【Synthesia】自動で動画生成できる神AIツールで動画編集が秒で終わる

Synthesia AIツール

皆さんはSynthesia」というAI搭載動画作成プラットフォームをご存じですか?

このツールを使えばなんと、テキストを入力するだけで、自動的にアバターがその内容を話す動画を生成できちゃうんです。

今回は、Synthesiaの概要、料金体系、使い方、実際に使ってみての感想をお届けします。

AmazonやAccentureなどの世界の名だたる大企業が導入し、様々なことに活用されているSynthesia。

本当に色々なことに活用出来そうなツールですので、是非最後までご覧ください!

目次

Synthesiaの概要

Synthesiaとはどのようなツールで、どんなことに活用できるのでしょうか?

Synthesiaは、テキストを入力するだけで、自動的にアバターがその内容を話す動画を生成するAI搭載動画作成プラットフォームです。

そんなSynthesiaの主な特徴は以下の4つです。

  1. 自動ビデオ生成: テキストから自動的にビデオを生成するためのAI技術によって、テキストを入力するだけでプラットフォームがビデオを作成し、アニメーションや音声を組み合わせてリアルな動画を生成してくれます。
  2. カスタマイズ性: 動画の多くの要素をカスタマイズすることができ、テキスト、動画の長さ、背景、キャラクター、音楽、音声などを個別に調整して、動画を個別に調整することができます。
  3. 多言語対応: 日本語や英語など、120以上の言語に対応しており、テキストを異なる言語に翻訳して動画を生成できます。
  4. 高品質なアニメーション: 高品質のアニメーションが提供されており、キャラクターの動きや表情、オブジェクトのアニメーションなどをリアルに再現できます。また、自分の顔を3分間映した動画をアップロードすれば、自分のアバターを作る事もできます。

このような特徴がある事から、以下のような活用方法があります。

  • マーケティングビデオの作成: 製品やサービスのプロモーションビデオ作成に活用することができ、Synthesiaを活用する事で業務を大幅に効率化することが可能で、なおかつ質の高い動画を作成できます。
  • オンライン教育コンテンツ: オンライン教育プラットフォームやeラーニングコース向けの教材動画の作成に活用できます。また、多言語に対応しているので、世界中の方々に向けた教材動画を作成できます。
  • コーポレートコミュニケーション: 会社の内外へのコミュニケーションにSynthesiaを活用することができ、社内向けに新しい方針やアップデートを説明する動画、外部向けにプレゼンテーションや会社紹介動画を作成できます。実際に、日本の企業でもSynthesiaを使用して決算会見を行っている会社があります。

参考記事:https://hennge.com/jp/info/henka/interview/20220614_synthesia.html

多くの言語に対応しているので、海外に何か発信しようと考えている方には特におすすめです。

また、他のAI動画生成プラットフォームと比較して、AI技術やカスタマイズ性が格段に優れており、なおかつ簡単に操作ができるインターフェースになっているので、初心者の方の動画作成のハードルを大幅に下げることができます。

それでは、実際にSynthesiaを試してみましょう!

なお、Synthesiaには無料プランがないので、今回は公式サイトで提供されている動画生成の無料体験を試します。

Synthesiaの料金体系

Synthesiaでは、以下の2つの料金体系が用意されています。

エンタープライズプランは、企業向けのプランで、契約により料金や利用可能な人数が変わるようです。

また、公式サイトにアクセスすると、アバター動画作成の無料体験ができます。

パーソナルエンタープライズ
価格月額$22.50料金は相談
主な機能・90以上のアバター
・120以上の言語と音声
・10 分の動画/月・動画1つにつき10シーンまで
・利用人数:1人
左記(パーソナル)に加えて
・140以上のアバター
・動画の時間無制限
・動画1つにつき50シーンまで
・利用人数:複数人(相談)

Synthesiaの使い方

まずは、公式サイトにアクセスします。

あわせて読みたい
Best AI Video Generator in 2024 - Synthesia Create professional videos without mics, cameras, or actors with AI Video Generator, AI avatars and voiceovers — in over 120 languages.

次に、Create Accountをクリックします。

そして、以下のような画面になったら、Create account nowをクリックしてください。

Googleアカウントかメールアドレスのいずれかの方法でSign upしてください。

Sign upが完了すると以下の画面になるので、いずれかのプランを選択して、プランを確定してください。

本当はこのまま有料版を使ってみたかったのですが、少し料金がお高いので諦め…

今回は、前述のとおり、公式サイトで提供されているアバター動画作成の無料体験を実際に使ってみました!

Synthesiaを実際に使ってみた

まず、公式サイトにアクセスします。

あわせて読みたい
Best AI Video Generator in 2024 - Synthesia Create professional videos without mics, cameras, or actors with AI Video Generator, AI avatars and voiceovers — in over 120 languages.

次に、Create a free AI videoをクリックします。

以下のような画面が表示されるので、上から、

1,テンプレートの選択→2,動画スクリプトの入力を行い、最後にContinueをクリックしてください。

自分の情報を入力して、Generate Free Videoをクリックします。

すると、数分後…

登録したメールアドレスに生成された動画が送られてきました!

実際に作成された動画はこちらから確認してみてください。

ちなみに…

日本語でも出力してみました!

結果はこちらです。

英語の方はかなりナチュラルな発音で、本当に人間が喋っているかのようでしたが、日本語は機械的な声で、あまり自然でない印象を受けました。

なので、英語でプレゼン動画やプロモーションビデオを作りたい方は、作業が大幅に効率化され、クオリティもかなり高いものが作成できるので、かなりおすすめです!

今後のアップデートにより、日本語もさらにナチュラルになることを期待しましょう!

Synthesiaの評価

日本語対応対応
使う職業営業職・マーケッター・教職員・カスタマーサポート
オススメ度★★★
今後も使いたいかSynthesiaは、テキストを入力するだけで、自動的にアバターがその内容を話す動画を生成するAI搭載動画作成プラットフォームです。視覚的にメッセージを伝える必要がある様々な業務や役割に、有効活用できるので、今後プレゼンする際などに使いたいと思います。
サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

まとめ

Synthesiaは、テキストを入力するだけで、自動的にアバターがその内容を話す動画を生成するAI搭載動画作成プラットフォームです。

このツールは、動画作成を効率化し、世界中で多くの企業が活用しています。また、AI技術やカスタマイズ性に優れ、操作も簡単なので、競合との差別化も図られています。

料金体系としては、パーソナルプランとエンタープライズプランの2種類があり、パーソナルプランは個人向けで、エンタープライズプランが企業向けのプランです。

また、Synthesiaの基本的な機能を無料で体験できるサービスも提供されています。

無料体験で使ってみた感想としては、英語の音声は非常に自然でしたが、日本語の音声はまだ機械的な音声で、改善の余地があると感じました。なので、英語の動画作成がしたい方には最適なツールだと思います。

今後は日本市場でも売り込んでいくそうなので、もし気になった方は是非チェックしてみてください!

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次