。

機密情報の流出

生成AIを使用する際のセキュリティリスクの一つが「機密情報」の流出です。

生成AIは、大量のデータを基に学習しているため、その中には機密情報を含んでいる可能性があります。例えば、企業が内部で利用する生成AIに誤って社内の機密データを入力すると、その情報が生成されるコンテンツに反映され外部に漏洩する危険性があるのです。

特に、インターネット上の公開データを学習するオープンソースの生成AIモデルを使用する場合、その中に含まれている機密情報を外部に漏らしてしまいます。このような情報漏洩は、企業に法的なリスクや著作権、商標権の侵害などの問題を引き起こす可能性があります。

プロンプトインジェクション

生成AIの使用に伴うセキュリティリスクの一つが「プロンプトインジェクション」です。このリスクは、特定の入力(プロンプト)を通じて、AIに意図しない行動や回答をさせることです。

具体的には、AIに対して誤解を招くような質問や指示を行うことで、AIが不正確な情報を出力するリスクが生じます。このような行為は、AIの誤用と見なされ、結果としてAIの信頼性損失や企業の評判損傷につながる可能性があります。

このリスクは特に、公開されているAIシステムや広く利用されているAIサービスにおいて顕著です。悪意のあるユーザーは、AIを操作して不適切な内容を生成させることが可能で、これが企業にとって重大なセキュリティ問題となり得ます。

ハルシネーション

生成AIを使用する際のセキュリティリスクの一つに、「ハルシネーション」という現象があります。この問題は、生成AIが事実と異なる情報や存在しないデータを生成してしまうことです。

例えば、AIが実在しないイベントや人物についての情報を生成してしまうことがあります。この現象は、特に高度なAIモデルにおいて顕著です。

ハルシネーションは厳密に言うとセキュリティのリスクとは異なりますが、生成した内容の信憑性に影響を及ぼし、結果的にセキュリティ問題へつながる可能性があります。

誤った情報が真実として扱われ、ビジネスや重要な意思決定に影響を与えることが懸念されるため、AIの出力を鵜呑みにせず十分な検証を行うことが重要です。

ディープフェイク

生成AIの使用に伴うセキュリティリスクの一つに「ディープフェイク」があります。ディープフェイクは、AIを使って作られた非常にリアルな偽のビデオや画像のことです。

この技術は、人の顔や声を他人のものに置き換えることが可能で、偽の映像や音声を作り出すことができます。

例えば、政治的な偽情報の拡散や個人への詐欺、名誉毀損、恐喝などさまざまな問題が起こり得ます。実際に、ウクライナのゼレンスキー大統領が国民に投降するよう呼びかける偽動画が、ディープフェイク技術を使用し作成されました。

ディープフェイクは、生成AI技術の進歩に伴い、さらに進化しています。そのため、この技術の誤用による社会的な影響に注意が必要です。

なりすましメールなどへの悪用

生成AIの使用に伴うセキュリティリスクの一つに、なりすましメールの悪用があります。

AI技術の進化により、詐欺師は人工知能を使用して、より自然で説得力のあるフィッシングメールを作成できるようになりました。これらのメールは、本物に見えるため、受信者を騙すことが容易になります。

日本の多くの企業は、このようななりすましメールに対する対策を十分に行っていないとされています。政府機関は、特にクレジットカード関連の企業に対してフィッシング詐欺に対する対策を強化するよう要請していますが、問題はそれに留まらずビジネスメール詐欺も増えている状況です。

生成AIを使用する際には、セキュリティリスクに対する意識と対策が不可欠です。

なお、ChatGPTを企業利用するリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTを企業利用するリスクと対策5選|実際の企業事例と共に解説

生成AIで情報漏洩した事例

生成AIで情報漏洩した事例として、サムスン電子の事例が挙げられます。同社は、従業員がChatGPTなどのAIチャットボットを使用することを禁止しました。

この事件は、あるエンジニアが社内の機密ソースコードをChatGPTにアップロードし、誤って外部に流出した事故を受けた措置です。

サムスンは、AIチャットボットに共有されたデータがOpenAIやマイクロソフト、GoogleなどAIサービス運営企業のサーバーに保存され、アクセスや削除が困難になることを懸念しました。また、共有された機密データが他のユーザーに提供される可能性も心配されています。

生成AI活用におけるセキュリティ対策

生成AIを活用する際には、セキュリティ対策が重要です。生成AIのセキュリティ対策として、従業員へのAI教育の実施や機密情報などの情報を生成AIでは使用しないことなどが挙げられます。ぜひ、以下を参考にセキュリティ対策を行ってください。

