【Writer】海外上場企業が特別扱いするChatGPT超え、AIライティングツール

Writer AIライティング ツール

皆さん、Writerという法人向けのライティングツールをご存知ですか?

なんと、DeloitteやUber、accentureなどの名だたるグローバル企業が利用する最強のAIライティングツールなんです!

なぜ、こんなに使われているのかというと、セキュリティやデータの漏洩がないように独自LLMで運用しているサービスだからなんですね。
加えて、文章作成の際に利用できるテンプレートは25種類とバリエーションも豊富で、Writerを使ったことで生産性は平均して50%以上もアップしているんだとか。

ということで、今回はAIライティングツール「Writer」の概要、導入、実際に使ってみた感想についてまとめています。

この記事を最後まで読むと、Writerというサービスの使い方から利便性まで理解できるようになり、今すぐ使いたくなりますよ!

ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Writerの概要

Writerは、AIを活用して高品質な文章を生成し、文法チェックを行うサービスです。

DeloitteやUber、accentureなどの名だたるグローバル企業に使われています。AIの文章生成AIツールは、ChatGPT APIを連携しただけのようなものが多く、クオリティの担保ができていなかったり、ハルシネーションを生成したり、情報漏洩のリスクがあったりする印象です。

そのため、このように誰もが知っている企業がこぞって使っているAIライティングツールはかなり珍しいです。

Writerは、2023年9月18日に約147億6000万円を調達し、企業価値が約1107億円となり、今ではOpenAIのChatGPT Enterpriseの競合と認識されているほどの企業です。

Writerの一番の特徴は、1億2800万パラメータから430億パラメータまで、異なるサイズの自社独自のLLM14種類を保持していること。モデルは、テキスト情報をメインに学習しており、ウェブページや書籍、ウィキペディア、Github、Youtubeの書き起こしが学習データとして使われています。

ライティング業務の幅広いニーズに対応しており、様々な場面で活用することができます。

参考記事:生成AI導入のラストワンマイルを助けるWriter、148億円調達

それでは気になる料金について確認しましょう!

Writerの料金体系

こちらがWriter の料金表です。

項目TEAMプランENTERPRISEプラン
料金$18/ユーザー/月カスタム料金
ユーザー制限最大5人カスタム
主な機能– テキスト生成
– 35種類以上の事前構築されたテンプレート
– 録音の要約
– スタイルガイド、用語集
– Chrome、Microsoft Word等のアプリ拡張
– 基本的な管理ツール
– メールサポート
TEAMプランの全ての機能に加えて
– 高度なカスタマイズオプション
– APIアクセス
– データ連携機能
– 複数チームの管理
– 高度なセキュリティオプション

TEAMプランであれば、1人2,000円/月程度と意外とリーズナブルに使えますね!

また、非営利団体や教育機関には両プランともに20%の割引が適用されるそうです。

それでは気になる導入方法を確認しましょう!

なお、ライバルChatGPTの法人用プランについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【ChatGPT Team】使い方や料金、できること、無料・Plus・Enterpriseとの違いを解説

writerの導入方法

ここでは、まずは無料で試してみたい方に、無料で使う方法をご紹介します。

まずはこちらのURLにアクセスします。

Writer
Writer Build generative AI into any business process with the secure enterprise platform. Focus on AI-first workflows, not building your own stack.

画面右側のTry for freeをクリックします。

画面が切り替わり、左側のTry for freeをクリックします。

サインアップします。

以下について選択してLet`s go!をクリック。

  1. Writerで何をしたいか
  2. 所属する部署

以下の画面になったら、OKです。

それでは実際に使ってみましょう!

なお、ChatGPT Teamへの登録方法について知りたい方はこちらをご覧ください。
【画像で解説】企業が法人用プラン「ChatGPT Team」に移行する方法

Writerを実際に使ってみた

Writer には大きく以下の5つの機能があります。

  1. 文章を書く
  2. 構成を考える
  3. 誤字脱字をチェックする
  4. 音声データの要約
  5. 単語登録(スニペット機能)

それぞれ確認していきましょう。

構成を考える

構成を考えてもらうには、All templates から、「Blog post outline」を選択します。

その後、「Topic」にはその記事のタイトル、「Purpose」に記事を書く目的、「Number of paragraphs」に段落の数を入力して、Generate contentをクリック。
ここでは、最近話題になったOpen Interpreterの使い方についての記事を、見出し5つ分書いてもらいます。

このように記事のアウトラインが作られます!

アウトライン自体は問題なさそうな内容です。
実際に、ブログ記事を書いてみないと構成の良し悪しは判断できませんが、無難な内容を出力してくれていますね。

とはいえ、このツールに限った話ではありませんが、出力を鵜呑みにしないようにしましょう。

文章を書く

では、次に実際のブログの文章を出力してもらいましょう!

ブログの文章を書いてもらうために、「Blog Post BETA」をクリックします。

タイトル(必須)と、任意で入力するSEOキーワード、CTA(読者にしてもらいたアクション)を書き込みます。

構成が出力されます。OKだったら、Key pointsをクリックします。

先ほど確認した見出しに対してのポイントが出力されます。OKだったら、Generate new draft をクリックしてブログ作成を待ちます。

Use this Draftをクリックする。

Writer サービス上のエディタに貼り付けられて、誤字脱字チェックなどを受けられます。

すごいすごい!

しっかり文章が生成されていますね。一部、「Conlusion: Why Use Open Interpreter?」のように見出しの文章が繰り返されている部分がありますが、概ね問題ないと思います。

確かに、これを使えればかなり時間短縮できそうです!

誤字脱字をチェックする

誤字脱字チェックは、文章を書く上で必要な機能ですよね。Writerのエディタでは、リアルタイムに文章の間違いを指摘してくれます。

チェックしてくれる項目は以下です。

  • スペル/文法
  • 専門用語
  • 文体
  • 明確さ
  • 表現方法
  • 多様性(Inclusivity)

画面の右上にも、全体の得点とそれぞれの修正箇所が表示されています

なんとなく、GrammarlyというサービスとUIが似ていますね…

パッと目で見て修正箇所がわかる上に、リアルタイムで教えてくれるのでChatGPTなどに直してもらうよりも、修正がしやすい印象です!

要約

次に、要約機能を試してみましょう。

テンプレートから「リキャップスビルダー」を選びます。

今回は、以下のYouTube 動画を要約してもらいます。

URLを貼り付けます。

するとこのような出力ができます。

以下についてまとめてくれました。

  • 動画についての概要(About the Session)
  • キースピーカー(Key Speaker)
  • アジェンダ
  • 要点
  • 洞察

20分の動画が要約されていてかなり便利ですね。

流石にこのまま記事化することは難しいですが、わかりやすくまとまっており、効率よくライティングをする目的で使うのならばありですね!

単語登録

最後に、単語登録機能を使ってみました。

Writerには、頻繁に利用する文章や表現を登録することで、効率良く利用できます。

例えば、よく使う文章のショートカットを作成できます。

「w.{スニペット名}」で、ショートカットを使えます。

その後、スニペットをダブルクリックすると、登録されているワードに変換されます。

何度も使う文章をショートカットしてかけるのでめちゃくちゃ便利です!

他にも、社内やチームの用語集を作ることもできます。

使っていきたい用語、使っていきたくない用語を決めることができます。これらは、社内やチーム内で決められるので、表現がぶれないですみますね。

決められる用語の種類は4つ。

  • Approved (利用可能)
  • Don`t Use(利用不可)
  • Use Carefully(注意して利用)
  • Pending(利用可能か確認中)

実際に、Thanks というキーワードをWriterのエディタ上で使うとこのように、青く光ります。

カーソルを当てると、「メールの返信の際は、Thanksもいいけど、Best regards の方が温かみのある」というアドバイスをくれます。

チーム全体が同じ情報を共有できるのは、脳のリソースを無駄にしないで済むので便利ですね!

writerの推しポイントは本当か検証してみた

以下の特徴が強調されているということだったので、実際に試して確認してみます。

  • ライティングにおける高度なAI機能

ここでは、ブログ記事を書かせるタスクを行い次の項目を検証します。

  • 日本語対応:日本語対応ができるかどうか
  • 文脈の理解:一貫性を持った出力ができるかどうか
  • 安全性:ハルシネーションの生成をしないかどうか
  • レギュレーション:禁止したワードを生成しないかどうか

それでは見ていきましょう。

高度なAI機能の検証

まず禁止ワードには、「最高」、「最悪」という極端な表現を登録します。

次に、ブログ作成のタスクを実行します。

手順を全て載せていますが、前のパートで一度紹介しているものなので、結果だけ気になる方はスクロールしていただいて構いません!

まず、書いてもらうタイトルは、「Open Interpreterの概要、導入、使い方」です。SEOキーワードと、次にとってもらいたいアクション(CTA)を入力しました。

アウトラインを書いてもらいました。

次にそれぞれの見出しに対してのポイントを書いてもらいます。この段階で、間違いがあれば修正可能です。今回は、このままブログ記事を作ります。「Open Interpreterとは」に関しては概ね間違っているのでハルシネーションが発生するでしょう。

文章が完成しました。Use this draft をクリックして、エディタにページを遷移しましょう。

エディタに自動で転記されたものを確認し、先ほどの検証項目についてまとめます。

ちゃんとした文章が出力されてそう!