従業員に対して正しいAI教育の実施

生成AIの活用における重要なセキュリティ対策は、「従業員に対する適切なAI教育の実施」です。

生成AIには、情報漏洩権利侵害誤情報の拡散などのリスクが伴います。従業員がこれらのリスクを理解し、適切に対処できるようにするためには、AIの正しい使い方やリスク管理に関する教育が必要です。

企業は、従業員に対してAIが出力する情報の精度を評価し、問題のある内容を識別する能力を高める研修を行いましょう。また、利用ガイドラインの策定リスク管理の方針を設定することも重要です。

このように適切なAI教育を行うことで、従業員は生成AIを安全かつ効果的に利用できるようになり、企業のセキュリティ体制を強化することが可能です。

生成AIで機密性が高い情報を扱わない

生成AIを活用する際の重要なセキュリティ対策は、「機密性が高い情報を扱わない」ことです。

生成AIは、入力されたデータを基に学習し、新たな内容を生成します。この過程で、機密性の高い情報を外部に漏らしてしまうリスクがあるのです。

たとえば、企業の内部情報や顧客データなどを生成AIに入力するとその情報が学習データとして使用され、他のユーザーに公開される可能性があります。

このリスクを避けるためには、機密情報を含むデータは生成AIへの入力を避け、一般的な情報のみを使用することを推奨します。また、生成AIのサービス事業者が提供するログの保存機能などを活用し、不正利用や情報漏洩のリスク管理をすることも重要です。

オプトアウトの活用

生成AIを活用する際のセキュリティ対策は、「オプトアウトを活用する」ことです。

オプトアウトとは、ユーザーが入力したデータをAIの学習から除外することを意味し、個人情報や機密情報の漏洩リスクを減少させるのに有効です。オプトアウトにより、個人情報の保護が可能となりますが、一方でAIがユーザー固有のニーズに応じた回答を提供する能力が低下することもあります。

オプトアウト機能の利用には、申請方法や設定方法を正確に理解し、適切に実施する必要があります。この機能を適切に活用することで、セキュリティを確保しつつ生成AIのメリットを十分に活かすことが可能です。

ガバナンス体制の構築

生成AIを活用する際のセキュリティ対策として、「ガバナンス体制の構築」があります。

この方法では、AI技術の使用や開発に関するルールや方針を定めることが求められます。ガバナンス体制は、生成AIの活用に伴うさまざまなリスクを管理し運用を保証するために不可欠です。

具体的には、最初に「AI原則」に基づいてゴールを定めた後、ガイドラインや国際基準に沿ってルールの大枠を策定します。最終的には、企業ごとの業務形態や特有のニーズに合わせたルールを設定し、生成AIの導入効果を最大化しつつリスクを最小限に抑えます。この体制構築により、生成AIの進化に伴うリスクを回避し、安全かつ倫理的な利用が可能です。

生成AIガイドラインの社内周知

生成AIを活用するためには、「ガイドラインの社内周知」が不可欠です。

これらのガイドラインには、倫理的および社会的受容性やシステムの正確性を判断するための基本方針が含まれています。そのため、誤情報や機密情報の扱いに関するリスクを低減すると同時に、AI利用の倫理的側面も考慮されます。

社員がこれらのガイドラインに基づいて行動し、ガバナンス体制によるチェックを行うことが重要です。さらに、ガイドラインは定期的に更新し、政府の方針や国際的な基準に適合させることが求められます。こうした対策は、企業の評判を守るだけでなく、法的なリスクを防ぐためにも必要です。

なお、生成AIの企業利用・開発のリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

生成AIに伴うセキュリティリスクを理解して活用しよう!

生成AIに伴うセキュリティリスクは、以下の5つが挙げられます。

  1. 機密情報の流出
  2. プロンプトインジェクション
  3. ハルシネーション
  4. ディープフェイク
  5. なりすましメールへの悪用

この中でも、機密情報の流出ハルシネーションは、企業の信頼をなくしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

生成AIを安全に活用するための対策は、

  • 従業員に対する正しいAI教育の実施
  • 機密性の高い情報を扱わない
  • オプトアウトの活用
  • ガバナンス体制の構築
  • 生成AIガイドラインの社内周知

上記の対策方法が考えられます。

生成AIを活用する際は、必ずセキュリティ対策を行い、AIを安全に使用しましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次