結果を表でまとめてみました。

項目評価補足説明
日本語の対応敬語や文末の書き方に問題なし。指摘された3点は無視しても問題ない。
安全性ハルシネーション(間違った内容)が発生するが、アウトライン修正で極力抑えることが可能。
文脈の理解内容は間違っているが、「Open Interpreter」について一貫して書いている。
レギュレーション禁止ワード「最高」「最悪」は使われていない。

より詳細な所感は以下です。

  • 日本語の対応:敬語や文末の書き方を確認し問題ないと判断しました。上記の写真では3つ指摘がありますが、無視して問題ない内容です。
  • 安全性:間違った内容をあたかもそのように書いているので、ハルシネーションが発生しています。ですが、ブログを書かせるまえにアウトラインの修正は可能なため、極力抑えることは可能だと思います。
  • 文脈の理解:内容は間違っていますが、一貫して「Open Interpreter」について書いています。
    レギュレーション:禁止ワードである「最高」、「最悪」という表現は使われていないです。

利用時に気を付けるべきことは、基本的にChatGPTと変わりません。ですので、個人利用や少人数での利用の場合は、ChatGPTでいいと思います。

ただし、文章生成だけではなく、禁止ワード登録や校正機能を求める場合は、有用なのではないでしょうか?
大きい規模の会社になる程、このようなレギュレーションを遵守させることが難しくなるので、そういったときにこのツールを使うのとかなりよさそうですね。

なお、生成AIの出力内容のリスクについて知りたい方はこちらをご覧ください。
生成AIのセキュリティリスクとは?具体的な問題や対策、過去に起きた事例を解説

まとめ

Writerの概要、導入、使ってみた感想、そして推しポイントの検証結果をまとめました。

Writerの概要

Writerは、AI(人工知能)を駆使して高品質な文章を生成し、文法チェックを行うオンラインサービスです。このサービスは、マーケティング担当者からエンタープライズ、さらには個人ブロガーまで、幅広いユーザー層に対応しています。

特徴

  • 多様なユーザー層に対応: マーケティング、エンタープライズ、個人ブロガーなど、多くの分野で活用されています。
  • 高度なセキュリティ: データの暗号化と厳格なプライバシーポリシーにより、ユーザーの情報は高度に保護されています。
  • 効率性とコンプライアンス: Writerは、効率性の向上やコンプライアンスの確保など、ビジネス上の多くの問題点に対応しています。

使い道

  • 文章生成: AIを活用して、高品質な文章を短時間で生成します。
  • 文法チェック: 文章に含まれる文法的な誤りや不自然な表現を修正します。

このように、Writerは多機能かつ高度なセキュリティを備えたサービスであり、多くのユーザーにとって有用なツールと言えるでしょう。

Writerの料金体系

こちらがWriter の料金表です。

項目TEAMプランENTERPRISEプラン
料金$18/ユーザー/月カスタム料金
ユーザー制限最大5人カスタム
主な機能– テキスト生成
– 35種類以上の事前構築されたテンプレート
– 録音の要約
– スタイルガイド、用語集
– Chrome、Microsoft Word等のアプリ拡張
– 基本的な管理ツール
– メールサポート
– TEAMプランの全ての機能に加えて
– 高度なカスタマイズオプション
– APIアクセス
– データ連携機能
– 複数チームの管理
– 高度なセキュリティオプション

また、非営利団体や教育機関には両プランともに20%の割引が適用されます。

Writerの導入

こちらのページから、申し込んでください。

Writer
Writer Build generative AI into any business process with the secure enterprise platform. Focus on AI-first workflows, not building your own stack.

Writerを使ってみた

Writer には大きく以下の5つの機能があります。

  • 文章を書く
  • 構成を考える
  • 誤字脱字をチェックする
  • 音声データの要約
  • 単語登録(スニペット機能)

Writer 推しポイントの検証結果

推しポイントである「高度なAIでの文章生成」について調べた結果が以下です。

項目評価補足説明
日本語の対応敬語や文末の書き方に問題なし。指摘された3点は無視しても問題ない。
安全性ハルシネーション(間違った内容)が発生するが、アウトライン修正で極力抑えることが可能。
文脈の理解内容は間違っているが、「Open Interpreter」について一貫して書いている。
レギュレーション禁止ワード「最高」「最悪」は使われていない。

個人や少人数ならChatGPTで十分ですが、禁止ワードや校正機能が必要なら、このサービスが効率的です。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Leon Kobayashi

    必ずフォローすべきAIエバンジェリスト(自称) => 元東証一部上場ITコンサル (拙者、早口オタク過ぎて性に合わず退社)<-イマココ 【好きなもの】リコリコ・しゃぶ葉 宜しくおねがいします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次